Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2018-06-01 (Fri)

「少女Aの殺人・女子高校生が父に殺意を抱くとき・・・・」 (1996年)  今邑彩 『少女Aの殺人』

ラジオ番組に寄せられた一通のハガキに秘められた、
哀しい過去と恐るべき殺意。



●「少女Aの殺人・女子高校生が父に殺意を抱くとき・・・
スキャンダルが名門校を揺らす!」  1996年6月1日
原作: 今邑彩  少女Aの殺人 (中公文庫)
脚本: 石原武龍
監督: 一倉治雄
制作: 東宝
出演: 高島政宏、森口瑤子、内藤剛志、浜崎あゆみ、笹峰愛、
有川博、佐々木勝彦、岡まゆみ、青木卓司ほか





名門女子高校の東京芙蓉女子学院の教師・脇坂一郎(高島政広)は、
高校時代の同級生で人気DJ新谷可南(森口瑤子)のラジオ番組を聞いていた。
そこで「性的虐待を繰り返し、いつか暴力で自分を犯そうとする養父を
殺してしまうかもしれない」という
”東京F女学院2年の少女A”からの投稿が気になった。



脇坂は2年の担当で、彼の受け持ちには”少女A”に該当する生徒が二名いた。


ひとりは青柳愛(笹峰愛)で、彼女は去年母が病死し、
現在は開業医の養父の青柳(佐々木勝彦)と二人暮らし。


もうひとりは、高杉いずみ(浜﨑あゆみ)で、両親が交通事故で死亡し、
父の親友夫妻に引き取られた。
だが、養母がガンで亡くなり、現在は養父で学院の教頭・高杉久雄(有川博)と二人暮らしである。


そんな中、新谷可南から脇坂に電話がかかり、二人は再会した。
新谷可南は本名益田可南子といい、今は売れっ子となり豪華なマンションを購入していた。
可南の要件は少女Aが東京芙蓉女子学生の二年生で
脇坂に心当たりがないかというものだった。



少女Aの殺人・女子高校生が父に殺意を抱くとき・・・・





はじめこそ渋った脇坂だが、可南の説得もあって
ついに愛といずみがそれに該当すると情報を与えた。



その後、高杉が自宅で刺殺体となって発見された。
第一発見者はいずみだった。
自宅には刑事の諏訪重良(内藤剛志)らがやって来た。
知らせを受けた脇坂も急いでいずみの家へ向かった。



少女Aの殺人・女子高校生が父に殺意を抱くとき・・・・


高杉の死亡推定時刻は午前二時から三時の間で、
犯人は勝手口から侵入したようだった。


いずみの話しでは夕食後に高杉から睡眠薬入りのコーヒーを飲まされたようで、
彼女が眠っている間に高杉は誰かと自宅で会っていたのではないかと推察された。
いずみは脇坂に、高杉が愛の養父・青柳を強請っていて
犯人は青柳ではないかと告げる。

少女Aの殺人・女子高校生が父に殺意を抱くとき・・・・







高杉は去年自宅を購入したばかりで、妻の入院費用と出費が重なり、
サラ金から多額の金を借りていた。
だが、それらはわずかの間に完済されている。


三か月ほど前、新宿でデートクラブが摘発されそこに愛の名前があった。
愛は売春はやっていないというが、青柳が高杉に強請られていたとしたら
おそらくこのことだろう。
脇坂は可南にこのことを伝えた。



(現在元記事の一部のみ公開しています)











また”少女A”と疑われる高杉いずみを演じたのは、
後にあゆ旋風を巻き起こす浜﨑あゆみ。
黒髪おさげでほぼノーメイクだが、とてもかわいらしく
やはりその存在感は際立ったものを感じる。


クラス委員をつとめ、血のつながらない父のために家事もこなすという優等生とあって、
控え目な演技と清潔感がある容姿が初々しくて良かった。




応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント