Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2018-08-05 (Sun)

「時よ とまれ」 (1995年)  矢沢永吉版

43年前の父親殺しの犯人を追い詰める巡査の執念を描く。


土曜ワイド劇場の第1回目、渥美清主演の 「時間(とき)よ、とまれ」 のリメイク。
主人公の巡査には矢沢永吉を迎え、平幹二朗、樹木希林と芸達者な二人が脇を固める。




●戦後五十年特別企画
「時よ、とまれ・父親殺しを追う執念の巡査!
衝撃の真実が今よみがえる」  1995年8月5日
原作: 早坂暁  『時間よ とまれ』
脚本: 竹山洋
音楽: 倉本裕基
監督: 星田良子
制作: 共同テレビ
出演: 矢沢永吉、平幹二朗、樹木希林、
内藤剛志、森口瑤子、池上季実子ほか







福島県の駐在所で働く吉村直之巡査(矢沢永吉)は一歳の時に、
やはり巡査だった父・誠一(松澤一之)を殺された。
犯人の田中隆造(平幹二朗)はすぐに逮捕されたが
取り調べ中にすきをみて逃走したまま行方がわからず、事件はすでに時効を迎えていた。




時よ、とまれ・父親殺しを追う執念の巡査!




吉村は少年時代、「父は悪徳警官だった」という噂を聞いて育ってきた。
かつて田中を逮捕した元刑事は、吉村に父はいいひとだったと語る。
果たして噂は本当なのか?父はなぜ殺されたのか?
それを確かめたいという強い気持ちを持っていた。




ある日、東京の大久保の中華料理店”北京亭”で射殺事件が発生。
吉村はテレビのニュースで事件を知り、店に飾ってあった田中の写真を見つけた。
それは、店の主人・陳淳仁(内藤剛志)の父の写真である。
陳は生き別れになった父を探しているとカメラに向かって必死に訴えていた。




吉村は矢も楯もたまらず、単身田中の行方を追うために上京する。



さっそく陳の店へ行った吉村は、田中が陳の父親であり母は亡くなり、
彼が残留孤児であることを知った。


時よ、とまれ・父親殺しを追う執念の巡査!







陳の店で吉村は雑誌記者の河原敦子(森口瑤子)と出逢い、
協力して田中の居場所を探すことになった。





河原の話では、石井愛子(樹木希林)という老婆も田中を追っているのだという。
石井は田中のかつての愛人で、田中は彼女には”大山信一”と名乗っていた。




時よ、とまれ・父親殺しを追う執念の巡査!







上京してきた吉村の宿泊先を手配しようとする河原だが、
吉村は別れた妻・石澤妙子(池上季実子)のところへ泊ると言い辞退した。



だが、現在は高級マンションに住む妙子は、妊娠三か月で
近々夫と郊外の一戸建てに引っ越すのだという。
まだ自分を愛してくれているものと思っていた吉村は、
それを聞きマンションを出るとあてもないまま東京の街をさまよった。



(現在元記事の一部のみ公開しています)



応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント