Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2018-06-18 (Mon)

「古代舞の女・奈良古墳殺人事件」 (1988年)  黒川博行 『八号古墳に消えて』

笑福亭鶴瓶が関西の人情刑事を演じる。
ペアを組むのは古谷一行。



●「古代舞の女・奈良古墳殺人事件・
クロ・マメ刑事飛鳥路を走る!」  1988年6月18日
原作: 黒川博行  『八号古墳に消えて
脚本: 安倍徹郎
音楽: 渡辺兵夫
監督: 瀬木宏康
制作: 松竹芸能
出演: 古谷一行、笑福亭鶴瓶、佳那晃子、山本亘、
入川保則、海原小浜、菅貫太郎、堀永子ほか



大阪文科大学史学科の教授・浅川亮介(大河内範泰)が、
富田林の古代住居跡から死体で発見された。
浅川は泥酔していて、現場の泥水を飲んでいたことから
事故死という見解が下された。




他殺の線もあるとみて念のため大坂府警の黒木憲造(古谷一行)と
亀田淳也(笑福亭鶴瓶)は浅川の研究室に行きテレビの講座番組も持っている
余沢清(菅貫太郎)、浅川の姪の夫・今村浩郎助教授(山本亘)から聞き込みを行った。





黒木はそこで高校時代の恩師秦野の娘・史子(佳那晃子)が
浅川の助手をつとめているのを知った。
史子は父が踊っていた久米氏の古代舞を引き継いでおり
黒木はその練習稽古場へも一緒に行った。
十八年前の昔話にしばし花を咲かせて秦野を懐かしんだ。



古代舞の女・奈良古墳殺人事件・ クロ・マメ刑事飛鳥路を走る!





浅川は生涯独身であったが、そのわけを史子から聞いた。
秦野と浅川は昔、ひとりの女を巡り争っていた。
女は秦野と結婚し、破れた浅川は生涯独身を貫いた。
秦野と女の間に生まれたのが史子で
驚いたことに秦野と妻は同じ日に死亡していることが分かった。



黒木たちが研究室を訪れた時、やぐらから遺跡発掘現場を撮影していた
研究員の植田が墜落する現場に遭遇した。
立て続けに同じ大学から二人の死亡者がでたが
植田の死は誤って転落しただけの事故死とみられた。



その後の捜査で、退職間近の浅川は、文化財研究所の所長に内定しているという
噂があり、その椅子は余沢も狙っていたとあって毒舌家で変わり者の
余沢にきな臭いものを感じる。


古代舞の女・奈良古墳殺人事件・ クロ・マメ刑事飛鳥路を走る!



亀田は事故死とみられた植田の体が落ちる前に跳ねたのがきにかかり
近くの事務所から配線をやぐらにつなぎ、植田が鉄の手すりに手を掛けたところで
何者かが配電をいじり電流を流しそのショックで墜落したのではないかと推理した。


現場に行ってみたが黒木はあのときそんな目立つ配線は見かけなかったし
配線を埋めてあった痕跡もみられなかった。


そこへこの土地の所有者の会社のものがやってきた。
ここは宅地の造成中だったが遺跡が発掘され工事が中断して迷惑していた。
だが今回の事件でもうここを掘り起こしてはいけないということになり
工事が再開されることになったとホッとした表情を見せた。



一時は事故死とみられた植田の死だが、彼が撮影していた写真には
配電盤のある事務所からやぐらまでビニールシートが敷き詰められていて
亀田の推理に信ぴょう性が出てきた。






おそらく感電したショックで植田は落ちたのだろうが
まだ犯人の目星もつかず証拠もこれだけしかない。


そんな中、余沢が行方をくらました。
自宅の焼却炉からは焼け焦げた配線が、壺からはペンチが見つかり
植田殺しは余沢の可能性が大きくなってくる。


 
エキセントリックに見える余沢だが、妻の話では非常にマメな性格で
自宅からは日にちごとにその日の出来事が詳細に書かれた
日記のようなカードが大量に出てきた。


その中には、岡部不動産と窪池遺跡発掘にあたり
不動産業者と考古学教室の隠されたつながりを匂わせるような記載があった。




古代舞の女・奈良古墳殺人事件・ クロ・マメ刑事飛鳥路を走る!




黒木らが所属する班の班長宮元英治(入川保則)は余沢クロ説をおすが
几帳面な性格の余沢があんな証拠を残すのは不自然だと黒木と亀田は感じた。



(現在元記事の一部のみ公開しています)













************ 関連記事 ************

「幻の船連続殺人」


「京おとこ京おんな連続怪死事件」



応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019-05-11-13:56 -
[ 返信 ]