FC2ブログ
2005/06/30
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「結婚・結婚詐欺師が手玉にとった5人の女!」 (1984年)  井上光晴 『結婚』

category - 土曜ワイド劇場
2005/ 06/ 30
                 
ハイミスを手玉に取る結婚詐欺師とそれを追う探偵。
被害者の女たちの様々な人生を交錯させて描くサスペンス。


●「結婚・結婚詐欺師が手玉にとった5人の女!」  1984年6月30日
原作: 井上光晴  結婚 (1982年)
脚本: 大野靖子
音楽: 佐藤允彦
監督: 富本壮吉
制作: 大映映像
出演: 小林桂樹、風吹ジュン、田中邦衛、木内みどり、梶芽衣子、
結城しのぶ、ちあきなおみ、吉田未来、丸山秀美ほか


結婚



海岸に独身OLの水死体が漂着した。
被害者のレズ仲間・花子(木内みどり)から死因を調査された
探偵の半城(田中邦衛)は、事件の背後に元教師の鳥屋(小林桂樹)と、
相棒の富子(梶芽衣子)の存在を嗅ぎつけた。



鳥屋と富子は5人の女を手玉に取る結婚詐欺師だった。





ラテ欄では記載がないが、土曜ワイド劇場7周年記念作品4本のうちの1本目として放送された。
そのため、豪華な出演陣となっている。


この頃は、裏番組でTBSの「ザ・サスペンス」があったため、視聴率競争も熾烈を極めていた時期で
どちらもライバルに負けないよう力作を送り出そうとして頑張っていた。
そのおかげで土曜ワイド劇場、ザ・サスペンス合わせて視聴率30%以上を超えていたという。


結局、「ザ・サスペンス」は短命で終わり姿を消すのだが、マンネリと言われながらも
まだ二時間ドラマに勢いがあった良い時期でしたね。


ちなみに7周年作品の残りの3つは以下の通りです。


「松本清張の証言」   (1984年7月7日放送)

「東北新幹線殺人事件」 (1984年7月14日放送)

「動機なき連続殺人」  (1984年7月21日放送)







関連記事
スポンサーサイト



                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント