FC2ブログ
2018/07/11
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「ルーブル美術館展」@国立新美術館へ行ってきた 週末の混雑状況など

category - 美術・展覧会レポート
2018/ 07/ 11
                 
世間は6月から始まったワールドカップで盛り上がっているようですね。
私も日本戦を含め、いくつかの試合を途中からテレビで見ていました。
今回は番狂わせがいくつもあり、なかなか面白い大会になっていますね。




さて、先週の日曜日は六本木にある国立新美術館で行われている
「ルーブル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか」へ
行ってきました。



週末に美術館を訪れたこともあり混雑が気になるところでしたが、
ついてみると美術館の外は人もまばらで心配することはなさそう。




ルーブル美術館展 国立新美術館




私が行ったのは7月8日の午前10時半頃。
入り口付近はやや混んでいたものの、ストレスを感じる混みっぷりではなかったです。




今回は古代から19世紀までの”肖像”にテーマを絞って、
彫刻や絵画などが112点展示されていました。





チラシや看板に使われているのはヴェロネーゼ。
(見開きチラシの裏面はグロの「アルコレ橋のボナパルト」)



美しきナーニ ヴェロネーゼ


≪女性の肖像≫  通称 美しきナーニ
ヴェロネーゼ 1560年頃


今回の展示室は1階の「1E」でした。



まずは古代エジプトの棺用のマスクからスタートします。



ルーブル美術館展 国立新美術館



亡くなった人の顔立ちを再現するのではなく、
理想の顔が表現されています。






はじめは小さな展示物も多く、人だかりでやや鑑賞のしにくさがありました。
人物の全体像の彫刻では迫力があり、衣装の襞の自然なカーブや、
緩やかな曲線の感じを見事に表現しています。


「肖像」という視点では、モデルが男性の場合は”威厳”を、
女性の場合は”気品”が感じ取れました。




フランス王妃マリー・アントワネットの胸像

≪フランス王妃マリー・アントワネットの胸像≫  
ルイ=シモン・ボワゾに基づく 1782年


セーブル磁器というと、今年の1月に六本木にあるサントリー美術館で行われた
セーヴルの展覧会へ行った時のことを思い出しました。
今回もビスキュイの作品があり目を楽しませてくれます。




また個人的には中盤にあった”かぎ煙草入れ”が美しくて目を奪われました。




絵画部門で気になるところは、ナポレオンの肖像画とコチラ。



エカチェリーナ・ヴァシリエヴナ・スカヴロンスキー伯爵夫人の肖像

≪エカチェリーナ・ヴァシリエヴナ・スカヴロンスキー伯爵夫人の肖像≫  
エリザベート・ルイーズ・ヴィジェ・ル・ブラン 1796年


丸みを帯びた瞳と口角の上がった唇。
とても可愛らしい表情のスカヴロンスカヤ伯爵夫人は、
この時30代の半ばで早くも未亡人の身となっていた。


どうみても未亡人というよりは少女に近い愛くるしい顔の持ち主。
生活面での苦労がないのか実際の年よりも若く見えますね。



有名どころではレンブラントも1点ありました。



ヴィーナスとキューピッド レンブラント

≪ヴィーナスとキューピッド≫  
レンブラントハルメンスゾーン・ファン・レイン 1657年頃



そして、終盤へ来て何と言ってもインパクト大だったのはコチラ。



フランツ・クサファー・メッサーシュミット


≪性格表現の頭像≫  
フランツ・クサファー・メッサーシュミット 1771~1783年の間



彫刻よりも美術品や絵画に目が留まりがちな私ですが、
こちらの彫刻はさすがに足を止めてしっかりと見てしまいました。


モデルは作者自身で、心の病に悩んでいたメッサーシュミットは
自身をモデルにしてなんとかそれを克服しようと戦っていたようです。


しかし口をテープを止てのこの表情、病に苦しむ彼は
どのようなことを表現したかったのだろうか?



最後は、アルチンボルドの2作品がありそれで終わりでした。



今回の撮影スペースは展示室外に設けられていました。


ルーブル美術館展 国立新美術館


左右、各パネルの真ん中にあるところに自分の顔を入れて撮影するようです。


今回は約1時間ほどで鑑賞を終えることが出来て
11時半前には美術館を出ることが出来ましたが、
このあたりからそろそろ人の出入りも多くなってきた印象がありました。


今後は夏休みが始まるという事もあり、週末に訪れる予定の方は、
なるべく早い時間帯に行くことをおすすめします。

会期が9月3日(月)までなので、7月の後半から8月にかけては、
今よりも混むのではないかと予想しています。
私もそれを少しでも避けるためにこのタイミングで行ってきました。




関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント