Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2018-11-12 (Mon)

「エアロビクス殺人事件・女の変身美容教室」 (1983年)

エアロビクスの女王と言われる女が突然殺された。
彼女には派手な男性関係が噂されていたが・・・。



●「エアロビクス殺人事件・女の変身美容教室」 1983年11月12日  
脚本: 須川栄三
音楽: 甲斐正人
監督: 斎藤武市
制作: 東宝映像
出演: 松尾嘉代、佳那晃子、荻島真一、
菅原謙次、二宮さよ子、高沢順子、橋本功ほか






花岡愛(松尾嘉代)は、テレビのセックス体操から身を起こし、
今や全国に40もの教室を持つエアロビクス界の女王。

愛の成功は恋人でもあるマネージャー・西木(荻島真一)の手腕によるところが大きい。
41か所目の横浜スタジオのオープン当日、愛の絞殺死体がロッカーの中から発見された。


プライドが高くライバルを蹴落とす激しい性格から敵も多かった。
新参インストラクターの千晶(佳那晃子)とは主導権争いを展開中であり
西木と千晶は深い仲になっている。


ダンス教室のチーフ指導員・花子(高沢順子)は、関西の実業家と組んで独立をはかったが、
西木たちにその計画をつぶされており愛を深く憎んでいた。


愛もまた西木をさしおいて、運送会社社長・戸村(菅原謙次)と組んで、
事業の拡張を計画中であった。
戸村とも愛人関係にあるからか、その妻・美紀(二宮さよ子)からも恨みを買っている。


西木は愛の後継者として千晶を支持するが、西木は殺人容疑で逮捕されてしまう。







応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント