FC2ブログ
2018/12/11
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

松本清張の「鉢植えを買う女・上浜楢江32歳、寂しい女の予期せぬ完全犯罪」 (1993年)

category - 土曜ワイド劇場
2018/ 12/ 11
                 
松本清張の一周忌の特別企画。
社内の人間に金を貸していたハイミスOLに近づいてきた男性社員。
その目的はOLの貯金だった…




●松本清張スペシャル
「鉢植えを買う女・上浜楢江32歳 寂しい女の予期せぬ完全犯罪
もうあなたを離さない…」  1993年12月11日
原作: 松本清張  『鉢植えを買う女』  影の車: 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫プレミアム) 収録
脚本: 吉田剛
音楽: 小六禮次郎
監督: 出目昌伸
制作: 東北新社、霧企画
出演: 池上季実子、布施博、秋本奈緒美ほか
ナレーター: 岸田今日子





上浜楢江(池上季実子)は、シグマ精密機械の総務課に勤める独身OL。
男性社員たちは堅物で32歳のハイミスの楢江には見向きもせず、
楢江も結婚はあきらめて彼らに月20%の利子で金を貸して
着実に資産を増やし続けていくのが楽しみな人生だった。



楢江は沢山の人形や植木鉢の花を買い集めては部屋に飾り、
それらに話しかけることで孤独を紛らわしている。
男気のない楢江はその生活が続くように思われていた。



「扇の国、日本」@サントリー美術館




そんな楢江にも密かに思いを寄せる人物がいた。
相手は同期の森肇(羽場裕一)だが、
森は後輩の阿部奈緒子(秋本奈緒美)と結婚間近だった。



ある日、楢江の噂を聞きつけた経理課の杉浦淳一(布施博)が金を貸して欲しいと言ってきた。
33歳で独身の淳一は経理課に勤めるもののギャンブル狂の遊び人で
借金の返済のために何が何でも金を工面する必要があった。
しかし、金に関してはシビアな楢江は淳一の経歴から
わずかな金額しか貸せないことを告げる。



楢江は森にも金を貸していて、結婚前に森は二十万円を返済してきた。
森は楢江が万が一のために借用書のコピーを全て取ってあることを知っていて、
楢江にそのことを確かめてきた。
森に気がある楢江は結婚のお祝いにコピーを返すことを約束した。


鉢植えを買う女・上浜楢江32歳、寂しい女の予期せぬ完全犯罪




そして、最後に森に金を貸す関係は辛いことを打ち明けて
もう自分からお金を借りないで欲しいと本心を告白した。
このやりとりを淳一はひそかに立ち聞きしていた。



昼休み楢江は約束通り森に借用書のコピーを返すために
人形を買いその中にコピーを入れた。
そこへ同僚と一緒に奈緒子が通りかかりいい年をして
人形を買う楢江を笑いものにする。



楢江が人形を森にプレゼントしようとしていることを話すと、
プライドの高い奈緒子は自分から森に渡すからと言い、
楢江の手から人形をもぎ取ると公園のゴミ箱に捨ててしまった。




奈緒子たちが立ち去ると楢江はゴミ箱から人形を取り出した。
そこへ彼女のあとをつけて全てを見ていた淳一が近づいてきた。
淳一は楢江が森に好意を持っていることを知っているといい、
自分が森の代わりになってやると言った。




鉢植えを買う女・上浜楢江32歳、寂しい女の予期せぬ完全犯罪





やがて、森と奈緒子の結婚式が挙げられた。




結婚の費用などで森はローンの返済に追われ再び楢江に借金を申し込みに来た。
今回は急な申し出で金の受け渡しは業務終了後、楢江の部屋で行うことになった。
部屋で待機していた楢江の部屋に、淳一が押しかけてきた。




そこへ約束通りに森が現れたため、楢江は淳一が来ていることを隠し部屋に招き入れようとする。
だが、訪問者は森だけではなく不審な電話を受けた奈緒子も押し入ってきた。
楢江を毛嫌いしている奈緒子は森が金を借りることを快く思ってはいなかった。
夫婦は口論となり、楢江は奈緒子のプライドをズタズタにしてこれまでの仕返しをした。



謎の女を装って奈緒子に電話をし、森の行動に不信感をもたせて、
二人が鉢合わせるように仕組んだのは楢江の仕業だった。



鉢植えを買う女・上浜楢江32歳、寂しい女の予期せぬ完全犯罪



森と奈緒子が部屋から出ていくと、一部始終を聞いていた淳一は楢江の罠に気づいた。
楢江は淳一が色仕掛けで金を借りようとしていることを承知していたが、
撃退出来ずについに体を許してしまう。
これまで男に縁がなかった楢江にとって淳一は初めての男性だった。



翌日は淳一のギャンブルにつき合い50万円融資することを承諾。



鉢植えを買う女・上浜楢江32歳、寂しい女の予期せぬ完全犯罪




楢江は淳一がギャンブル好きで性質の悪い業者から借金をしていることを知りながらも、
彼にはまってしまい、次第に一人きりの生活が耐えられなくなってきた。







はじめはいい金づるが出来たと思っていた淳一も、
そんな楢江を邪魔に思うようになってきた。



そして、ある日淳一は会社の金庫から一億円を持ち逃げすると、
楢江の部屋にやってきて金を返すと言い出した。




鉢植えを買う女・上浜楢江32歳、寂しい女の予期せぬ完全犯罪



その金が会社のものだと知った楢江は返すように淳一に要求し、
大金とともにどこかへ姿をくらまし気ままに行きたい淳一との間で口論となり、
部屋から出ていこうとする淳一を過って殺してしまった。



週が明けて会社では持ち逃げ事件が発覚し大変な騒ぎとなっていた。
楢江と淳一の関係は二人以外に知る者はなく、
まさか彼女の部屋で死んでしまったとは誰も考えはしない。



楢江は総ヒノキのバスタブに淳一を隠しプランターの土で覆い
彼を永遠に自分のものにしていた。



一年後、淳一の消息は杳として知れずいつしか事件は忘れ去られていく。
楢江は郊外に土地付きの一戸建ての新居を構えて
淳一の養分を吸った土で庭を作り沢山の花を咲かせた。


鉢植えを買う女・上浜楢江32歳、寂しい女の予期せぬ完全犯罪





こうして楢江は思わぬ形で大金を手に入れ、完全犯罪を成立させた。



(2019年3月 更新)




●松本清張スペシャル
「鉢植えを買う女・上浜楢江32歳、寂しい女の予期せぬ完全犯罪
もうあなたを離さない」  1993年12月11日
原作: 松本清張  『鉢植えを買う女』  影の車: 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫プレミアム) 収録
脚本: 吉田剛
監督: 出目昌伸
制作: ギャラクシーワン
出演: 池上季実子、布施博、秋本奈緒美ほか



松本清張の鉢植えを買う女




ベテランのOL上浜楢江(池上季実子)は、親しい友人もなく
都会で金だけを頼りに孤独な生活を営んでいた。
これまでコツコツと貯めた金を会社の同僚たちに貸しては、
利子を取り財産を増やし続けている。


その金で人形や植木鉢の花を買い集めては部屋に飾り、
それらに話しかけることで孤独を紛らわしている。
男気のない楢江はその生活が続くように思われていた。



ところが、ある日経理課の社員・淳一(布施博)が楢江に近づいてきたことから、
地味だった彼女の生活が大きく変化していく。

松本清張の鉢植えを買う女




彼の狙いは楢江がため込んでいる金だった。
淳一はギャンブル狂であり、楢江は淳一と付き合う事で
女として開花しながらもやがては人生を狂わされていく…。






影の車: 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫プレミアム)






※※※ 松本清張作品記事一覧 ※※※


■ 「ガラスの城」

■ 「声・ダイヤルは死の囁き」

■ 「顔・死の断崖」

■ 「犯罪広告」

■ 「聞かなかった場所」

■ 「種族同盟・湖上の偽装殺人」

■ 「紐・恐怖の大回転遊覧車」

■ 「帝銀事件・大量殺人!獄中三十二年の死刑囚」

■ 「地の骨・犯罪大学・入試問題を拾った女」

■ 「駆ける男」

■ 「白い闇・十和田湖偽装心中」

■ 「小さな旅館」

■ 「死んだ馬・殺人設計図」

■ 「山峡の章・みちのく偽装心中」

■ 「地方紙を買う女・昇仙峡囮心中」

■ 「書道教授・消えた死体」

■ 「風の息・事故か!謀略か!もく星号三原山墜落の謎」

■ 「事故・国道20号線殺人トリック」

■ 「駅路・謎の伊勢路殺人旅行」

■ 「危険な斜面・白骨になった女」

■ 「殺人行おくのほそ道」

■ 「寒流・銀行を手玉にとった女」

■ 「溺れ谷・蜂は一度刺して死ぬ!」

■ 「連環・偽装心中をあばく女」

■ 「熱い空気・家政婦は見た!夫婦の秘密」

■ 「断線・新妻を棄て、愛人を殺し年上の女と心中した男」

■ 「葦の浮舟・奥飛騨―東尋坊密会の旅」

■ 「証言」

■ 「高台の家・美しい未亡人の妖しいサロン」

■ 「黒い樹海・京都密会の旅殺人事件」

■ 「黒い空」

■ 「数の風景」

■ 「一年半待て」

■ 「霧の旗・獄死した兄は真犯人じゃない! 女の肉体を賭けた復讐の旅立ち」

■ 「鉢植えを買う女」

■ 「状況曲線・巨大談合組織の黒い殺人!男と女が欲望の罠にはまる…」

■ 「黒い樹海・姉の金沢不倫旅行が連続殺人を呼ぶ!」




関連記事
スポンサーサイト



                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント