FC2ブログ
2018/11/28
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

BON JOVI 「THIS HOUSE IS NOT FOR SALE 2018 TOUR」@東京ドーム

category - 音楽・ライブレポート
2018/ 11/ 28
                 
5年ぶりに東京ドームへボン・ジョビの来日公演を見に行ってきました。
これまで単独じゃないものも含め、彼らのライブへは何度足を運んだことか。



東京ドーム ボン・ジョビ 2018年日本公演




ちょいと余裕をこいてしまい、着いた時には予想通りの混雑で、
屋外のグッズ売り場は長蛇の列。


東京ドーム



あきらめて仕方なく中へ入ると会場内のグッズ売り場は
10~15分待ち程度で購入できるとのこと!
ということで、ツアーパンフを買いました。



■BON JOVI THIS HOUSE IS NOT FOR SALE 2018 TOUR
2018年11月26日(月) 東京ドーム
17:30開場  19:00開演


予定時間ちょうど位に始まったライブ。
海外アーティストのライブというと昔は「いつ、はじまんだよ~」って感じでしたが、
このところはさしたる遅れもなくはじまるので時間が読みやすい。



東京ドーム ボン・ジョビ 2018年日本公演



今回のライブの演奏曲は下記のとおり。


This House Is Not for Sale
Raise Your Hands
You Give Love A Bad Name
Whole Lot of Leavin’
Lost Highway
Runaway
Roller Coaster
When We Were Us
Born to Be My Baby
It’s My Life
God Bless This Mess
We Don’t Run
Keep the Faith
Bed of Roses
Lay Your Hands on Me
Who Says You Can’t Go Home
I’ll Sleep When I’m Dead
Bad Medicine

アンコール

We Weren’t Born to Follow
Blood On Blood
I’ll Be There For You
Wanted Dead or Alive
Livin’ on a Prayer



東京ドーム ボン・ジョビ 2018年日本公演



3曲目では彼らの名が広く知れ渡った初の全米No.1ソング
「You Give Love A Bad Name」というこれまた魂が震え上がる名曲が演奏された。


東京ドーム ボン・ジョビ 2018年日本公演




オールドファンの自分にとってはやはり全盛期80年代の曲が
一番盛り上がります。



そして現在から過去にカウントダウンしていき1983年で止まると
デビューシングル「Runaway」へ。


心憎い演出と懐かしい曲に酔いしれましたが、
これをやるなら是非「She Don't Know Me」もやってほしかった。



東京ドーム ボン・ジョビ 2018年日本公演



「Born to Be My Baby」の次の「It’s My Life」も異様に盛り上がったが、
若いファン的にはここらあたりから入った人が多いのかな?


よく「It’s My Life」は大ヒット曲と表現されるが、
私としてはすでに全盛期が終わっていた印象がある。
商業的にもシングルやアルバムで1位(ビルボードの)がとれなくなっていた頃だし。


まぁともかく、若いファンをも巻き込み会場内は大興奮状態となっていた。


ボンジョビのファン層は若い世代も多いので、
全盛期からのファンだけでないことで
これだけの動員数を誇れるのでしょうね。



「Bad Medicine」ではステージの両脇に赤十字マークが。


東京ドーム ボン・ジョビ 2018年日本公演




アンコールは長めで、ラストにきてこれまた私の好きな曲が。


地味だけど「Blood On Blood」

「I’ll Be There For You」「Wanted Dead or Alive」と80’sの曲が続きます。



東京ドーム ボン・ジョビ 2018年日本公演




そして、最後は「Livin’ on a Prayer」で会場は大合唱。
この曲を聞くたびにリッチー・サンボラを思い出してしまう。
やはり全盛期のメンバーでライブが見たかった。


それと「Never Say Goodbye」もやってほしかったなぁ。
あの曲すんごく良くて大好きなんだけど。
ツレの話では前回もやらなかったと言っていたので、
次回はぜひぜひ演奏を!



終わってみれば21時半と約二時間半という長丁場でした。


アーティストの日本のファンに満足してもらおうという
意気込みが伝わってくるライブでとても満足して帰ることが出来た。


東京ドーム




帰り道、ツレが


「五年ぶりってことは、1回逃すと五歳年を取るってことだね。」って言葉が
胸に刺さり、やはり行きたいものはチャンスを逃さずに行かねばと決意を新たにしました。






関連記事
スポンサーサイト



                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント