FC2ブログ
2018/06/25
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「墓場から生きかえった男・二人妻、父親殺しの疑惑の果てに」 (1988年)  生き返った男シリーズ第二作

category - 土曜ワイド劇場
2018/ 06/ 25
                 
父親殺しの濡れ衣を着せられた男が真犯人を追う。


三浦友和の「生き返った男」シリーズの第二作目。



●「墓場から生きかえった男・二人妻、父親殺しの疑惑の果てに」  
1988年6月25日
脚本: 柏原寛司
音楽: 有馬徹とノーチェ・クバーナ
監督: 西村潔
制作: 松竹芸能
出演: 三浦友和、白都真理、田中美佐子、角野卓造、
石橋蓮司、中島葵、中村竹弥、石橋雅史ほか



墓場から生きかえった男





山岳写真家の宮崎彰(三浦友和)は妻のレイコ(白都真理)と二人暮らし。
彰の父・源造(中村竹弥)は宮崎グループの社長で、
アンデスの山を撮影するための費用五百万円の援助を申し込みに行くが
けんもほろろに断られてしまった。



墓場から生きかえった男


それから七日後、源造が自宅で頭を割られて殺され、
金庫から六百万円が盗まれた。




現場には彰が吸っているラッキーストライクの吸い殻が残されており、
そこから彰の指紋と同じO型の血液型が検出され、
自宅のゴミ箱からは凶器のブロンズ像も発見された彰に容疑がかかった。



彰はすぐに警察に捕まるが、車で移送中にスキを見て逃げ出すと秩父山中に身を隠した。
彰の兄・俊光(角野卓造)が警察に心当たりの隠れ場所を助言したこともあり、
彰は山狩りから逃れる途中で崖から落ちて死亡し山に埋葬される。



墓場から生きかえった男




レイコはもともと俊光の婚約者であり、死体を埋葬した帰り道、
レイコは俊光から強引に誘われよりを戻してしまう。





埋葬された彰は棺桶の中で落雷のショックで奇跡的に蘇生し、
通りがかりの陶芸家・山脇洋子(田中美佐子)に助けられる。
だが、彰は記憶を失っていて洋子の家へそのまま転がると、
夫婦同然のような生活を送るようになった。


墓場から生きかえった男




一年が経ち、彰は停電したエレベーターに乗り合わせたことで、
失っていた記憶を取り戻した。
洋子に妻がいたことを告げると彼女のもとを去り、
簡易宿泊所に身を置きながら源造の事件を洗いなおした。



墓場から生きかえった男



源造は好き勝手に生きている彰にはつらく当たっていたが、
宮崎開発の常務におさまっていた俊光は可愛がっていた。



ところが父の死後社長には俊光でなく専務の山本則彦が就任し、
俊光は常務から専務に昇進しただけだった。
このことは父の遺言らしいことを知り驚きを隠せなかった。
さらに俊光はレイコと結婚式をあげていた。



墓場から生きかえった男



俊光の妻となったレイコと再会した彰は、部屋に置いてあった写真集から
”亮子”という女からの手紙が入っていたことを知らされた。
彰には全く心当たりがない話で、何者かがレイコに彰の浮気を疑わせ
気持ちを離れさせようと細工しているのだと考えられた。


墓場から生きかえった男





源造の殺害現場から発見されたタバコの吸い殻など、彰が犯人だと偽装できる人物は限られている。
撮影費用の融資を申し込みをしに宮崎開発へ行った日、彰はラッキーストライクを吸った。


墓場から生きかえった男



部屋には源造の他に秘書の桃井と懇意にしている祈祷師・宮田例月(石橋蓮司)がいて、
彰が帰ったあとに吸い殻を持ち出すことは可能だ。



宮田を疑った彰が自宅へ行ってみると、そこにはかつて源造の愛人だった料理屋・松島の女将(中島葵)がいた。
女将は宮田とデキていたのだ。
彰は二人がグルになっているとわかり、源造殺しとその容疑が彰にかかるよう細工をしたことを白状させた。
亮子という名で手紙を書いたのも俊光に頼まれた女将の仕業だった。
ふたりは俊光から金で雇われた協力者にしか過ぎなかった。




墓場から生きかえった男




すでに俊光はレイコから彰が生き返ったことを聞き、宮田に彰を始末させようとしていた。
彰はその宮田に自分を殺し損ねたと俊光に報告させると、
俊光がいるオフィスに向かった。


彰を見た俊光は一応驚いては見せたものの、聞かれるがままに真実を話した。


事件があった日、俊光は源造の口から初めて彰を社長にするつもりだと聞かされた。
優等生の俊光には経営者は難しく、自分に歯向かってくる彰をかっていたのだ。
まず彰を社長に据える前に一時的に専務の山本を社長に就任させると明かされた。



てっきり自分が次期社長になると確信していた俊光はこの仕打ちに我慢できず、
とっさに近くにあったブロンズ像で父の頭を殴りつけて殺した。
松島の女将に犯行時刻に店にいたとニセのアリバイを証言させ、
彰のタバコを残して容疑者に仕立て上げた。



墓場から生きかえった男



犯行を認めた俊光だが、今の満ち足りた生活を失うつもりはなかった。




彰に襲い掛かるとオフィスの窓から突き落とそうとする。
抵抗する彰と格闘しているうちに、勢い余って俊光の体が窓から投げ出されてしまう。




子供の頃、山で自分の命を救ってくれた俊光の腕を掴んで体を引き上げようとするが、
俊光はもういいんだと生きることを諦め彰の手から自分の手を離して地上へと落ちていった。




墓場から生きかえった男


彰が俊光のオフィスにいると知らせを受けたレイコは警察に通報していた。
警察とともにレイコもオフィスに駆けつけていて、彰はレイコが俊光の子供を身ごもったことを知らされた。



彼女のもとから去った彰は洋子のところへと帰って行った。


墓場から生きかえった男




//////////////////////////////////////////////////



クライマックスであるアクションシーンはどうやらビルの九階で撮影されたようだ。

窓の外にぶら下がっている、アクションとは無縁の角野卓造は
命綱をつけながらも緊張で全身がガチガチになったとか。


一方、部屋の中から角野の腕を握りしめていた三浦友和は、
高所が得意らしい。





************ 関連記事 ************


◆ 「白の処刑・絞首台から生き返った男」

「墓場から生きかえった男」

「地底から生き返った男」








関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント