Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2018-04-09 (Mon)

「夢を見たくて」 (1988年) 山田太一×深町幸男

ラテ欄には「土曜ワイド劇場」の記載がなく
「開局30周年特別企画」とだけ書かれていますが、
当時の他の資料では「土曜ワイド劇場スペシャル」と記載ありました。




開局30周年特別企画
●「夢を見たくて・やたらにピストルがあったりして!!
山田太一、深町幸男がつづる春の都会の夢と憧れの物語」  
1988年4月9日
脚本: 山田太一
音楽: 毛利蔵人
演出: 深町幸男
制作: 総合プロデュース
出演: 大竹しのぶ、柴田恭兵、早見優、平田満、
佐藤慶、名古屋章、二階堂千寿、谷村昌彦ほか



秋田県の村役場に勤める田村瑞枝(大竹しのぶ)は、
女優になりたいと家を飛び出し東京に出てきた妹・菜美(二階堂千寿)を
連れ戻しにやって来た。


菜美は同じ俳優養成所に通う新倉昌枝(早見優)と同居していて、
瑞枝は休暇の間そこで過ごすことになる。


夢を見たくて






上京した目的はもうひとつあった。
瑞枝には製材所の跡取りで婚約者の森山正夫(柴田恭兵)がいた。
ところが正夫は結婚寸前に行方をくらましてしまった。


あれから月日は流れたが瑞枝は正夫を忘れられない。
その正夫を渋谷のバーで見かけたという情報が入り
彼の居所を捜し会おうと考えたのだ。


瑞枝はその目的を菜美に隠して、秋田へ帰るように説得するが、
女優になる夢が諦められない菜美は首を縦に振らない。
言い合いになったときに、菜美が正夫と連絡を取り合っていることを知り、
瑞枝は喫茶店で正夫と再会することが出来た。


夢を見たくて




正夫は劇団をやりながら生活のためにバーテンとして働いていた。
公演は年に1、2度で芝居だけでは食っていくことができなかった。
狭い田舎の平凡な暮らしではなく、刺激を求めてやって来て、
瑞枝を決して嫌いになったわけではないと話す。
何も言わず自分の前から姿を消した正夫に、
瑞枝はまだ忘れることが出来ないという本心を言えないまま別れた。



そんな中、菜美と同様に東京へ出てきた昌枝を連れ戻しに、
名古屋から彼女の兄・貞雄(平田満)がやって来て、
力ずくで昌枝を家からひっぱり出そうとする。


夢を見たくて


瑞枝はその乱暴さに身を挺して昌枝をかばい、
貞雄ともみ合っているうちに昌枝はスキを見て部屋を飛び出してしまう。
その後帰宅した菜美に貞雄が昌枝の行き先を尋ねるが、
菜美は何も言わないまま、一旦諦めた貞雄は部屋を出ていった。



翌朝、瑞枝が目を覚ますと、書置きを残して菜美まで家を出ていってしまった。
そこへ貞雄がやって来て、二人はきっと一緒だから探し出そうと瑞枝を連れ出す。


瑞枝たちは二人が通う東京アクターズ学院を訪ねていき、
校長の松永謙次(名古屋章)と会った。
菜美たちはきっと仲間たちといると信じていた瑞枝は、
名簿を見せてほしいというが松永はそれを拒否する。



夢を見たくて


そして、松永は田舎へ連れ戻されそうだからしばらく学校には行けないと
かかれた菜美と昌枝からの手紙を見せた。
仕方なく瑞枝は貞雄と、学校から出てくる生徒たちを捕まえ
二人の居所を聞き出そうとするが誰も何も知らないと言い去って行く。



(現在元記事の一部のみ公開しています)



応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント