Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2019-06-08 (Sat)

松本清張の「一年半待て・女の愛が裁かれる時、何かが起こる」 (1991年)

夫の暴力に耐えかねて殺した女と、彼女の正当防衛を主張して執行猶予を勝ち取った女弁護士。
世間の同情を集めた事件の裏には意外な真実が隠されていた。



●松本清張作家活動40年記念ドラマスペシャル
「一年半待て・二人の愛が裁かれる時
何かが起こる」 1991年6月8日
原作: 松本清張  『一年半待て』 張込み (新潮文庫―傑作短篇集) 収録
脚本: 吉田剛
音楽: 横山菁児
監督: 永野靖忠
制作: 松竹
出演: 多岐川裕美、小川真由美、篠田三郎、本田博太郎、
鈴鹿景子、山内としお、神津はづきほか



須村さと子(多岐川裕美)は失業してから働こうともせずに
酒乱で暴力を振るう夫・要吉(本田博太郎)に代わり、
子供を抱えながら保険の外交をして生活を支えていた。


ある日、さと子は暴力を振るった要吉を殴り殺してしまう。
さと子はすぐに自首し、事件の背後が明るみになると世間の同情を集めた。
これを大きく取り上げたのが有名な女性評論家の高森たき子(小川真由美)だった。



一年半待て・女の愛が裁かれる時、何かが起こる




さと子はこれまでの家庭環境と自首したことからも情状酌量の余地は大いにあったが、
たき子は彼女は正当防衛を勝ち取るべきだと特別弁護人を買って出た。


公判ではさと子が夫を殺すまでの経緯が明らかになっていく。


会社がつぶれた要吉は、失業保険ももらわず独立を試みるが失敗。
みかねたさと子は保険外交員となり一家を支えるという決断を下す。
彼女は成績次第で大きく報酬が得られる道を選択し、
未亡人というふれこみで大口の契約を獲得しようとダム建設の現場へと乗り込む。
彼女の目論見はあたり、契約を勝ち取ることに成功し給料も上がっていった。








殺伐とした主婦から一転し、山の男たちとの触れ合いは新鮮であり
順調な外交員生活を楽しむようになっていく。
美しいさと子は労働者たちのマドンナのような存在であった。




一年半待て・女の愛が裁かれる時、何かが起こる



そこで設計技師の岡島久男(篠田三郎)と出会う。
遊び目的で近づく男がいる中で、岡島だけはさと子を真剣に愛し始めていた。
さと子も自然の中で生き生きと仕事をする誠実な岡島に惹かれるものがあった。






しかし、家へ帰れば現実が待っていた。
要吉は家事や子供の面倒もそっちのけで、酒浸りの日々を過ごしていた。
そして、さと子に自分を捨てないでくれと泣きながら縋り付いてくる。



さと子は学生時代の友人で飲み屋をやっている脇田静代(鈴鹿景子)の店へ
気晴らしに飲みに行くようすすめた。
女手一つで夫と子供二人を養い、遊びの世話までしたさと子だったが、
要吉は静代と肉体関係を持ち裏切るという行為に出てしまう。


二人の裏切りを知ってからも、さと子は要吉を責めることもせずにいたが、
要吉から暴力を振るわれついに殴り殺してしまったのだ。







検察側はさと子が二度殴っていることから殺意があったと主張してきたが、
さと子はその時の記憶がなく、一度殴って要吉に反撃する力がなくても、
おそらく恐怖心から二度殴ったのだろうと述べた。




なんとしてでも無罪を勝ち取りたいたき子のところへ岡島がやってきた。
これまで彼の存在を知らなかったたき子は、岡島がさと子にプロポーズをし
断られていたことを初めて知った。





さと子は岡島の申し出に「夫は離婚してくれないし、自分も夫を捨てられない」と答えたという。
要吉からあれだけの仕打ちを受けても、さと子は夫を見捨てられなかった。
たき子は嫌がるさと子を説き伏せ、岡島にこのことを証言させた。


一年半待て・女の愛が裁かれる時、何かが起こる




特別弁護人を買って出たたき子もまた不幸な結婚生活だった。
評論家の夫・英之助(富川澈夫)には若い愛人がいて二人の間には
今度幼稚園にあがる子供までいた。
たき子と英之助の別居生活は五年にも及び、英之助は離婚を要求するが
たき子はそれを拒否し続けている。



英之助は今度はその愛人がたき子と直接話をしたがっているという。
彼は愛人をいじらしく思い詰めているというが
たき子はそんな愛人をしたたかな女だと言い切った。
英之助はそれを拒否せず女が真剣に愛した時したたかになるものだと認めた。




(現在元記事の一部のみ公開しています)






一年半待て [VHS]





張込み (新潮文庫―傑作短篇集)




応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント