Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2019-06-27 (Thu)

「美しい女相続人のさけび・危険な結婚契約」 (1987年)  新章文子 『女の顔』

莫大な財産を継いだ美貌のピアニストの周辺で起こる殺人事件。


●「美しい女相続人のさけび・危険な結婚契約
白い肌が狙われる!」  1987年6月27日
原作: 新章文子  女の顔 (講談社文庫)
脚本: 須川栄三
監督: 斎藤武市
制作: 東宝
出演: 真野あずさ、田中健、佐々木愛、蜷川有紀、
藤堂新二、横内正、日高澄子、大塚国夫ほか




著名なピアニスト・夏川薔子(真野あずさ)は大病院・夏川医院の一人娘。
指揮者の倉敷保樹(藤堂新二)という恋人がいながらも
病院の後継者を自認する医師・杉原卓二(横内正)からも求愛されていた。



院長でもある母・兼子(日高澄子)はなぜか杉原には強く出れないでいる。


ある日、倉敷との仲を写真週刊誌に激写され
財産を狙らたヤラセだと疑った杉原と倉敷が激しくやり合った。


また異母姉の相川葉子(佐々木愛)と妹の夏紀(蜷川有紀)の存在にも
薔子は苦悩していた。




そんなことが重なり人間関係に嫌気がさした薔子は家を飛び出し
能登半島の断崖で葉山努(田中健)という青年医師と出逢う。


薔子は家出をした理由を努に語り、感情の高ぶりのまま一夜を共にした。



努のすすめで帰宅した薔子は兼子が事故死したことを知らされると
事故の原因である庭の踏石に細工した様子があることを発見し
殺人の可能性を疑いはじめ犯人探しの決意を固めた。



その矢先、薔子は兼子が病床の父を安楽死させ
それを知った杉原に病院後継者の地位を約束していたことがわかった。



偶然、努と再会した薔子は夏川医院で働き相談相手になってくれるよう依頼する。



(現在元記事の一部のみ公開しています)


応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント