FC2ブログ
2018/04/24
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「プーシキン美術館展-旅するフランス風景画」@東京都美術館

category - 美術・展覧会レポート
2018/ 04/ 24
                 
上野にある東京都美術館で行われている
「プーシキン美術館展-旅するフランス風景画」へ行ってきました。


行ったのは4月18日水曜日のオープン時刻頃でしたが、
シルバーデーということもありかなり混雑していました。



プーシキン美術館展 東京都美術館


この案内に従って入口まで行くと長蛇の列が出来ていて
入るまでに10分程待つことに・・・


いつもはシルバーデーをチェックしてから行っていたんですが、
今回はすっかり忘れていてシルバーデーの混雑っぷりにビックリ!
とはいっても中へ入ってからは思ったほどの混みようではなく、
11時には鑑賞を終えて展示室から出てくることが出来た。



シルバーデーは65歳以上からということで
ほとんどがシルバーデーの無料鑑賞に該当するお客さんばかり。


ということで4月14日から始まったばかりのプーシキン美術館展ですが、
こういうイベント時を避ければ、平日はかなり空いていてみやすいと思います。
おそらく会期前半は土日でも混雑はなさそうな感じがしました。




モスクワにあるプーシキン美術館は、印象派を中心とする
フランス近代絵画コレクションが世界屈指といわれているそうです。


今回はその中でも風景画を軸に、作家が見た風景や
想像による風景画など65点が展示されています。



そんな絵を旅するような感覚で鑑賞することができます。


また女性の裸体を描いたことで非難を受けた
マネの「草上の昼食」に刺激を受けた
クロード・モネの「草上の昼食」が初来日。




草上の昼食 クロード・モネ



≪草上の昼食≫  クロード・モネ 1866年


モネは他にもお馴染み”水連”がテーマの
「白い水連」がありました。




庭にて、ムーラン・ド・ラ・ギャレットの木陰 ピエール=オーギュスト・ルノワール



≪庭にて、ムーラン・ド・ラ・ギャレットの木陰≫  
ピエール=オーギュスト・ルノワール  1876年


ルノワールはこの近くにアトリエを借り
ここに集まる人々の様子を描き出しています。





サン・ミシェル大通り

≪サン・ミシェル大通り≫  ジャン・フランソワ・ラファエリ 1890年代


市民の賑わいといえば、こちらもその活気さが伝わってきて印象に残りました。
大きな通りに馬車や待ちゆく人を配置することで街全体が生き生きとしていて、
都会の洒落た雰囲気と賑わいが存分に感じられます。





山の小屋 ギュスターヴ・クールベ


≪山の小屋≫  ギュスターヴ・クールベ 1874年頃


都会とは対照的に、ゆっくりと時間が経過するような、
穏やかな田舎の風景。
見ているだけでなんだかホッとするような気持にさせられます。




牛のいる風景

≪牛のいる風景≫  
ジュール・コワニエ/ジャック・レイモン・ブラスカサット  19世紀前半





馬を襲うジャガー アンリ・ルソー

≪馬を襲うジャガー≫  アンリ・ルソー 1910年


生涯フランス国内で暮らしながらも想像力をたくましくして描かれた
ルソーのジャングルでの弱肉強食な生々しい作品。
背景の鮮やかな色彩がこの一瞬の出来事をより力強いものに感じさせてくれます。







プーシキン美術館展 東京都美術館


今回の撮影コーナーは、そんな印象的なこの作品が背景となっていました。






さて、上野にはいくつもの美術館、博物館があるのですが、
3月に終了したと思われていた表慶館で行われていた
「アラビアの道」が5月13日まで延期されていることを知りました。


アラビアの道


私が見に行ったときも、他の展覧会ついでに見る人だけでなく、
これだけを目当てに来ている方もいて意外に人気があるのかもしれません。


こちらは全ての作品が撮影可能でしたし、その上にある平成館でやっている
展覧会のチケットを持っていれば無料で入場できるはずですので、
平成館へ行く機会がある方は、表慶館にも足をのばしてみてはいかがでしょうか。





関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント