FC2ブログ
2018/06/18
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「古代舞の女・奈良古墳殺人事件」 (1988年)  黒川博行 『八号古墳に消えて』

category - 土曜ワイド劇場
2018/ 06/ 18
                 
笑福亭鶴瓶が関西の人情刑事を演じる。
ペアを組むのは古谷一行。



●「古代舞の女・奈良古墳殺人事件・
クロ・マメ刑事飛鳥路を走る!」  1988年6月18日
原作: 黒川博行  『八号古墳に消えて
脚本: 安倍徹郎
音楽: 渡辺兵夫
監督: 瀬木宏康
制作: 松竹芸能
出演: 古谷一行、笑福亭鶴瓶、佳那晃子、山本亘、
入川保則、海原小浜、菅貫太郎、堀永子ほか



大阪文科大学史学科の教授・浅川亮介(大河内範泰)が、
富田林の古代住居跡から死体で発見された。
浅川は泥酔していて、現場の泥水を飲んでいたことから
事故死という見解が下された。




他殺の線もあるとみて念のため大坂府警の黒木憲造(古谷一行)と
亀田淳也(笑福亭鶴瓶)は浅川の研究室に行きテレビの講座番組も持っている
余沢清(菅貫太郎)、浅川の姪の夫・今村浩郎助教授(山本亘)から聞き込みを行った。





黒木はそこで高校時代の恩師秦野の娘・史子(佳那晃子)が
浅川の助手をつとめているのを知った。
史子は父が踊っていた久米氏の古代舞を引き継いでおり
黒木はその練習稽古場へも一緒に行った。
十八年前の昔話にしばし花を咲かせて秦野を懐かしんだ。


古代舞の女・奈良古墳殺人事件



浅川は生涯独身であったが、そのわけを史子から聞いた。
秦野と浅川は昔、ひとりの女を巡り争っていた。
女は秦野と結婚し、破れた浅川は生涯独身を貫いた。
秦野と女の間に生まれたのが史子で
驚いたことに秦野と妻は同じ日に死亡していることが分かった。



黒木たちが研究室を訪れた時、やぐらから遺跡発掘現場を撮影していた
研究員の植田が墜落する現場に遭遇した。
立て続けに同じ大学から二人の死亡者がでたが
植田の死は誤って転落しただけの事故死とみられた。



その後の捜査で、退職間近の浅川は、文化財研究所の所長に内定しているという
噂があり、その椅子は余沢も狙っていたとあって毒舌家で変わり者の
余沢にきな臭いものを感じる。


古代舞の女・奈良古墳殺人事件

亀田は事故死とみられた植田の体が落ちる前に跳ねたのがきにかかり
近くの事務所から配線をやぐらにつなぎ、植田が鉄の手すりに手を掛けたところで
何者かが配電をいじり電流を流しそのショックで墜落したのではないかと推理した。


現場に行ってみたが黒木はあのときそんな目立つ配線は見かけなかったし
配線を埋めてあった痕跡もみられなかった。


そこへこの土地の所有者の会社のものがやってきた。
ここは宅地の造成中だったが遺跡が発掘され工事が中断して迷惑していた。
だが今回の事件でもうここを掘り起こしてはいけないということになり
工事が再開されることになったとホッとした表情を見せた。



一時は事故死とみられた植田の死だが、彼が撮影していた写真には
配電盤のある事務所からやぐらまでビニールシートが敷き詰められていて
亀田の推理に信ぴょう性が出てきた。

古代舞の女・奈良古墳殺人事件



おそらく感電したショックで植田は落ちたのだろうが
まだ犯人の目星もつかず証拠もこれだけしかない。


そんな中、余沢が行方をくらました。
自宅の焼却炉からは焼け焦げた配線が、壺からはペンチが見つかり
植田殺しは余沢の可能性が大きくなってくる。


 
エキセントリックに見える余沢だが、妻の話では非常にマメな性格で
自宅からは日にちごとにその日の出来事が詳細に書かれた
日記のようなカードが大量に出てきた。


その中には、岡部不動産と窪池遺跡発掘にあたり
不動産業者と考古学教室の隠されたつながりを匂わせるような記載があった。




古代舞の女・奈良古墳殺人事件



黒木らが所属する班の班長宮元英治(入川保則)は余沢クロ説をおすが
几帳面な性格の余沢があんな証拠を残すのは不自然だと黒木と亀田は感じた。



余沢のカードには「秦野夫妻自決」の文字があり、気になった黒木は
史子に事情を聴きに行った。
十二年前、秦野は剣を振りかざし、妻を殺し自分も自殺した。


秦野は恋の勝利者にはなったが、学問的には浅川に負けた。
その後秦野の妻は浅川と関係を持ったのが原因ではないかと史子は話す。
浅川はその贖罪意識から史子が京都の大学を卒業後に彼女を今の大学の助手に迎えた。



黒木は亀田の家へ行き、母のハツノ(海原小浜)と三人鍋を囲みながら
十二年前の秦野夫妻の心中事件について話した。


古代舞の女・奈良古墳殺人事件




亀田の方は遺跡が出ると工事が止まり、利息だけで一日何十万円かかり
不動産業者は関係者を丸め込もうとするが、浅川と余沢は頑として応じず
彼らに恨まれていたことを話した。
余沢はこの動きに巻き込まれてしまったのか捜査を進めることにした。


そして奈良県警から余沢の死体が発見されたと連絡が入った。
宮元はあとは余沢の逃亡を助けた者をみつけるだけとし
あくまでも余沢犯行説を支持している。
黒木たちは次の会議の前に、なんとか真相に近づく証拠を見つけたいと画策する。



そこへ、黒木が秦野の論文を持っていることを知った史子から連絡が入り
黒木は会いに行った。


黒木は浅川と余沢が学者としては優れた能力を持っていたと評価していた。
秦野はふたりがいつか自分の論文を世に送り出してくれるものと信じていたが
余沢は秦野の論文が子供じみていて盗作の疑いがあると
その根拠を細かく例をあげてカードに書き残していた。


古代舞の女・奈良古墳殺人事件




それを知った史子はこれまで見せたこともない怒りを見せ
余沢のカードを破り捨てると余沢と浅川の意見を支持した黒木に
別れを告げて去って行った。



解剖の結果余沢の死は凍死によるものと判明した。
彼の両手の爪は潰れていて前歯が二本折れていた。
宮元は余沢は山中に逃げ込んだが、道に迷い疲労と空腹で
そのまま凍死したと会議で発表する。


しかし、空腹だったなら余沢の胃の中には木の実など何かが残っているはずだが
雨水か泥水とみられるものしかなかった。


黒木はこれまでの余沢犯行説を否定するシナリオを発表した。

犯人は死亡者三人に恨みを抱いており、浅川と植田を殺しその容疑を余沢に着せた。
そのために植田殺害で使用した配線とペンチを余沢の家へ残した。
だが、焼却炉からは配線を燃やした痕跡はなく焼いた配線を
中に突っ込んだだけだったことが分かった。


犯人は余沢の身柄を拘束し、おそらく死体発見現場付近の古墳に閉じ込めたため
胃の中が空でプランクトンを含んだ雨水だけが残り、
なんとか外に出ようと土壁をえぐり爪が潰れていた。


もう脱出できないと観念した余沢は自ら前歯を折って
ダイイングメッセージを残した。
それは余沢のテレビの考古学講座でいっていた助教授の今村だった。



余沢のカードには今村が宅地の造成工事を再開させるために
不動産業者から二百万円を受け取っていたことが書かれていた。
このことで浅川が亡くなる前に、今村は浅川、植田、余沢の三人から
徹底的な追及を受けていた。
浅川は今村の解任と学会からの追放を宣言していたことが書かれていた。



黒木たちは今村に余沢の解剖所見の結果を話して
死体発見現場付近の古墳に監禁されていて
それがどこだか教えてほしいと揺さぶりをかけた。


案の定、黒木の予想通り今村は動き出した。


ところが、彼が車で向かった先のレストランには史子が待っていた。


古代舞の女・奈良古墳殺人事件




今村の意外な協力者の存在に、黒木はショックを受ける。
史子と別れた今村は車である古墳へ入っていきそこで逮捕した。



今村はまるでゲームで負けただけのようにアッサリと自供した。


彼は窪池の発掘責任者でもあり不動産業者や建設会社と深いかかわりを持ち
二百万円の金を受け取ったことを浅川、余沢、植田らに激しく責められ殺意を持った。
史子にその悩みを相談したところ、浅川と余沢を恨んでいた史子は
殺人のシナリオをたてこのプランに今村を誘った。



浅川は史子が泥酔させたあとに、史学科の倉庫に連れ込み用意しておいた
富田林の泥水を飲ませて殺し現場へ運んで事故死に見せかけた。


浅川が死にその後継者に植田がなりそうなこと、また今村が二百万円受け取ったことも
知っていたことから植田は今村が一人で殺した。


そして余沢を古墳が見つかったと史子が誘い出し、今村と二人で余沢を突き落とし
石でふたをして死んだのを確認してから証拠となるメモはポケットから取り出し処分した。


今村の供述を受けて史子を逮捕しようと、踊りが披露される会場へ向かった。
黒木は踊りが終わってから史子を捕らえようと配慮をみせる。
史子の方も黒木の顔を見て全てを悟り、父が大切にしていた久米舞を踊る。


古代舞の女・奈良古墳殺人事件

踊り終えた史子は、捕まる前に自ら命を絶った。








この放送の前にサントリースペシャル「猫目石ころがった」で
クロマメ刑事としてコンビを組んでいた古谷一行と笑福亭鶴瓶が
土曜ワイド劇場で一年三か月ぶりに再会。


古代舞の女・奈良古墳殺人事件

前回の撮影が終了してから、お互いにもういちどやりたいと思っていたとのことで
このドラマも息はピッタリ。
度を超す仲の良さを見せつけていたという事です。



************ 関連記事 ************

「幻の船連続殺人」


「京おとこ京おんな連続怪死事件」



関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント