Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2019-03-30 (Sat)

松本清張の「数の風景・山陰出雲-銀山に二つの死体の殺人迷路!?」 (1991年)

山陰出雲を舞台に人間のあくなき欲望と犯罪を描いたサスペンス。



●松本清張スペシャル
「数の風景・山陰出雲-銀山に二つの死体の殺人迷路!?
山峡の宿にまぼろしの女…」   1991年3月30日
原作: 松本清張  数の風景: 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫)
脚本: 大野靖子
監督: 松尾昭典
出演: 古谷一行、島田陽子、山本学、財津一郎、
美保純、岸部一徳、中谷昇、洞口依子ほか





谷原泰夫(古谷一行)は事業に失敗し、自殺願望を胸に山陰へ旅立った。


そこで目につくものをなんでも数えてはメモしている奇妙な女で
大学助教授の梅井規久子(島田陽子)と出会う。


南山鉱泉に宿泊した谷原は、砕石業者の守屋(財津一郎)が、
昔栄えた石見銀山を観光用地として再開発しようとして計画していることを知った。
その計画に不審なものを感じた谷原が調べてみると、
守屋の妹が県下の有力財界人・上野竜太郎(仲谷昇)であり、
三年前に失踪したままで上野が別の女と再婚していることがわかった。



谷原は上野が現在の妻と一緒になるために前妻を殺して
死体を坑道に遺棄したのではないかと考えた。
それに気づいた守屋は銀材開発を名目に上野を強請っている可能性がある。


規久子と再会した谷原は上野を利用したある事業計画の実行をもくろむ。


だが、それを手伝おうとした友人(岸部一徳)は死亡してしまう…。




数の風景: 松本清張プレミアム・ミステリー (光文社文庫)




応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント