FC2ブログ
2018/11/01
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「京都お見合いツアー殺人事件・死の切文字が祇園に舞う!」 (1997年)  山村美紗 『高知お見合いツアー殺人事件』

category - 土曜ワイド劇場
2018/ 11/ 01
                 
京都お見合いツアーシリーズ第1作。


●山村美紗サスペンス
「京都お見合いツアー殺人事件・死の切文字が祇園に舞う!
地上50メートル空中露天風呂に浮かぶ死美人・・・」  1997年11月1日
原作: 山村美紗  高知お見合いツアー殺人事件 (光文社文庫)
脚本: 篠崎好
監督: 示野浩司
制作: 東宝
出演: 森口博子、寺脇康文、竜雷太、秋本奈緒美、
長谷川真弓、ベンガル、坂上香織、嶋大輔、湯江健幸ほか




京都お見合いツアー殺人事件・死の切文字が祇園に舞う!




ツアーコンダクター・池奈津子(森口博子)が企画した「京都お見合いツアー」が実施されることになり
企画部のエリート・船木英一(寺脇康文)と二人で添乗員をすることになった。



参加者は女性が、谷秋子(長谷川真弓)と同じ会社に勤める堀井しのぶ(坂上香織)、
OLの長沢れい子(山本ふじこ)、社長令嬢で大学院生の小川鮎子(堀川早苗)と
黒田百合子(秋本奈緒美)の五名。



男性が会社社長・横山太一郎(ベンガル)、銀行員・石倉竜一(嶋大輔)、
アングラ劇団の役者・沢田良(湯江健幸)、公務員の柳元雄相島一之と
大学の助教授・細川公司(佐渡稔)という男女各五名だ。



一行が羽田を出発し伊丹空港に到着した時、しのぶのバッグから「死ね!」と書かれたメモが出てきた。


京都お見合いツアー殺人事件・死の切文字が祇園に舞う!



その後は、何事もなく予定のルートを観光して琵琶湖のホテルへ到着。
日程を終えた船木は反省会と称して奈津子を飲みに誘い、
二人は奈津子の部屋で船木が用意した氷入りのビールを飲むが、
その直後奈津子は強い睡魔に襲われて眠り込んでしまう。




翌朝、鮎子が露天風呂で死体で見つかった。
口元には糸くずがついており、警察はタオルで口を塞がれたものとみたが、
死因は心臓まひによるもので体内からは睡眠薬が検出されるた。
刑事(藤堂新二)は添乗員も含めたツアー参加者全員を容疑者として考え、
前夜のアリバイが確認される。



京都お見合いツアー殺人事件・死の切文字が祇園に舞う!



奈津子たちと同じく部屋で飲んで寝てしまったものもいる中、
石倉だけが午前三時頃、ホテルの従業員が寝ている姿を見ていて
しっかりとしたアリバイがあった。
従業員は奈津子の電話により石倉の部屋へ様子を見に行ったというが、
奈津子はそんな電話はかけていない。



昨日、酒を飲んで急速に眠くなったのは奈津子だけでなく、秋子たちも同じだった。
奈津子は船木に誰かが氷に睡眠薬を入れたのではないかというが考え過ぎだと取り合わない。
すると彼が去った後に百合子が来て、船木と鮎子は知り合いだと奈津子に告げる。



実は奈津子も昨日ホテルで船木が鮎子と立ち話をする姿を目撃していて、
船木が夕べアリバイ工作をするために自分の部屋に来て、
睡眠薬入りのビールを飲ませて寝かせそのスキに鮎子を殺したかもしれないと疑惑を持ちはじめる。



そんな中、しのぶが「死ね!」と書かれた紙は男性陣の注目を集めるための
自作自演だったことを奈津子に告白する。


京都お見合いツアー殺人事件・死の切文字が祇園に舞う!



鮎子が昨夜は男と一緒だった事を知っていて、夕食後にその事を詳しく話すと約束した。
ところが奈津子がしのぶの部屋を訪ねても不在で、しのぶは毒殺されていた。


しのぶの部屋には「△ コーヒーブラック タバコの銘柄」と書かれたメモが残されており、
どうやら犯人が誰か気がついたために殺されたようだ。



鮎子としのぶを殺した犯人がつかまらないままツアーは終了し羽田に戻ってきた。
奈津子と船木、参加者たちは皆、しのぶの通夜に出た。


京都お見合いツアー殺人事件・死の切文字が祇園に舞う!



しのぶはツアー初日に引っ越し屋の社長息子から交際を申し込まれて、
その事を喜んで母親に報告していたという。
相手の男性は参加者の中に該当する人物はいないはずだが、
百合子が沢田が大手引っ越し会社の社長息子だと明かした。


京都お見合いツアー殺人事件・死の切文字が祇園に舞う!



百合子は唯一職業を隠しており、沢田の素性を知っていたり、
船木を危険な男と見ていたりと謎が多い女である。



通夜の席で、参加者で写真を撮りまくっていた細川が
自分のカメラに何かヒントになるものが写っていたかもしれないと発言し、
弔問に訪れたツアー参加者の注目を浴びた。



その後、細川が出張先の京都で毒殺、百合子が京都に居て疑われる。
奈津子は百合子の部屋へ招かれ、時刻表を見せられ細川を殺害しても
朝の出勤時間までには東京へ戻れることを説明し、
京都にいた自分だけでなく誰にでも殺す可能性があることを示唆した。




これまで自分のことを話さなかった百合子だったが、
自分は売れない女優で沢田と関係があったことを奈津子に告白した。
奈津子の誘いでツアーに参加した沢田は、しのぶに交際を申し込んだが、
百合子はしのぶを殺したのは自分ではなく、奈津子に話したことで沢田を諦められたと話す。


京都お見合いツアー殺人事件・死の切文字が祇園に舞う!




奈津子が帰ろうとマンションを出たところ、船木とバッタリと鉢合わせる。
ツアーの時から、鮎子と顔見知りなのを隠していたり、
船木の入れてくれたビールを飲んだ後に激しい睡魔に襲われたりと、
奈津子は船木に好意を持ちながらも、疑いの目を向けていた。



奈津子は細川の自宅を訪ねたが、彼の妹は遺品の中にはカメラはなかったという。
このとき妹は二年前にひき逃げの現場を細川が撮影していたことを思い出した。
ひき逃げされた女性には女友達がいて、彼女が血相をかえて細川宅に
電話を借りに来たのだが、彼女が今回のツアーに参加していたと細川は語っていた。



そこへ今回の事件を担当していた狩矢警部(竜雷太)が来て、
行き詰っていた捜査の突破口になるのではないかと二年前の事件を調べることになった。
神奈川県警の協力もあり、はねた車が白色で持ち主が石倉だと判明する。
死亡した女性の友人で、細川の家に電話を借りにきた女性は秋子だった。


京都お見合いツアー殺人事件・死の切文字が祇園に舞う!



その頃、船木が自動車事故を起こし入院をしてしまう。
見舞いへ行った奈津子は、船木からこれまでの経緯を明かされた。


船木と鮎子はテニス仲間で顔見知りだったが、見合いツアーの手前それを伏せていた。
船木は鮎子が石倉と恋人であると知っていたので、鮎子が殺されてまず石倉を疑った。
そういえば、初日に観光をしているときに石倉と鮎子がペアウォッチをしていて
恋人同士じゃないかと疑われていた。


船木はひとりで事件を調べているうちに、今回の事故にあったのだという。
夜道、突如として現れた白い対向車は自分を狙っていたと話す。


京都お見合いツアー殺人事件・死の切文字が祇園に舞う!



慕っていた船木の容疑が晴れ、奈津子は船木のくれた情報をもとに推理してみる。



しのぶの部屋に残されていた△マークは三角関係を表していて
それは鮎子と石倉であることは確定的だが、あともうひとりがわからない。
しかし、秋子がたばこを切らした石倉にさっとタバコを差し出したのを思い出して、
もうひとりが秋子だとわかった。
しのぶは秋子が石倉のタバコの銘柄やコーヒーをブラックで飲むことを知っていたことから、
石倉をめぐって秋子と鮎子が三角関係にあることに気がついたのではないか。



奈津子は秋子にそのことを確かめた。
秋子は二年前に友達がひき逃げされ細川の家に電話を借りに行ったこと、
事故の1年後に撮影した写真から車のナンバーが割れ、持ち主が石倉であり、
自首をすすめたことなどを認めた。


だが、1年間罪の意識に苦しんでいる石倉を秋子は許し以後会っておらず、
恋愛関係にはないと否定され、それ以上追及することは出来なかった。



京都お見合いツアー殺人事件・死の切文字が祇園に舞う!



鮎子が殺された時、石倉にだけ完璧なアリバイがある。
フロントに電話をかけた女性が彼の協力者なのだろう。
それは、やはり秋子以外に考えられないが、
一体どうやって鮎子を心臓まひで殺すことが出来たのか謎が解けなかった。



奈津子が髪の毛を乾かしていると百合子から電話がかかり、
急いで受話器を取り上げたときにドライヤーを水槽に落としたことで、
鮎子がなぜ心臓まひで死んだか謎が解けた。



事件の翌日、ホテルの女中が誰かが配線むき出しのドライヤーを
ゴミに捨てたと言い奈津子のところへ持ってきたことを思い出した。
犯人は鮎子を浴槽につけ、ドライヤーを湯につけて感電死させたのだ。



その後、ツアー参加者が久しぶり琵琶湖で再会した。
百合子は横山と結婚することになったと報告していると、れい子と柳も婚約したことが明らかになり、
事件続きのツアーから二組のカップルが誕生した。



京都お見合いツアー殺人事件・死の切文字が祇園に舞う!



そして、彼らを祝福することになり、石倉がシャンパンを配って歩いた。
その時、奈津子は石倉が秋子を殺そうとしていることに気がつき、
秋子に渡したシャンパンを飲んでほしいと要求した。
石倉はそれを飲めるわけもなく、逃亡を試みるが待機していた狩矢らに捕まった。


京都お見合いツアー殺人事件・死の切文字が祇園に舞う!



狩矢は秋子が捨てたドライヤーを証拠の品として持参し、石倉が自供したと伝えると、
ついに自分の罪を認めた。


秋子は友人をひき逃げした石倉を愛してしまい、口を噤む代わりに結婚を要求していた。
しかし、石倉は鮎子という恋人を作ってしまい、秋子は鮎子を殺そうと今回の事件を計画する。
石倉は秋子が鮎子を殺したのではないかと思いながらも、
ひき逃げがばれるのを恐れて告発することが出来なかった。



京都お見合いツアー殺人事件・死の切文字が祇園に舞う!



ツアー初日の夜、氷に睡眠薬を仕込んだのは秋子だった。



秋子は自分も睡眠薬が効いて寝たふりをしていたが、
夜中の二時頃に鮎子と会い睡眠薬で眠らせて風呂に入れると、
コードがむき出しのドライヤーを水に突っ込み感電死させた。
鮎子の口にタオルの糸くずがあったのは、
叫び声をあげないようにタオルを押し込んでおいたからだ。


京都お見合いツアー殺人事件・死の切文字が祇園に舞う!


秋子は石倉が疑われないように、奈津子の名を語ってフロントに電話をかけ、
石倉が寝ている姿を目撃させ確かなアリバイを作った。


その後、しのぶが秋子と石倉の関係を知ったことで、
秋子は友人のしのぶまで殺してしまう。



しのぶの通夜の席で、細川は二年前の事故で秋子と会った時のことを思い出した。
そのことを話されるのを恐れ、彼も毒殺してしまった。



奈津子と船木事の仲は事件の真相を探るうちにその距離が縮まってきていた。






高知お見合いツアー殺人事件 (光文社文庫)





関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント