FC2ブログ
2018/11/25
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「仮面の人形・アスレチッククラブの女 30億の財産を狙う知的犯罪」 (1989年)

category - 土曜ワイド劇場
2018/ 11/ 25
                 
見たいと思っていたら某所にあがっていて無事に見ることが出来ました。

こちらも去年の11月なんとなく気になって記事にしてみたのですが
強く願ったりブログに書いていると自然と見れるような状況になる。


ありがたいです。



●「仮面の人形・アスレチッククラブの女
三十億の財産を狙う知的犯罪」  1989年11月25日  
脚本: 柴英三郎
音楽: 小六禮次郎
監督: 池広一夫
制作: 松竹
出演: 山本陽子、田村亮、高橋悦史、水野久美、
白川和子、仲谷昇、岩本千春、土屋嘉男ほか



仮面の人形・アスレチッククラブの女 三十億の財産を狙う知的犯罪




望月光子(山本陽子)は女優時代いくつもの浮名を流し何度かの結婚もした。




二年前、親子ほど歳の違う財界の大物と最後の結婚し女優を引退したが
その一年後に夫が他界すると光子は莫大な財産を相続した。




衰えない美貌と財力を手にした光子には何人かの男たちが近づいてきたが
光子は夫の死亡後は心を閉ざし一人でマンションにこもるようになっていった。
通いの家政婦・タキ(町田博子)が身の回りの世話をして
彼女が帰るとマイコン仕掛けの人形相手に孤独な夜を過ごし
これまでの華やかな生活が嘘のような日々を送っていた。



仮面の人形・アスレチッククラブの女 三十億の財産を狙う知的犯罪




光子を心配した友人の華世(水野久美)はアスレチッククラブに入会させた。
クラブのオーナー・南雲(高橋悦史)は会員の女性たちに
ホストクラブのママ・初江(白川和子)が連れてきたホストたちを提供し
アバンチュールの場を提供していた。



この日もひと汗かいた後に初江の手配で華世たちとホストが横浜へ繰り出そうとする。
華世は光子も誘うが、案の定光子はそれを拒否して車で帰ろうとした。
ところが、持病のめまいを起こし乗る寸前に倒れてしまう。




そこへ、大卒で実力派のホスト中原五郎(田村亮)が駆けつけて光子をかかえて
車に乗せるが意識を取り戻した光子から「触らないで!」と激しい拒絶にあった。



仮面の人形・アスレチッククラブの女 三十億の財産を狙う知的犯罪





五郎は光子の莫大な財産を狙い彼女に近づこうとしてたところだが
その矢先に初江や後輩ホストたちの面前でNO.1ホストのプライドをズタズタにされ
何がなんでも光子の全てを手に入れることを誓った。



ところが南雲は高校時代の友人で経営するバーの客でもある会社社長・大川守正(仲谷昇)が
光子に惚れているといい五郎は大物ライバルの存在を知る。




結局、光子の車は華世が運転し彼女を自分の夫が経営するメンタルクリニックまで連れていった。
華世の夫・竹内(土屋嘉男)はさっそく光子を診察するが質問が男性関係に及ぶと
光子は激しく動揺しクリニックを飛び出して行った。



仮面の人形・アスレチッククラブの女 三十億の財産を狙う知的犯罪



光子は竹内と華世夫婦から大川を紹介され自分に好意を寄せる大川を
次第に愛するようになっていった。




だが、光子は夫の死後に一夜の情事を持った時に不感症になり
女性としての自信を失っていたのだ。
それに男には度々裏切られてきた過去もある。
そのために大川の愛を受け入れることが出来なかった。



その夜、光子は人形から「あなたは男に惚れっぽくて大川と一緒になったら
きっとまた傷つく」と予告をした。




二日後、華世夫婦の計らいで大川と四人でゴルフを楽しんだ。
部屋に閉じこもっていた光子は久しぶりに外の空気を吸い
好意を寄せ始めた大川とのゴルフを心から楽しんだ。



後日、華世が大川を伴ってマンションへやってきた。





大川はバラの花束を手にして、結婚を前提につき合ってほしいと
正式にプロポーズするが女としての悦びが得られなかった光子は
大川との関係でも感じることが出来ないかと不安に思い別の部屋へ逃げ出してしまう。


仮面の人形・アスレチッククラブの女 三十億の財産を狙う知的犯罪



プロポーズの返事をもらえなかった大川は断られたのではないかと危惧するが
華世は光子の本当の気持ちを察していた。
そして、40歳を目前とした光子が更年期障害に陥るのを危惧し
光子に大川を受け入れるようアドバイスをする。




久しぶりにアスレチッククラブで泳いだ光子に五郎が接近してきた。
これまで五郎を無視してきた光子は突然五郎を横浜に行かないかと誘う。



光子は一回五万円で自分とデートしてくれるよう取引を持ち掛けた。
ただし指一本触れてはいけないと宣言する。


五郎は光子からの申し出を受け入れ二人は食事をしに街へ繰り出した。



仮面の人形・アスレチッククラブの女 三十億の財産を狙う知的犯罪


クラブへ帰った五郎は、命令に背いたことから南雲の指示でヤキを入れられるが
必ず光子の全てを手に入れることを宣言し南雲も五郎に協力することになった。


南雲は店に来た大川から光子にプロポーズしたことを聞き出し
初江とともに祝福する素振りを見せた。



あれ以来、光子はアスレチッククラブでも堂々と五郎とデートを楽しむようになった。
そんな光子を周囲の者たちは、結局は五郎の魅力に負けたただの女だと噂した。



心配した華世は光子にそのことを告げるが、男娼とバカにしていた五郎に
体は許していないと話した。
光子がデートの相手に五郎を選んだのは彼がプロの男だから
本気で惚れるはずがないという余裕からだった。


華世からそれを聞いた竹内は大川という魅力的な男性にプロポーズされ
光子は精神的コントロールを失い下降願望があるのかもしれないと分析する。


光子が五郎を連れて歩いていることが大川の耳にも入った。


ある夜、神妙な顔をした大川が南雲の店へやってきた。


仮面の人形・アスレチッククラブの女 三十億の財産を狙う知的犯罪



彼は五郎が初江のホストクラブの男であり裏で南雲と組んでいることを知らない。
南雲は大川に五郎よりも社会的地位も財産もある大川が負けるはずがないと励ますが
大川は会社の経営がうまくいっておらず破産寸前なことを打ち明け協力を求めてきた。


大川もまた光子の莫大な財産目当てで近づいてきた男のひとりだった。


南雲と五郎は大川へ惹かれる気持ちから逃避するため光子が五郎を選んだため
その心理を利用し明日の光子とのデートの現場に大川を乗り込ませるよう計画を立てた。



翌日計画通り南雲のエスコートで箱根にやってきた大川に
五郎は光子は大川のプロポーズを受けいれたい気持ちがあり
自分はそれをごまかすために利用されているだけだと話した。



仮面の人形・アスレチッククラブの女 三十億の財産を狙う知的犯罪



帰りの車中、これまで隠していた自分の本心を見抜き
大川にそれを明かしてしまった五郎に光子は契約の打ち切りを宣言し
山道の途中で強引に五郎をおろして帰ってしまった。



光子の本心を知った大川は、南雲の付き添いで結婚指輪を買いに行った。
今の大川には高価な指輪を買うだけの資金はなく千二百万円は南雲が立て替えることにした。
大川が光子と結婚して財産が手に入れば南雲にとっても安い買い物だ。




そして竹内夫婦の立会いのもと大川はエンゲージリングを光子に渡した。
裏事情を何もしらない華世は大川から高価な指輪を贈られた光子を祝福する。


これを受けて南雲は大川と手を組むため五郎に光子から手を引くように要求してきた。



仮面の人形・アスレチッククラブの女 三十億の財産を狙う知的犯罪



五郎はこの仕事をしくじったら商売道具の顔を傷つけてもいいと言ったが
今なら手荒なことはせずに見逃してやるという。



しかし、人生を賭けて光子の全てを狙う五郎がすんなりと諦めるわけがない。



一方、大川との結婚を決めた光子は孤独な夜を慰めてくれた人形から
大川との結婚生活でも不感症が出てしまい女性として破滅するという
悪夢にうなされ眠りにつくことが出来なかった。



苦痛にさいなまれた光子はたまらずクビを言い渡した五郎に電話した。



仮面の人形・アスレチッククラブの女 三十億の財産を狙う知的犯罪


マンションに来た五郎に光子は二百万円の小切手を渡し自分とベッドを共にするよう頼む。


五郎は自分を好きになったから抱いてほしいのかを確かめるが光子は答えない。
またしても自分を大川との関係のために利用するだけだと悟った五郎は
小切手を破り捨て今度呼ぶときは素直に抱いてほしいと言えと言い残し部屋を出ていく。


そんな二人のやり取りをあの人形だけが冷たい表情で見つめていた…。




結局、光子は女としての自信を取り戻せないまま婚約披露パーティーの日を迎えた。
多くの招待客が集まり、光子は久しぶりに華やかな舞台の主人公となった。



ところがそこへ五郎が乗り込んできた。





五郎は自分との関係を知らない大川にボスが南雲であり
自分はコールボーイクラブの人間であることを明かした。



五郎のことは知らないとしらばっくれる南雲をよそに
光子に南雲が操っていたのは自分だけでなく大川も一緒で
大川の会社が破産寸前であり光子の財産から事業資金を引き出すことが目的で結婚することを教えた。


仮面の人形・アスレチッククラブの女 三十億の財産を狙う知的犯罪



五郎は光子と大川がベッドを共にしたときから金の話が始まるだろうと言う。
これまでも散々男には裏切られてきた光子に同じ過ちを繰り返すのかと迫る。


竹内と華世は大川の財政状態まで知らず、まさか財産目当てに結婚を考えているとは
思いもよらずショックを隠せない。



光子は薬指から指輪を外すとグラスに捨て大川との関係に終止符を打った-。



その夜、大川の裏切りで心を痛め放心状態で休んでいた光子の部屋へ
南雲のクラブのホステスで五郎と肉体関係がある千春(岩本千春)がやってきた。


彼女は裏切り者の五郎が南雲たちに監禁されているために
身代金の五千万円を用意して五郎を助け出して欲しいと頼み込んだ。


千春は五郎が本気で光子を愛したためにパーティーへ乗り込んだのだという。


仮面の人形・アスレチッククラブの女 三十億の財産を狙う知的犯罪



光子はその言葉に心を動かされ、金を用意して監禁場所の店へ向かう。
しかし、それは南雲たちが金を引き出すために仕組んだ芝居だった。
大川が失脚した今、光子から金を引き出せる人物は五郎しかいない。



光子は五郎と二人きりになると好きだと告白して抱いてほしいと要求する。


この瞬間、五郎は勝負に勝った。


あれほどかたくなに男性を寄せ付けなかったプライドの高い光子が
初めて男娼の五郎に我を忘れて抱いてほしいと迫ってきた。
ふたりはその場で結ばれ、翌日の昼再び会う事を約束し別れた。



全く落とせないと思っていた光子をついに手に入れた五郎に
南雲も初江も驚いていた。
これからいくら光子から引き出そうかとつぶやく南雲に
五郎は惚れた女からは金を引き出せないと拒否した。



勝負に勝ったのは五郎ではなく光子だったのだ。
光子は再び女の悦びを味わい自分を心から愛してくれる五郎という男を得た。



しかし、南雲がそれを許すはずがない。
五郎にナイフが突きつけられる…。



そして、約束の時間になっても光子の部屋には五郎はやってこなかった。



仮面の人形・アスレチッククラブの女 三十億の財産を狙う知的犯罪


数か月経っても五郎の行方はわからないまま
光子は五郎と出会う以前の生活に戻っていた。



部屋に閉じこもりマイコン仕掛けの人形だけが彼女の唯一の話相手だった。



人形が光子の心のうちを代弁するように「淋しい」と喋る。




//////////////////////////////////////////////////


予想通りオシャレで大人の雰囲気があり最後の後味の悪さも含めて面白かったです。


しかし、セリフから考えて山本陽子が39歳くらい(?)の設定なのだが30代は無理がありすぎ。
それでもさすが女優さん、水着シーンもあるのだが普通の40代に比べるとすごくお綺麗で色っぽい。


こうなってくると山本陽子が出演したカトリーヌ・アルレーものなど
過去作品がより見てみたくなります。


(2019年5月1日 更新)




夜ごと、人形とささやきを交わす未亡人と、その莫大な財産を狙う
男たちの凄まじい駆け引きを描く。



●「仮面の人形・アスレチッククラブの女
30億の財産を狙う知的犯罪」  1989年11月25日  
脚本: 柴英三郎
監督: 池広一夫
制作: 松竹
出演: 山本陽子、田村亮、高橋悦史、水野久美、
白川和子、仲谷昇、岩本千春、土屋嘉男ほか


仮面の人形・アスレチッククラブの女


かつての大スター光子(山本陽子)は大富豪だった夫の死後、
それまでの華やかな生活が嘘のように、マイコン仕掛けの人形とひっそりと暮らしていた。


友人の華世(水野久美)はそんな光子を心配し、ホストクラブの青年たちの遊び場でもある
アスレチッククラブに入会させた。

南雲(高橋悦史)が経営するこのクラブは、ホストクラブのママ・初江(白川和子)が
連れてくる青年たちとのアバンチュールを楽しむ場でもあった。

ある日、初江がNO.1の五郎(田村亮)を連れてきた。
光子は見向きもしなかったが、五郎は「光子の心も財産も全部いただく」と豪語した。





仮面の人形・アスレチッククラブの女


そんな光子に会社社長の大川(仲谷昇)がプロポーズしてきたが、
光子の人形は「あなたはきっと恋をして傷つく」と不吉な予言をする。

それを聞いた光子は突然、五郎を呼び出すとある契約を結んだ。




//////////////////////////////////////////////////



これは原作なしのようだが、山本陽子と田村亮が出演とあり
なんとなくアルレー臭がする。


柴英三郎×池広一夫も「銀の仮面」が印象的で、
海外作家のドラマ化の雰囲気がプンプンしますね。



80年代も終盤になると緩めの作品も多くなってきた頃ですが、
これはそういう事からも期待できるような気がしています。




関連記事
スポンサーサイト



                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント