Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2019-01-18 (Fri)

「新宿ラブストーリー事件簿・美人通い妻殺人! 不倫エリート助教授の秘密」 (1992年)  シリーズ第1弾

殺人事件を追う刑事と女記者の活躍をコミカルタッチで描く。
「新宿ラブストーリー事件簿」の第1作目。


●「新宿ラブストーリー事件簿・美人通い妻殺人!
不倫エリート助教授の秘密」 1992年1月18日
脚本: 中村勝行
音楽: 奥慶一
監督: 皆元洋之助
制作: 東通企画
出演: 阿部寛、叶和貴子、石橋蓮司、
稲川淳二、可愛かずみ、西田健ほか




元村大作(阿部寛)は念願叶って警官から刑事になった。



新宿ラブストーリー事件簿・美人通い妻殺人! 不倫エリート助教授の秘密






配属先の新宿東署では安岡(稲川淳二)がナイフを手にして
別れた女に復縁を迫り籠城するという事件が発生し
鬼塚伝次郎(石橋蓮司)らが現場に駆けつけていた。



大作も鬼塚を援護し安岡逮捕に貢献。
手柄を立てた鬼塚のそばには記者の篠原美鈴(叶和貴子)がいた。




美鈴は大作の隣に住んでいて相思相愛の間柄なのだが
4歳年上なことから大作の愛を受け入れるのに抵抗を感じていた。
しかも、大作は鬼塚も美鈴に愛していると知り二人の関係を公に出来ない。



新宿ラブストーリー事件簿・美人通い妻殺人! 不倫エリート助教授の秘密






安岡の事件が解決した直後、今度は殺人事件が発生。
被害者は六本木「ロワール」のホステス・桜田理香(相沢朱音)で
殺される前に情交の形跡ありO型の体液が残されていた。



部屋からは四人の指紋が検出され、前夜理香と言い争い出て行く
四十歳前後のサラリーマン風の男の姿が目撃されている。
鬼塚はその男が犯人と見て捜査を進めることにした。



理香のの手帳には火、木、水の絵文字が書かれている。
大作は男関係が激しかった理香が三人の愛人が訪問する日を記したものだと推理。




新宿ラブストーリー事件簿・美人通い妻殺人! 不倫エリート助教授の秘密







さっそく理香と仲の良かった同僚の幾島真弓(可愛かずみ)から話を聞く。
そこで理香が城南大学の助教授の大林秀明(西田健)と愛人関係にあり
結婚するつもりだと話していたことがわかった。


大林は資産家の娘・美和子(小田薫)と結婚し人気評論家でもある。
そのことからも鬼塚はうかつに大林に手を出すのをためらう。



鬼塚に内緒で事件の進捗を美鈴に話していた大作は
ある夜、二人で理香の部屋に行ってみることにした。




そこで、理香と通い妻の契約を交わしていた倉田(井出らっきょ)、
今井(笑福亭笑瓶)、小村(二瓶鮫一)と鉢合わせる。
手帳の絵文字は三人の出身地を表したものだと判明。






彼らは理香との関係は認めたものの殺人は否定。
アリバイもあったり血液型が違ったりでシロと断定され
捜査は振り出しに戻った。



大作の部屋へ美鈴が訪れた夜
「犯人は大林秀明だ」という密告電話がかかってきた。




新宿ラブストーリー事件簿・美人通い妻殺人! 不倫エリート助教授の秘密





それを聞いた美鈴は助手の青木宏美(松本南美)と
カメラマンの川村新平(美角優介)の協力を得て
大林について探りを入れ始める。








(現在元記事の一部のみ公開しています)









************ 新宿ラブストーリー事件簿 ************


1.「新宿ラブストーリー事件簿・美人通い妻殺人!不倫エリート助教授の秘密」

2.「新宿ラブストーリー事件簿・”白い粉”連続殺人! 疑惑の美人女医と刑事の危険な関係」





応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント