FC2ブログ
2018/09/12
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「豪華サロンカー婚約ツアー殺人事件」 (1987年)

category - 土曜ワイド劇場
2018/ 09/ 12
                 
青年社長と秘書の婚約を祝う蓼科高原ツアーで、参加者が次々と殺されていく。
容疑が社長にかかる中、無実を信じる婚約者が事件の真相に挑む。


●「豪華サロンカー婚約ツアー殺人事件・
蓼科高原・女神湖二泊三日の旅」  1987年9月12日
脚本: 原教子
音楽: 石川鷹彦
監督: 松島稔
制作: にっかつ撮影所
出演: 叶和貴子、篠田三郎、目黒祐樹、松本ちえこ、
谷川みゆき、松本留美、石浜朗、新井康弘ほか



海堂商事社長の海堂高文(篠田三郎)は、
秘書の深見千津子(叶和貴子)と婚約した。


ある日、海堂は大学時代の友人でスポーツクラブを経営している
野木雅之(目黒祐樹)のところへ千津子を紹介しに連れていった。
そこで近々行われるスポーツクラブの蓼科高原への旅行で、
千鶴子たちの婚約を祝うパーティをしようということになり
二人は旅行の招待を受けた。


参加者は野木の妻・秋子(松本留美)、ブティック経営者トモエ(高林由紀子)他
スポーツクラブの関係者や生徒たちだ。
このうち海堂、野木夫妻、トモエは大学時代馬術部の同期だった。
だが、野木は秋子が運転する車の事故がもとで足を痛めてしまい、
乗馬は出来なくなっている。


そして一ヶ月が経ちいよいよツアー当日となった。
現地へ向かうバスの中で、参加する予定だった
クラブホステス白井澄子が殺されたというニュースが流れた。
千津子は海堂とふたりでスポーツクラブを訪れた時に、
澄子と会ったことがあり、ニュースを見てから
海堂がなにか考え込むような仕草を見せることが気になった。




豪華サロンカー婚約ツアー殺人事件



翌日、トモエが湖で死体となって発見された。
死亡推定時間は前日の午後7時40分から8時。


千津子はその頃、7時に部屋に迎えに来るはずだった海堂を待っていたのだが、
来なかったために海堂の部屋へ行ったが不在だった。
その途中、宝石ブローカー藤島(上田耕一)がトモエの部屋から出てくるのにぶつかった。


千津子が海堂を探しに屋外へ出たところ、暗がりで何者かに襲われて必死でもがいていると、
偶然その場を通りかかった松本都(谷川みゆき)に助けられた。


豪華サロンカー婚約ツアー殺人事件





刑事(石浜朗)の話では、海堂は犯行時刻に部屋にいたとアリバイを主張しているらしいが、
千津子が海堂の部屋へ行った時には応答がなかった。
しかも、千津子の部屋には「婚約を解消しろ」という脅迫状が届いていて、
自分たちの婚約を快く思っていない人物の存在も気になっていた。


トモエは殺される前に、テニスコーチ・屋代直也(新井康弘)と
宝石の代金未納で口論となっている。
だが、屋代はその頃、千津子を襲ったと言い、
彼女にひっかかれた腕の傷を見せてアリバイを主張した。


千津子は宿舎の周りを歩いているとき、海堂が屋代に金を強請られている
現場を目撃してしまう。


豪華サロンカー婚約ツアー殺人事件




千津子は海堂に脅迫状を見せ、なぜ屋代に強請られていたのかを尋ねるが
海堂信じてくれの一点張りで答えてはくれなかった。



不安になった千津子が野木に相談へ行った時に、彼の左腕に傷があることに気がついた。
自分を襲ったと証言している屋代は右腕を負傷していたが、
千津子はあの時、犯人の左腕をひっかいたことを思い出した。
トモエと借金のことで言い争った屋代はアリバイ作りのために、
千津子を襲ったと偽証したのだ。
彼女が襲われたことを知っているのは、屋代に入れこんでいる都しかいない。


そんな中、令嬢マリ(松本ちえこ)の馬が暴走して彼女が負傷し、
屋代が死体で発見されそばには海堂が佇んでいた。


屋代が殺されたことで、都はこれまで隠していたことを刑事に告白した。



豪華サロンカー婚約ツアー殺人事件



都は屋代と関係があり、マリは海堂に恋していた。
ところが海堂が千津子と婚約したことで、屋代はマリの気を引こうと
トモエの店から高価な宝石を購入してマリにプレゼントしていた。


マリに執心な屋代を見て、海堂と千津子の婚約さえなければ、
屋代は自分のもとへ戻ると考えた都は千津子に脅迫状を送り、
マリの馬に細工をして暴走させ怪我を負わせた。


宝石の代金をめぐりトラブルになっていたトモエが殺された時に屋代にアリバイがない。
しかも、屋代はその晩トモエの部屋から彼女自慢の宝石を持ち出していた。
それは、マリがトモエに売りつけたものだが真っ赤な偽物だった。

都は屋代が疑われるのを恐れて千津子を襲ったと偽装し、嘘のアリバイ証言をさせた。




トモエとトラブルになっていたのは屋代の他には宝石ブローカーの藤島がいる。
千津子はトモエが殺された晩、藤島がトモエの部屋から出てくるところを見ていた。
だが、藤島がトモエの部屋に入ったときはトモエは不在で、
以前から偽者だと思っていた宝石の鑑定をしただけだった。



豪華サロンカー婚約ツアー殺人事件




藤島は千津子に部屋を出るところを見られてしまったこと、
トモエの宝石が偽者なら自分がすり替えたと疑われることを恐れ
本当のことを言えずにいただけだった。




一方、海堂がこの事件にどうかかわっているのか千津子が調べていたところ、
海堂と秋子が昔は恋人同士で、秋子の不注意による交通事故で野木を負傷させ、
その負い目から秋子が野木と結婚したのではないかということに気がついた。


千津子は野木と二人だけで会った。



豪華サロンカー婚約ツアー殺人事件



野木は学生時代から学業でも馬術でも自分を上回る海堂に嫉妬心を持っていた。
そして、秘かに秋子も愛していた。
交通事故がきっかけで二人は結婚したが、秋子は贖罪の気持ちから結婚し、
本当に愛しているのは海堂ではないかと疑った野木は
ある日、ふたりをそれぞれ偽の人物の名を語ってホテルの一室に呼び出し鉢合わせさせた。


しかし、二人の恋は再燃することはなく何事もないまま部屋を出たところ、
偶然ホテルに来ていた澄子に見られてしまった。
秋子の不倫現場を見たと思った澄子は二人を脅迫してきた。


一連の事件の犯行は野木によるものと見られたが、
いつの間にか秋子が二人のあとを追いかけてやって来た。



豪華サロンカー婚約ツアー殺人事件



秋子は贖罪の気持ちから野木と結婚したわけではなく、
本当に野木を愛していると告げた。



秋子がまだ海堂に未練を持ってると嫉妬にかられた野木の策略で
海堂と二人でホテルにいるところを澄子に見られてしまった。
澄子は海堂と秋子を強請り、秋子は金を渡す時に言い争いから
澄子を突き飛ばしてしまい打ち所が悪く澄子はその場で死んでしまった。



海堂は秋子の犯行ではないかと思い、ツアー初日の夜秋子を呼び出しそれを確かめるが
秋子はシラを切りとおした。
海堂が千津子を迎えに行くのが遅くなったのは、秋子と会っていたからだった。
二人が会っていることを知られたくない野木は、そこへ近づく千津子を襲った。





その後、澄子から海堂と秋子がホテルで密会してたことを聞いていたトモエは
秋子がこのことで澄子を殺したと疑いの目を向け脅迫してきた。
トモエは秋子に野木との離婚を迫り、自分が後妻におさまる算段をしていた。


秋子はかねてから人の不幸を願うトモエを快く思ってなかったこともあり、
澄子を殺した罪の意識から自殺するために持っていた青酸カリを
トモエに飲ませて殺害すると湖に死体を運んだ。



その現場を、屋代に見られてしまい秋子は金を強請られる。
だが、屋代を殺したのは秋子ではなく、野木だった。



その頃、刑事たちも澄子が海堂ともう一人の人物を強請っていた事実を掴んでいた。
そこで海堂に詰問したところ、野木が千津子をホテルから連れ出したという情報が舞い込んだ。
二人がロープウェイに乗ったということから、刑事は海堂を連れて二人を探し始めた。




豪華サロンカー婚約ツアー殺人事件



秋子と野木がそれぞれの犯行を語り終わったところで、海堂たちが到着した。


海堂がこれまで千津子に何も話さなかったのは、
二人が自首してくれるのを待っていたからだった。






関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント