Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2019-06-12 (Wed)

「事件・なぜ夫は新妻の姉を殺したのか…?」 (1993年)  大岡昇平 『事件』

北大路欣也が弁護士を演じるシリーズの第1弾。


●「事件・なぜ夫は新妻の姉を殺したのか…?
弁護士が暴いた愛と憎しみの法廷」  1993年6月12日
原作: 大岡昇平  事件 (創元推理文庫)
脚本: 安倍徹郎
監督: 五木田亮一
制作: オフィス・ヘンミ
出演: 北大路欣也、西岡徳馬、渡辺梓、
松田美由紀、長谷川初範、斉藤隆治ほか




飲み屋のママ・酒井ハツ子(松田美由紀)の死体が山林で発見された。


自動車修理工の上田宏(斉藤隆治)が容疑者として逮捕される。
宏はハツ子の妹・ヨシ子(渡辺梓)の内縁の夫であった。


警察ではハツ子が妊娠したヨシ子が宏と駆け落ちしようとしているのを知り
反対したために殺されたものとみていた。


菊池弁護士(北大路欣也)が宏の弁護をつとめることになった。
宏はハツ子を殺したことは認めたが殺意がなかったことを公判で明らかにする。


菊池が検察の陳述に不審を抱き事件を調べまわるうちに
裏に隠された真実が浮かびあがる…。




事件 (創元推理文庫)



いつの間にか探偵から弁護士になっていた北大路欣也。

土曜ワイド劇場での二代目・明智小五郎はわずか6作で終わってしまったが
こちらは設定を変えながらも長く続いている。


「事件」は大岡昇平の日本推理作家協会賞受賞作。
北大路欣也は弁護士役を演じるのは初めてということだった。




応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント