FC2ブログ
2018/08/01
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「死刑囚永山則夫と母・戦後最大の少年犯罪」 (1997年)  佐木隆三 『死刑囚永山則夫』

category - 土曜ワイド劇場
2018/ 08/ 01
                 
放送前年の1997年8月1日に刑が執行された連続射殺事件の犯行の内的動機に迫るドラマ。



●「死刑囚永山則夫と母・戦後最大の少年犯罪
その時、連続射殺魔の母と呼ばれた女は…」 1998年8月1日
原作: 佐木隆三  死刑囚 永山則夫 (講談社文庫)
脚本: 竹山洋
音楽: 小六禮次郎
監督: 出目昌伸
制作: 総合ビジョン
出演: 大竹しのぶ、岡田義徳、渡瀬恒彦、渡辺徹、
大沢樹生、小島聖、佐藤B作ほか




死刑囚永山則夫と母・戦後最大の少年犯罪





1968年10月11日、東京都港区内のホテルでガードマンが射殺された。
その三日後、京都市東山区内の神社で夜間警備員が銃で殺される。
警察はふたつの事件は同じ銃が使用されたとして広域重要事件108号として指定する。



10月27日には今度は函館郊外でタクシーの運転手が頭部を撃たれて死んでいるのが発見される。
つづいて11月5日には、名古屋でタクシー運転手が頭部に傷を負い搬送先の病院で死亡する。
目撃者の証言から犯人は17、8歳の若い男とみられた。





その後、渋谷区内の専門学校で若い男が発砲するという事件が起こり、
警察は渋谷区代々木の路上で拳銃を所持する19歳の永山則夫(岡田義徳)を連行する。





東京、京都、北海道、名古屋で発生した無差別連続射殺事件の犯人と見て
田中警部(渡瀬恒彦)と樋口警部補(佐藤B作)が署に到着。
則夫の身柄は代々木警察署から愛宕警察署へと移送された。


死刑囚永山則夫と母・戦後最大の少年犯罪





マスコミは青森で魚の行商をしながら細々と暮らしていた
則夫の母・ヨシ(大竹しのぶ)のもとへ殺到し大騒動となる。
その頃、則夫は田中警部の取り調べで犯行を自供。
則夫は自分を三度も捨てた母を恨んでいて、もし会ったら殺すと興奮していた。




ヨシが板柳の家から姿を消した。
新聞記者の藤井信之(渡辺徹)とカメラマンの小畑隆二(大沢樹生)は
息子に会わせるとだまして家から連れ出していたからだった。




死刑囚永山則夫と母・戦後最大の少年犯罪



藤井は東京の旅館に着くとヨシの不幸な生い立ちから、
リンゴ職人と結婚し則夫を含む多くの子供をもうけたものの
賭け事好きな夫に振り回され子供を置いて家を飛び出さずにいられなかった
経緯などを聞き出す。



藤井はスクープのために泣きながら話すヨシの姿を小畑に撮らせるが、
金のためにヨシを利用しようとする藤井に反発し宿を出ていってしまう。



田中と樋口は小畑からの通報を受け、藤井といる旅館へ向かい、
則夫との面会を願うヨシと会うことが出来た。



死刑囚永山則夫と母・戦後最大の少年犯罪




則夫の無実を信じていたヨシは田中から則夫が犯行を自供したことを知らされ、
最初の事件の四日前に米軍基地から拳銃を盗みだし
次々と犯行を重ねていった経緯を聞くこととなった。




田中の話では、則夫は三度にわたってヨシから捨てられたといい恨んでいるという。
ヨシは網走で則夫たちを置き去りにして家を出てしまったこと、
好きな人を作ってしまったことと二回は心当たりがあったが残りのひとつがわからない。




田中はヨシから話を聞くことで四人もの人間を殺した則夫の動機を探れるかと思ったが、
結局わからないまま引き返していく。
ヨシと会った田中が戻ってくるとあれほど会いたくないと言っていた則夫は
母ちゃんに会わせてくれと叫んだ。
その後、許可がおりてついにヨシは則夫との面会の日を迎えた。


死刑囚永山則夫と母・戦後最大の少年犯罪





板柳へ帰ったヨシが魚の行商をしていると、下井草のアパートで
則夫と同棲していた山田ユカ(小島聖)が訪ねてきた。
ヨシはユカが則夫を忘れて幸せな結婚をしてくれるよう願って別れる。



死刑囚永山則夫と母・戦後最大の少年犯罪




無差別に四人もの人間を殺した則夫は死刑囚となり、
死を待つ間に多数の小説を書き続けた。











死刑囚 永山則夫 (講談社文庫)




ドラマの原作である佐木隆三の「死刑囚永山則夫」は読んでいないのですが、
永山則夫がなぜ衝動的に人を殺してしまったのかがあまり伝わってこなかった。



母のヨシも貧しい不幸な家庭に生まれ、則夫も貧しさと戦っていたのはわかるのだが、
そのやりきれなさが人を殺すということに繋がるのがわかりにくい。


犯行にいたるまでの経緯がもう少し掘り下げて描かれていたらと感じてしまった。





************ 土曜ワイド劇場の実録犯罪シリーズ ************


■ 「私は殺していない」  弘前大学教授夫人殺人事件  

■ 「戦後最大の誘拐―吉展ちゃん事件―」

■ 「帝銀事件・大量殺人!獄中三十二年の死刑囚」

■ 「滋賀銀行九億円横領事件・女の決算」

■ 「風の息・事故か!謀略か!もく星号三原山墜落の謎」

■ 「死刑囚永山則夫と母・戦後最大の少年犯罪」






関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント