FC2ブログ
2018/03/11
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

ボストン美術館「パリジェンヌ展」時代を映す女性たち@世田谷美術館

category - 美術・展覧会レポート
2018/ 03/ 11
                 
用賀にある世田谷美術館へパリジェンヌ展を見に行ってきました。
会期は1月13日~4月1日までで、スケジュール的に行けそうにないと
見送っていたのですが、急きょ3月4日(日)の午後に行くことになりました。



ボストン美術館「パリジェンヌ展」時代を映す女性たち




ここは用賀駅からも20分近く歩くとあり到着したのは15時半頃。
作品数は120点程ですが、1,2階に渡って展示されていて
混雑もなかったことからストレスフリーで鑑賞が出来ました。




”パリジェンヌ”という言葉の持つ響きに憧れを感じる方は多いかと思います。
私もそのひとりで決して多くはないワードローブや質素に見える色使いでも
絶妙な色の組み合わせや、小物のあしらい方ひとつで
着る人の個性をひきだす粋で魅力的なファッション力は以前から注目してました。




今回はそんな18世紀から20世紀までの、ファッションやヘアスタイル、
女性たちの生き方の変化などがわかります。



なかでも女性たちのユニークな髪形には度肝を抜かれました。
頭のてっぺん、高く結い上げた髪の上にオブジェを乗せたりして
まるで黒柳徹子の世界。


頭を少しでも揺らしたらバランスが崩れて倒れてしまいそう。
見てるだけなら面白くて楽しめるのですがね。



また籐などでドレスのスカート部分を膨らませたエレガントなドレスは
優雅さと華やかさがあり憧れます。(実用的ではないですが)


そんな長いドレスからのぞくわずかに見える足元にも
こだわるセンスの高さ。


これらのドレスやそのスタイルを描いた色彩がきれいなイラストは
見ているだけで楽しめます。



また良き妻良き母を強いられていた女性たちが
その道を外れたときの風刺画や、絵画など
当時の女性を取り巻く環境がどのようなものだったかを
うかがい知ることが出来ます。




チャールズ・E・インチズ夫人(ルイーズ・ポメロイ) サージェント


≪チャールズ・E・インチズ夫人(ルイーズ・ポメロイ)≫  
ジョン・シンガー・サージェント  1887年頃


アメリカのボストン社交界の美しい女性が
パリジェンヌ風に描かれたサージェントの絵。

アクセサリーも抑え気味で、ドレスの色も上品で、
この女性の気品の高さが表現されています。





展覧会の見どころのひとつとして約70年ぶりに修復作業を終えた
エドゥアール・マネの『街の歌い手』があります。



エドゥアール・マネ 街の歌い手

≪街の歌い手≫  エドゥアール・マネ  1862年頃


マネの以外で目立ったところは、ルノワール、ドガ、カサットでした。




またジュール・シェレ、ロートレック、黒猫のキャバレーのポスターでおなじみの
スタンランのオシャレでムードがある作品も展示されていました。



今回の撮影コーナーは5つのパーツからなるドレス。



ボストン美術館「パリジェンヌ展」時代を映す女性たち


こちらは当時はやった紫の色が艶やかなウォルト社のドレス。






駅から遠いのが時間がないときには難点な世田谷美術館ですが、
駅を出ると美術館まで小刻みに案内の看板が出ているので
道に迷うことがなく着くことが出来ます。


それに道も覚えやすいので一度くれば駅から美術館までの距離も
案外短く感じられるものです。

ボストン美術館「パリジェンヌ展」時代を映す女性たち



砧公園につくと木々でおおわれていてすぐには美術館がわかりにくいですが、
ここも案内が出ているのでわかりやすいかと思います。



まぁ良い散歩コースと思えば、いい運動をしながら美術も楽しめますし、
駅周辺には外観の素敵なお宅も多く目の保養にもなりますね。








関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント