Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2018-11-11 (Sun)

ついに悲願達成!鹿島アントラーズがアジアを制覇 20個目のタイトルは欲しかったACL

鹿島アントラーズ、ACL優勝おめでとう!


ここまでの道のり長かった・・
国内で圧倒的なタイトル数を誇る鹿島が唯一手に入れていなかったアジアのタイトル。
主要タイトル獲得数も20個となりました。
節目となる20冠目がのどから手が出るほど欲しかったACLとは運命的な巡り合わせを感じます。



鹿島アントラーズ ACL優勝



■ACL 決勝 第2戦 鹿島アントラーズ 0-0 ペルセポリスFC
2018年11月10日(土) アザディスタジアム 24:00キックオフ/100,000人

【スタメン】
GK クォン スンテ
DF 西 大伍、チョン スンヒョン、昌子 源、山本 脩斗
MF 三竿 健斗、レオ シルバ、土居 聖真、安部 裕葵
FW セルジーニョ、鈴木 優磨


【控え】
GK 曽ケ端 準
DF 安西 幸輝、犬飼 智也
MF 永木 亮太、遠藤 康、小笠原 満男
FW 金森 健志


【交  代】 68分 土居 → 安西、78分 鈴木 → 永木、90分+3 安部 → 金森




ダイジェストでしか見れなかったのですが、ACL決勝前にあったセレッソと柏戦、
若手主体のチームで2連勝してチームとしてこのタイトルにかける意気込みを感じました。


イランでは10万人の大観衆の中試合が行われましたが、テレビ越しにもその独特なこれまで味わったことのない
アウェー感がすごかったですね。
ホームで2-0で勝ち越していることや、ペルセポリスのスタイルを見て恐れることはないと思ってましたが、
実際に試合が始まると優位に立っているとわかっていながらも鹿島側に選手が寄せてくると画面を凝視できず、
心臓に悪い90分間で落ち着かなくて何度トイレに立ったことやら。



終わってみれば思ってた以上に相手は前がかりには来なかったし拍子抜けする感じもあって、
緊迫感がありながら戦況を見ていた気持ちと相反するものでちょっと不思議な感情が自分の中にあった。
とはいえ、冷静に試合を見れなかったので、試合全体はあとでゆっくり見直してみようと思っています。
試合終了間際から最後まではすでに何度も見返していてその度に涙腺が緩んでしまっているんですけどね(^^♪




試合が終わって鹿島の優勝が決まったときも、優勝した嬉しさはあるもののすぐには実感がわかなかった。
ACLに関してはこれまで何度も挑戦してダメだったのに、今年はけが人も多く1年を通して安定した戦い方が出来なかったのに、
なぜか今年だけはうまい具合に勝ち抜けてきてとうとう優勝してしまった。



国内の試合では大事なところでころりと負けることもあったのに、本当にどうしたことかACLだけは
鹿島に獲って下さいといわんばかりの展開に見えたな。



そしてなんといっても感動したのはトロフィーを受け取った昌子が満男にそれを手渡して満男が高く掲げたところ。
やっぱりこういうところは満男が一番絵になります!!
そのあとすぐにソガに渡して、鹿島って本当にいいチームだなぁと胸が熱くなりました。



しかし、スンテがACL三度も優勝してるって本当にすごい。
やはり大一番に慣れているだけあって、この人の存在がいかにチームを落ち着かせているかっていうのが伝わってきた。


シーズン途中で植田と金崎、ペドロが移籍して、スンヒョンとセルジーニョが加わったのだけど、
この入れ替わりがいい具合に効いている感じがしました。
もちろん植田と金崎は好きな選手ですし、彼らの活躍もあったからこその初制覇と思っていますけれど、
セルジたちがすぐにチームに慣れて活躍してくれたのは嬉しい。



それと大岩監督。
私は大岩は去年で終わりで今年は経験のある監督を連れて来てほしいと思っていたので、
大岩ではタイトルは獲れないと思っていたんですが、まさかACLをとってしまうとは。
昨日は大岩の涙を見て彼も相当なプレッシャーを感じながらチームを率いていたんだなと伝わってきて、
なんかジーンと来るものがありました。



そういやアジアの大会と言えば以前はA3なんていうのもありましたね。
鹿島が優勝した最初の年は国立に全試合見に行ったけど、確かあの年に大岩は磐田から鹿島に移籍してきたんですよね。


さて、これでACL優勝したのでCWCへの出場権を手にしたのでここでも優勝をしたいですね。
今の鹿島ならそれが出来ると思っています。


まずはその前にリーグと天皇杯があるので目の前の試合を勝ちに行って、リーグでは2位を天皇杯はもちろん優勝を。



応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント