FC2ブログ
2018/04/21
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「白い肌に妖しき黒髪」 (1984年)  連城三紀彦 『黒髪』

category - 土曜ワイド劇場
2018/ 04/ 21
                 
連城三紀彦のちょっと怪奇っぽいテイストの短編小説のドラマ化。



●「白い肌に妖しき黒髪・東京妻VS京都妻
“もう一度…もう一度…”」 1984年4月21日
原作: 連城三紀彦  『黒髪』  密やかな喪服 (講談社文庫) 収録
脚本: 野上竜雄
音楽: 大野克夫
監督: 大熊邦也
制作: 渡辺企画
出演: 小柳ルミ子、渡瀬恒彦、寺田農、
岡本かおり、宮口精二、湖条千秋ほか



白い肌に妖しき黒髪



美術雑誌編集長・高沢(渡瀬恒彦)と京都の染色家・尚江(小柳ルミ子)の
不倫の恋が再燃した。
その頃から二人の周囲に不思議な現象が起こるようになる。



高沢と尚江が会うと、高沢の妻・路子(小柳=二役)は
必ず原因不明の激しい発作に襲われる。


尚江はいつも高沢の服の襟もとに路子のものらしい
女の長い黒髪がついていることを気味悪がった。









関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント