Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2018-09-12 (Wed)

「棟居刑事の複合遺恨」 (1998年)  棟居刑事シリーズ第4作目

佐藤浩市の棟居刑事シリーズ第四作目。


●「棟居刑事の複合遺恨・妻と娘を殺害した犯人との対決!
時効直前の男を殺した容疑が、愛する恋人に・・・」
1998年9月12日
原作: 森村誠一  棟居刑事の複合遺恨 (角川文庫)
脚本: 長坂秀佳
監督: 松原信吾
制作: 東宝
出演: 佐藤浩市、水野真紀、川上麻衣子、梨本謙次郎、
尾美としのり、草薙幸二郎、深浦加奈子ほか




棟居刑事の複合遺恨・妻と娘を殺害した犯人との対決!











警視庁の棟居弘一良警部補(佐藤浩市)は、六年前に妻の春枝(水野真紀)と
娘を殺害されたという過去を持っている。
事件は未解決のまま、捜査主任をしていた先輩刑事も殺害されてしまった。
しかし、棟居は今でも妻子を殺した犯人を捜し続けている。



妻子殺し、いわゆる「成城母子殺人事件」が発生した日に近くで起こった、
金貸し殺しの捜査で、春枝と瓜二つの陶芸家・本宮桐子(水野=二役)と出会う。
棟居は未だに春枝に未練がありながらも、桐子とも肉体関係を結ぶが、
恋人とも知り合いともいえない微妙な関係が続いていた。


棟居刑事の複合遺恨・妻と娘を殺害した犯人との対決!





いつも仕事に追われている棟居はそれをある意味言い訳にして、
桐子とはあまり会う時間をとっていない。
久しぶりに会った桐子から銀行員の角谷律雄(尾美としのり)から
プロポーズされたことを打ち明けられる。
かまってやれなかった負い目を感じながらもなんだか試されているようで
嫌悪感をあらわにしてしまう。



そこへ、角谷が棟居に挨拶をしにやって来た。
思いもかけない展開に、棟居は挨拶をすると角谷からの食事の誘いを断り
二人を残して帰ることにした。
帰り際、棟居は一人の男とぶつかった・・・。




その後、高尾山中でセールスマンの古田純一(阿部裕)の死体が発見された。
死因は撲殺でどこかで殺されてから運ばれ埋められたものらしい。
土からは被害者の左手が飛び出していたが、なぜか薬指だけ切断されている。



捜査にあたった棟居は古田を見て愕然とした。
桐子から角田を紹介された日の帰り道でぶつかった男だったからだ。





警察では薬指に指輪をしていて、犯人がそれを抜き取ろうとしたが抜けず、
仕方なく切断したものではないかと見ていた。
どうして指輪を隠したかったのか疑問が残るが、だとすると結婚相手か
婚約者ではないかと予想される。



ところが、古田は現在独身で、元妻・笠原弓子(川上麻衣子)から事情を聴くことにしたが、
これといって手掛かりになるようなことは得られなかった。



棟居は以前山で弓子を助けたことがあり、顔見知りだったことを利用して食事に招待する。
過去を語りたがらなかった弓子の口も軽くなり、さっきは聞けなかった詳しい話を聞くことが出来た。




弓子は古田と結婚し息子が生まれたが、事故で失くしてしまう。
古田はそれを弓子のせいだとなじり暴力をふるい、他に女がいることも明らかになった。
棟居は距離が縮まった弓子の自宅へ行き、古田が残していった荷物を見せてもらう。



その中には、誰かからプレゼントされたとみられる詩集があり
成人した古田と桐子のツーショット写真が挟まれているのを見つかった。
さらに、詩集の贈り主のイニシャルは「K・M」と書かれていた。
本宮桐子・・・。

そういえば、古田はあの日、桐子と角田が会っているところをじっと見つめていた。
棟居は事件に桐子がかかわっていると思いショックを受ける。



(現在元記事の一部のみ公開しています)




(現在元記事の一部のみ公開しています)










棟居刑事の複合遺恨 (角川文庫)






************ 棟居刑事シリーズ 関連記事 ************

1. 「棟居刑事のラブアフェア」

2. 「棟居刑事の復讐」

3. 「棟居刑事の情熱」

4. 「棟居刑事の複合遺恨」

5. 「棟居刑事の黙示録」






応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント