Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2018-03-04 (Sun)

「津軽・青森ロマンチック殺人街道」 (1989年)

●「津軽・青森ロマンチック殺人街道・
愛の終着駅へ向かう妻ふたり」  1989年3月4日
脚本: 小森名津
音楽: 橋場清
監督: 小沼勝
制作: 宝映企画
出演: 島田陽子、伊藤孝雄、赤座美代子、山田吾一、
浅利加津代、日高澄子、伊奈かっぺい、白鳥靖子ほか



会社員の小坂京子(島田陽子)は、中年の売れない詩人・藤森勇二(伊藤孝雄)と
同棲を始めて三年が経過し、待望の赤ん坊を身ごもっていた。
藤森は過去を一切語ろうとせず、京子もそのことに不足は感じていなかった。
ただ、京子が妊娠したことで父親としての自覚が出てきたのか
藤森は就職活動を始めたのだが、病気をわずらっていて無理をしているのではないかということだけが気がかりだ。



京子は自己流で絵を描いており、藤森と二人でスケッチをしに行った帰り
偶然寄った花屋である女を見た藤森は態度がおかしくなり
また引っ越ししなければならないと言い出した。



津軽・青森ロマンチック殺人街道





実は藤森は青森に代々続く造り酒屋の社長であったが、その地位は藤森には合わなく
妻のアツコ(赤座美代子)を残したまま五年前に蒸発していたのだ。
藤森酒造には古くから仕えている斉田(山田吾一)がいて
藤森が京子と暮らしていることを知った斉田がアツコに居場所を教えていた。


花屋で会った女こそ藤森の妻・アツコであり、藤森はそれを見て引っ越ししたのだが
そこも斉田がおさえて、藤森は斉田と二人きりで会うことになった。


そんな事情は知らない京子は、その夜遅く帰宅した藤森の袖口に血痕がついていたのを見た。
翌日、中央公園でナイフで首筋を切られて死んでいる斉田が発見された。

藤森は体調が悪いながらも面接へ出かけていた。
彼の不在中京子は刑事(鶴田忍)の訪問を受けた。
刑事の話では昨夜藤森と斉田は二人で会っていたのだという。


京子は帰ってきた藤森に刑事が来たことを伝え、藤森は明日警察へ行くといった。
ところが警察へ行ったはずの藤森がまだ来ないと連絡があり
その日はとうとう夜になっても藤森は帰宅しないまま翌朝を迎えた。

津軽・青森ロマンチック殺人街道




そんな京子のもとへ届いたのは藤森が車にはねられて死亡したという
刑事からの連絡だった。


藤森は突然車の前に飛び出し、車は避ける間もなかったのだという。
京子ははじめて藤森ががんに侵され数か月の命であり
京子を受取人として保険を掛けていたことを知った。


刑事は藤森ががんであること、斉田殺害の容疑がかかっていることを知り
自殺したのではないかというが、子供の誕生を楽しみにしていた藤森が
自殺をするはずがないと京子は否定した。


この時京子は初めて、藤森が青森県黒磯市の藤森酒造の社長で
殺された斉田がそこの専務であり、藤森に妻がいることを知った。
藤森は傷害保険に入っていて事故で死んだ場合二千万円が入ってくる。


内縁の妻ではあったが京子は当然藤森の遺体を引き取るつもりでいたが
青森から藤森酒造で働いている斉田の妹・ヨシコ(浅利香津代)がやってきて
強引に藤森の遺体を連れて帰ってしまった。


(現在元記事の一部のみ公開しています)




応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント