2018/04/14
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「二人の世界」 (1970年)  木下恵介アワー

category - 昭和のテレビドラマ
2018/ 04/ 14
                 
以前、竹脇無我と栗原小巻が出演している
「三人家族」について記事にしました。


「三人家族」では、運命的な出逢いをした男女が結婚を決意したところで終わってましたが、
その後に竹脇・栗原ペアで制作された「二人の世界」では、
同じく印象的な出会いをした男女が、すぐに結婚し、様々な苦難を乗り越え
新たな生活へと挑戦する姿が描かれています。




二人の世界



■ 「二人の世界」  
放送期間: 1970年12月1日~1971年5月25日 (全26話)
脚本: 山田太一
音楽: 木下忠司
主題歌: あおい輝彦
ナレーション: 矢島正明
演出: 木下恵介ほか
制作: 松竹、木下恵介プロダクション、TBS





宮島二郎(竹脇無我)と榊原麗子(栗原小巻)は、海外アーティストの
コンサート会場で知り合った。


二人の世界




人気アーティストのチケットは完売で、二人はともにチケットを持っていなかったが、
無理を承知で関係者に掛け合いなんとか会場内に入ろうと模索する。
当然のことながら入場を断られるが、諦められない二人は楽屋口から忍び込むことに成功する。
だが、結局はバレてアーティストが演奏しているホールには入れないまま会場を後にした。


二人の世界




こうして思いもかけないことから知り合った二郎と麗子は
出会ったばかりだというのに意気投合し
フランス料理店で食事をした後、踊りに行き
その日深夜まで共に過ごすことになった。


二人の世界


二郎は農家の次男坊で、実家を出て一人暮らしをしている。
郷里には両親と兄(菅貫太郎)夫婦と子供がいて、東京へ行き大学を出て
就職している一人暮らしの二郎を気楽でいいと兄は思っている。


一方の麗子は、会社重役の父(山内明)と専業主婦の母(文野朋子)、
大学生の弟・恒雄(あおい輝彦)と四人で一軒家に住んでいる。
美人の麗子には結婚を申し込んでいる林田(長谷川哲夫)がいて、
それは恒雄たちも知っていた。

二人の世界


ところが、運命的な出会いをした二人はその日から頻繁に会い続け、
デートを重ねるうちに互いに結婚を決意する。


二人の世界




出逢って僅かで人生の大イベントである結婚を決めてしまった若い二人に対し、
麗子の両親や恒雄は結婚に反対する。
だが、二人の意思は固くついに結婚することが決まる。


二人の世界



二郎と麗子はアパートに住み、新婚生活をスタートさせた。
一流会社の営業マンだった二郎は、人生の伴侶を得て精力的に仕事に励むが、
派閥争いに巻き込まれいわれのない責任を取らされる形で総務部へ左遷されることとなった。


二人の世界



二郎の同僚の関根(東野孝彦)は、これを機会に辞表を叩きつけ、
作曲家になるために弟子入りするという。


二人の世界



やりたいことがあり、独り身である関根とは違い家庭持ちで
特にやりたいことはなかった二郎はそのまま会社に残り
総務へ異動しやりがいのない日々を送っていた。



麗子も二郎が仕事のことで悩んでいるのは知っていて、
悩みを打ち明けてほしいと二郎に言うが
そんな情けがない仕事上の悩みを妻に知られたくない二郎と、
夫が悩んでいるのに何の力にもなれないと無力さでモヤモヤする
麗子との間には自然とひずみが出来てきた。




二人の世界


安定しているサラリーマンとはいえ、夫がやりたくもない仕事を
生活のためだけに自分を殺してやっている姿を見るのは麗子にも辛かった。
麗子は本当に今の仕事が嫌なら会社を辞めてもいいと二郎に言う。
その一言をキッカケに二郎は会社を辞めることを真剣に考えはじめた。



久しぶりに関根と会った二郎は、自分も退社しようと考えているという思いを伝えた。
関根は「お前は笑顔がいいから女の子相手のアイスクリーム屋でもやったら
大当たりするぞ」と二郎に言ってきた。


二人の世界




会社を辞めて転職先を探そうと思っていた二郎だが、
関根の言った一言が心に残りサラリーマン以外の選択肢を考え始める。
だが、関根のようにもともとこれがやりたい!という夢はもっていない。
二郎はふと立ち寄った屋台のラーメン屋の親父から
商売人としての生活をいろいろと聞きサラリーマンを辞める決心をした。


二人の世界



二郎は、「スナックをやろう」と思いたち、会社が終わってからスナックの学校に通い始めた。
麗子も父から小さな会社の社長(太宰久雄)を紹介され短期間そこで働き、
家計を助けることにした。


二人の世界



その間、麗子の父と、二郎の父だけではなく
あれほど反対していた二郎の兄からも
スナックの開業資金を借りることが出来た。


二人の世界



会社も退職し、恒雄の紹介で物件も決まり、
麗子の両親、恒雄、関根や社長らが
オープン前夜に集まり新たな門出を祝ってくれた。
スナックの名前は”TOM(トム)”に決まった。

二人の世界


そして、いよいよオープンの日がやって来た。


おかげさまで昼は順調に客がやって来たが、
場所柄、ランチ終了後と夜は寂しい入りだった。
大きな儲けもないが、赤字もないという日々が続いた。


ところが、オープンから一か月が近づいたころ、
近所に二郎の店の倍以上はあるであろう大きなスナックが開店することになった。
思っても見なかった突然のライバル出現に動揺する二郎と麗子。


客が奪われるのではないかと危惧した麗子は、
自分たちのスナックの特色を出す必要があると二郎に提言し、
二郎は麗子と初めて会った夜に訪れたフランス料理店の
コック沖田(三島雅夫)にメニューの伝授をお願いしにいく。


二人の世界


改築工事を済ませたスナック「うぐいす」のマスター(小坂一也)と、
その父(内田朝雄)が二郎たちの店に挨拶にやって来た。



二人の世界


うぐいすのマスターは嫁や父までもが通りに出て来て
派手にサービス券などを配っている。
その商魂の逞しさにサラリーマン上がりの二郎と、
重役の娘麗子は圧倒されるばかりである。





二郎から依頼を受けた沖田がやって来て、
ジャガイモを使わないカレーライスと、
ハンバーガー弁当という二つのメニューをプレゼントした。
どちらもおいしく販売初日から大きな手ごたえを感じていた。


二人の世界



そんな二人のもとにライバルであるスナックうぐいすの
マスター親子がカレーライスを食べにやって来て、
うぐいすでもカレーライスを10円安く、カツサンドも取り入れ
二郎たちに対抗してくる。


二人の世界


うぐいすは店内にテレビを置き、マスターがどんな話題でも
気楽に受け入れるというキャラクターであることから、
TOMがヒマな時間帯でも若者たちのたまり場となっていた。



近所でも新たにできたスナック2店の対決でどっちが生き残るかという事が
早くも話題になっている。
二郎たちを贔屓にしている近所の婆さん(武智豊子)はそのことを
二郎に伝えしきりにうぐいすの貪欲なやり方を見てTOMの今後を心配していた。




うぐいすの客入りと、メニューを真似されたことで二郎たちも、
自分たちももっと客に近づいた方がいいんじゃないかと
店の在り方を沖田に相談した。



沖田は二人がテレビを置いて、女の痴話話なんかも聞き流す、
そういうスタイルがやりたいのならそれもありだが、
見たところ二郎夫婦はそういうタイプじゃない。
味で勝負をしたいのなら、客に合わせるのではなく
自分たちが客を選ぶくらいでやらないと長い目で見たときに
うまくいかないとアドバイスをした。



そして、うぐいすのマスター親子が二郎の店にカレーを食べに来たことを聞き、
今度はこっちがうぐいすへ行ってカレーを食べようじゃないかと提案した。



ちょうど店が落ち着いた時間帯であることからも、3人はうぐいすへいく。
すると父親の前では借りてきた猫のようなマスターは、
二郎たちに嫌悪感をあからさまに出しながらカレーを提供した。


二人の世界



うぐいすのカレーはジャガイモを使わないというところも
二郎たちのメニューのパクリだった。
だが、ひと口カレーを食べた沖田は、
あまりのまずさに用事を思い出したとうぐいすを出ていった。



二郎たちが店に帰ると沖田はあんなものは勝負にならないといい、
気にしないようにと電話を掛けてきた。


その夜、酔ったうぐいすのマスターがTOMへやって来て、
二郎にいちゃもんをつけると殴りつけ帰って行った。


二人の世界



その様子を見ていた客のひとりは、TOMのカレーのうまさに
うぐいすのマスターが嫉妬したことを仲間たちに話し、
普段は暇な昼下がりに多くの友人を連れてTOMへやって来た。



以来、TOMのカレーとハンバーグ弁当はうまいと評判になり、
行列ができる店へと変貌を遂げた。
今度はこの人気っぷりにうぐいすのマスターが焦るばかりとなる。


姉妹には二郎の店へスナックからパチンコ屋に鞍替えしようかと、
愚痴をこぼしに来て親父からどやされる始末。


順調にいっていた二郎たちだが、店は狭く売り上げも伸びなくなってきた。


そんな中、麗子の妊娠が発覚した。
店を開いたばかりでこれからという時に、嬉しい気持ちを抱えながらも、
ふたりは新しい命が宿ったことを手放しで喜べない。



麗子のつわりもあり、二郎は婆さんの紹介で若い女の子に、
臨時で店を手伝ってもらうと、麗子はそれにやきもちをやき、
この先麗子の代わりにバイトを頼むとなると先が思いやられる。


そんな二人は、店が繁盛するきっかけとなった沖田を
食事に誘いスナックを1日休むことにした。



先日、沖田がTOMに来た時にはちょうど混雑している時間帯で、
何か麗子に打ち明けようとしている素振りだったが、
客に呼ばれ沖田の話は聞けないままだった。



レストランでの会食後、喫茶店へ移ると沖田にそのことを聞いた。


二人の世界



現在、赤坂のフランスレストランでコックをしている沖田に、
西銀座にある一流レストランから引き抜きの話が持ち上がったという事だった。
若い時なら喜んでうつったが、子供が手を離れ貯えもあり、
生きがいを求めていた沖田にはどこの店へ行っても同じだった。


だが、二郎の店は違う。
沖田はTOMでうまくて安い料理をたくさん作りたいと言い、
月給5万円でやっとってくれないかと申し出てきた。
そして、スナックからレストランへ店を大きくしていこうと
二郎たちに夢と希望を与えた。


二人の世界



営業から総務に配置転換になったとはいえ、
安定していたサラリーマンからスナックのマスターへ転身した
二郎はスナックだけで終わりたくなかった。



こうして二郎は初めて他人を雇うという道の世界へ歩きはじめ、
店を大きくしたいという大きな夢へと一歩近づいていくことが出来た。











はじめは、「三人家族」の方が断然面白くて、続編はつまらないなぁと思いながら見ていましたが、
二郎が営業から総務に追いやられ、会社を辞める決意をするあたりから俄然面白くなってきました。


二郎の元同僚関根役の東野孝彦の明るいポジティブさは、
真面目に考える二郎と対照的でとてもいいアクセントとなっています。
またスナック開店当初、夜来ていた近くのアパートに住む、
物静かな若い男性客で小野寺昭が出演。


はじめこそ、出会ってすぐに結婚を決めてしまった若い二人に反対する
麗子の両親や弟が、わりとすぐにに二郎を受け入れて行きます。


サラリーマンとして生きてきた麗子の父は、
スナックを始める決断をした二郎に、
応援したいとすんなり開業資金を貸します。



また「三人家族」では竹脇無我の父親役だった、
三島雅夫も実にいい味を出しています。
最初ちょこっと顔見せ程度に出演しただけかと思いきや、
後半になり重要なポジションへと変化します。



二郎から開店早々ライバルが出来て店の方針について相談を受けるのですが、
その際のアドバイスが成功の真理そのもので心に響きました。




こうした若夫婦を中心とした家族や周囲の関係がすごくよくて、
心があたたかくなり、今後何度もリピートして見るドラマの一つとなりそうです。








関連記事


「三人家族」 



関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント