FC2ブログ
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「こちら禅寺探偵局・和尚法元の殺人説法」 (1993年)  シリーズ第1弾

category - 土曜ワイド劇場
2019/ 03/ 13
                 
サラリーマン上がりの住職が、檀家が射殺されたことから事件に巻き込まれていく。


●「こちら禅寺探偵局・和尚法元の殺人説法
姿なき炎の犯罪トリックを解く!」  1993年3月13日
原作: 佐橋法龍  こちら禅寺探偵局―伊那高遠殺人事件 (講談社ノベルス)
脚本: 石倉保志
監督: 松島稔
制作: 東映
出演: 松平健、佳那晃子、佐野量子、
中山仁、ベンガルほか



信州上山田温泉の洞谷院の住職・望月法元(松平健)は、
商社マンを辞めて先祖代々から続く寺で住職をしていた。


ある日、檀家のひとり・池下(石浜朗)が死体で発見される。
池下は大手商社の後ろ盾に地元にレジャーランド建設を進める実業あだった。



捜査にあたった福田警部補(ベンガル)が法元の幼なじみだったことから
捜査の協力を頼まれる。



法元は池下と組んで仕事をしていた商社の藤本(中山仁)と、
その秘書の涼子(佳那晃子)に会う。




************ こちら禅寺探偵局 記事一覧 ************

1. 「こちら禅寺探偵局・和尚法元の殺人説法」

2. 「こちら禅寺探偵局・奇妙な千札連続殺人事件!」





関連記事
スポンサーサイト



                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント