Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2019-04-24 (Wed)

「裏窓殺人事件・車いすの少女が覗く夜の密室…」 (1993年)  今邑彩 『裏窓殺人事件』

マンションから女性が転落死した。
その向かいの部屋に住む車いすの少女が事件のカギを握っていた。



●「裏窓殺人事件・車いすの少女が覗く夜の密室…
5分遅れの鳩時計が死を告げた」  1993年4月24日
原作: 今邑彩  「裏窓」殺人事件―警視庁捜査一課・貴島柊志 (中公文庫)
脚本: 石原武龍
監督: 吉川一義
制作: 東映
出演: 水谷豊、渋谷琴乃、宮川一郎太、
下川辰平、迫文代、茅島成美ほか








交通事故で車いす生活の坪田純子(渋谷琴乃)は、家政婦の大野マサエ(茅島成美)と二人暮らし。
ミステリー好きの順子は、ヒチコックの映画「裏窓」のように
双眼鏡で向かいのマンションを覗くのが趣味だった。




ある夜、純子は一人暮らしの女性の部屋で男の姿を見かけた。


翌朝、その部屋の住人・北川翠(岡村恭子)が転落死体となって発見された。



警視庁の貴島柊志 (水谷豊)らは、翠が300万円の借金を抱えていたことから自殺したものとみた。
ところが、純子が夕べ翠の部屋で男を目撃したことを通報する。
時間は夜の9時10分頃で、死亡推定時刻と同じことから殺人ではないかと訴えた。



三日後、貴島が純子に事件はやはり自殺だと告げたとき、第二の事件が発生。


被害者は近くのマンションに住む女子大生・久保まこと(中山玲)で
死亡時刻は翠と同じ午後9時10分だった。


現場には貴島と顔なじみの所轄刑事の権田正造(下川辰平)と
西山浩介(宮川一朗太)も来ていた。



その頃から、純子のもとに無言電話がかかるようになった。


そして、まことのルームメイト・暁美(福田浩子)が殺され、
彼女の男性関係から意外な事実が判明する-。







「裏窓」殺人事件―警視庁捜査一課・貴島柊志 (中公文庫)





応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント