Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2019-05-18 (Sat)

「なんでも屋探偵帳・隅田川に浮かんだ恩師の死体!」 (1996年)  シリーズ第2弾

土曜ワイド劇場での「なんでも屋探偵帳シリーズ」の第2作目。


●「なんでも屋探偵帳2・隅田川に浮かんだ恩師の死体!
万歩計があばく血塗られた連続殺人の秘密!!」  
1996年5月18日
脚本: 峯尾基三
監督: 北畑泰啓
制作: スタッフアズバーズ
出演: 小林稔侍、宮崎淑子、坂上二郎、川上麻衣子、
小松政夫、織本順吉、小島三児ほか




なんでも屋の胡桃五郎(小林稔侍)は、大手スーパー赤坂堂の支店長と名乗る
吉岡一太郎(坂上二郎)という男からスカウトされた。
その夜、妻の愛子(宮崎淑子)が営む小料理屋・くるみで契約を取り交わすためにやってきた
吉岡と秘書の緑川は財布をすられたことに気がつく。





同情した五郎は、愛子に頼み五万円を吉岡たちに用立ててやった。


その夜、五郎は中学時代の同窓会へ出席し、
現在は民間会社に就職した恩師の宗方栄作(織本順吉)と再会する。



なんでも屋探偵帳・隅田川に浮かんだ恩師の死体!







ところが、翌朝になって宗方が溺死体で発見される。
葬儀を終えた五郎が吉岡の会社を訪ねてみると、
吉岡は先日会った男とは別人ではじめて騙されたことに気がついた。



吉岡と名乗っていた男の正体は、九年前に逮捕歴がある
殿山草介という詐欺師だったことが明らかになった。



旧友の山下勇作(小松政夫)が当時の記事を持ってくるみへやってきた。
それを見た愛子は、殿山の相棒が宗方が勤めていた
シェイク・アンド・シェイクの社長・久松邦平(小島三児)だと気がつく。



しばらくして、死んだ宗方に多額の保険金が掛けられており
受取人がシェイク・アンド・シェイクということから保険金目当てで
殺されたという疑惑が出てきた。




宗方の一人娘・真知子(川上麻衣子)にそのことを告げた五郎は、
遺品の中に万歩計を見つけ当日の足取りを追った。
そして、万歩計の歩数から死体発見現場と殺害現場が違うことに気がつき、
上着のボタンが落ちていたことから殺害現場が判明する。



なんでも屋探偵帳・隅田川に浮かんだ恩師の死体!






山下から殿山の女がバー「ピエロ」のホステス・小夜子(椎名ルミ)だと知らされ
行ってみるとそれは緑川と名乗る女秘書と同一人物だった。
五郎は級友・堀内(車だん吉)の協力も得て、殿山と小夜子が住むアパートを割り出す。


(現在は元記事の一部のみ公開しています)



応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント