Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2019-02-06 (Wed)

「島めぐり豪華フェリー花嫁ツアー殺人事件・鳥羽・伊勢志摩二泊三日の旅」 (1988年)

お見合いツアーに参加したOLが連続殺人事件に巻き込まれ、
なぜか自分も命を狙われるようになる。




●「島めぐり豪華フェリー花嫁ツアー殺人事件・
鳥羽・伊勢志摩二泊三日の旅」 1988年2月6日
脚本: 原教子
音楽: 石川鷹彦
監督: 松島稔
制作: にっかつ撮影所
出演: 叶和貴子、江波杏子、国広富之、友里千賀子、
中島久之、犬塚弘、あき竹城ほか




牧村麻子(叶和貴子)は結婚願望が強いOL。
職場には憧れの男性が二人いたが高杉(中島久之)は社長の娘と婚約し 
山下鉄也(時本和也)は病気の父に代わり家業を継ぐために退職して伊勢志摩へと帰ることとなった。
山下の壮行会で麻子は悪酔いし、山下と共に高杉の運転で送り届けてもらう。



半年後、ブライダル会社・アイアイ企画の香月万里(江波杏子)から呼び出しの電話を受けた。
彼女の会社では片思いで告白出来ない依頼人のために名前を伏せて相手に伝え、
旅先で対面させて結婚への橋渡しをするお見合いツアーを開催するのだという。




島めぐり豪華フェリー花嫁ツアー殺人事件





行き先が鳥羽と伊勢志摩と知った麻子は帰京した山下がその相手だと思い込み、
胸を高鳴らせてツアーに参加することになった。



男女別々に現地入りして、到着をしてから相手を紹介されることとなる。
しかし、麻子の予想に反して相手は同じ課の同僚・本間(国広富之)だった。



職場でもソリが合わない二人は、旅行先でもギクシャクして口げんかが絶えなかった。
そんな麻子は水族館から思わず山下の実家に電話をかけてしまうが、
出たのは山下の妻で、既婚者と知った麻子はショックをうけた。



島めぐり豪華フェリー花嫁ツアー殺人事件




宿泊先に到着した麻子は、夜の八時に会いたいという何者かからの手紙を受け取る。



その夜のパーティーの席で、山下から本間に呼び出しの電話がかかり席を外した。
宿泊先を告げていないにもかかわらず、手紙の主が山下かもしれないと
淡い期待をした麻子も待ち合わせ場所へ向かった。



すると、暗闇の中から参加者の川口(山田辰夫)が出てきてそばに死体があるという。
行ってみると山下が殺されていた。
そこへ、彼から呼び出された本間も姿を現したが、殺したのは自分ではないと話す。
刑事(犬塚弘)がやってきて川口が犯人らしい赤いドレスの女の後姿を見たことがわかった。


島めぐり豪華フェリー花嫁ツアー殺人事件






山下は実家へ帰ってから結婚していた。
通夜に主席した麻子と本間は妻から、東京時代の知り合いには一切結婚したことをを知らせず
東京へはもう行きたくないと漏らしていたことを聞いた。
どうやら壮行会があった日の夜に、嫌なものを見たらしい。
通夜には東京から高杉も焼香をしに訪れていた。



麻子も崖から突き落とされそうになり命を狙われるようになり、
犯人を目撃していた川口も刺殺されてしまう。
川口の遺留品から、初日に麻子に手紙を送ったのは
女癖の悪い川口だったことが明らかになった。



(現在元記事の一部のみ公開しています)




応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント