FC2ブログ
2019/06/29
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「家政婦は見た!エリート家庭のアラ探し」 (1985年)  シリーズ第3作

category - 土曜ワイド劇場
2019/ 06/ 29
                 
土曜ワイド劇場の「家政婦は見た!」シリーズの第3作目。


●夏の特別企画
「家政婦は見た!エリート家庭のアラ探し
結婚スキャンダルの秘密」  1985年6月29日
脚本: 柴英三郎
音楽: 坂田晃一
監督: 富本壮吉
制作: 大映テレビ
出演: 市原悦子、松原智恵子、前田吟、長谷直美、
野村昭子、石井富子、西川ひかる、初井言栄ほか



派遣先の家庭の秘密を覗き見ることが趣味の家政婦・石崎秋子(市原悦子)は、
重労働を承知で代議士・氏家壮介(鈴木瑞穂)の秘書・仙波昭夫(前田吟)宅の仕事を選んだ。



仙波には献身的に尽くす妻の房子(松原智恵子)と十八歳の娘・弓子(菊地陽子)、
生後間もない長男の雷太がいる。
氏家は脳卒中を患い、次の選挙には仙波が出馬する予定で多忙をきわめていた。



家政婦は見た!エリート家庭のアラ探し 結婚スキャンダルの秘密




好奇心旺盛な秋子が初日から聞き耳を立てているところを
出入りしている新聞記者の邦枝マキ(長谷直美)に見つかってしまう。
マキは買い物に出かけた秋子を捕まえると強引に喫茶店に誘ってきた。


マキは仙波と房子が長らく夜の関係がご無沙汰であることを持ち出し
弓子が生まれてから十八年ぶりに出来た雷太が
氏家の子供ではないかと疑っており秋子に雷太の血液型を調べて欲しいと頼んできた。


秋子は勤めているお宅のことを調べて売り飛ばすことは出来ないと突っぱねた。
だが、仙波が氏家、後援会長の松本(小松方正)と会談しているときに
世間に公表できない秘密について話していたことを盗み聞きしていた秋子は
それを暴こうと闘志を燃やしていた。


家政婦は見た!エリート家庭のアラ探し 結婚スキャンダルの秘密



ところが、房子は仙波の背中を洗ったり、身の回りの世話は全て行っている。
彼女は仙波の生きがいは仕事だが自分の生きがいは仙波だと言い
とても長い間夫婦の関係がないとは思えない位のアツアツぶりである。


しかし、マキは事務所だけでなく仙波の家へも出入りを自由にしていて
出張に行く仙波と恋人同士のように腕を組んでタクシーに乗り込んでいった。
秋子は仙波と房子のプライベートまで知っているマキが
仙波と特別な関係にあるのではないかと疑惑を抱いた。



一方の房子は、その夜に赤坂で氏家と会うことになり雷太を抱いて出かけて行った。
芸者上がりの房子がめかしこんでいるのを見た秋子は
マキの言う通りかもしれないと思いはじめる。



家政婦は見た!エリート家庭のアラ探し 結婚スキャンダルの秘密



房子が出かけると弓子が家から金を盗んでいるところを目撃した。
弓子は房子が氏家に会いに行ったことを知っており
雷太が生まれた頃から氏家を嫌いはじめていた。


弓子は自分と雷太の父親が違うのだと疑い戸籍謄本を取ったり
血液型の本まで買って調べている。
その夜、弓子は盗んだ金で豪遊し警察に補導されるという騒ぎが起こる。


弓子が仙波夫妻に出生の秘密を問い詰めたことで氏家がやってきたが
発作を起こし病院に運ばれてしまう。



家政婦は見た!エリート家庭のアラ探し 結婚スキャンダルの秘密




その後、秋子は房子と氏家の子供は雷太ではなく弓子だったことを知り驚く。
房子は芸者時代に氏家の愛人で弓子を身ごもってしまった。
それを知った氏家の妻・宮子(初井言栄)は房子を仙波と結婚させ二人の子供として出産する。
仙波は氏家の地盤を継ぐことでこの結婚に応じたというのだ。



秋子は仙波に尽くしながらもマキとの関係を見てみないように振舞う房子に同情して
家政婦仲間からもらった精力増強剤を房子に渡した。
その夜、夫婦関係が長らくご無沙汰の房子は内緒で仙波に増強剤を飲ませると
自分も飲んで久しぶりに関係を持とうとする。


ところが、仙波は自分の野望のために氏家の愛人と結婚しただけで
房子には愛情はなく家を飛び出すとマキの体を貪った。
翌朝、何も知らない秋子は房子の機嫌が良くないことを不思議に思う。



そして、マキから仙波と寝たことを報告されその理由を理解する。


家政婦は見た!エリート家庭のアラ探し 結婚スキャンダルの秘密




秋子はマキが松本とグルになって雷太の出生の秘密を暴こうとしていることを知り
わざと雷太の血液型を偽ってマキに知らせた。
それを信じたマキは目論み通り雷太は氏家の子供だと勘違いし大喜びする。



マキと松本を裏で操っていたのは宮子だった。
彼女は氏家の後継者に仙波ではなく長男の一郎(下塚誠)にしようと決めていた。
宮子はマキから雷太の血液型の報告を受けて一郎を出馬させることを発表する。



それを知った仙波夫婦が宮子のところへ乗り込んできたため大騒動となる。
氏家夫婦と仙波夫婦の四者間では、弓子の出生の秘密を守ることを条件に
仙波が地盤を継ぐことについて覚書を交わしていた。



家政婦は見た!エリート家庭のアラ探し 結婚スキャンダルの秘密



宮子は房子が氏家とヨリを戻して雷太を産んだことを理由に反故にすると宣言。
話し合いの最中、秋子が雷太の血液型を偽ってマキに教えていたことがわかり
宮子は激しく秋子を責め立てた。



秋子はこれまでのうっぷんを晴らすように、「こんな家はもうこりごり」と捨て台詞を残して
一同の前から去って行った。


結局、仙波と一郎は選挙で戦うことになった。



家政婦は見た!エリート家庭のアラ探し 結婚スキャンダルの秘密





秋子は会長のキヌヨ(野村昭子)に熱戦が繰り広げられることになりそうだと
笑い話にして憂さを晴らしている。


そこへ、房子が訪問してきた。


彼女は秋子が渡した精力増強剤を飲んだ夜、
仙波に逃げられひとり火照った体を持て余した苦しさを打ち明けて
秋子にそれを飲んで同じ苦しみを味わうよう要求してきた。



家政婦は見た!エリート家庭のアラ探し 結婚スキャンダルの秘密


本当は大沢家政婦紹介所を潰したいくらいだという房子に
覚悟を決めた秋子は既定の三倍もの増強剤を飲んだ。



その夜、性欲が増したからと言ってそれを慰めてくれる相手もいない秋子は
心配したキヌヨと仲間たちに火照りっぱなしを体を扇いでもらい鎮めようとする。
苦しみの中抱き寄せた愛猫はるみちゃんからは顔をひっかかれるというおまけもついた。


秋子はそんなわが身を嘆き泣き明かした。




翌朝、こんなことくらいで仕事を休んでいては生活が出来ない秋子は
ひっかき傷を手当てしスッキリとしない体を引きずりようにして
新しい派遣先へと出勤していった。



//////////////////////////////////////////////////////////////////


シリーズも三作目ということで、家政婦の秋子がエリート家庭に派遣され
その秘密を暴くが、ラストに手痛いしっぺ返しをくらうという雛型が定着してきた。
シリーズ全てを見ているわけでないので毎回こうなのかはわかりませんが。



今回、つつましやかな妻が最後に下世話な要求を家政婦につきつけるのですが
この役を表情を変えず淡々と行った松原智恵子が良かった。



さて、次の4作目には私のお気に入りのあの俳優さんが登場します。
こちらも楽しみ。



※※※ 家政婦は見たシリーズ ※※※

1. 「松本清張の熱い空気・家政婦は見た!」

2. 「家政婦は見た!エリート家庭の浮気の秘密」

3. 「家政婦は見た!エリート家庭のアラ探し」

4. 「家政婦は見た!華やかなエリート家族の乱れた秘密」

5. 「家政婦は見た!美しい女病院長華やかな私生活の秘密」

6・ 「家政婦は見た!東京-ニューヨーク超高層ビル買い占め、名門出の若妻の危険な秘密」

7. 「家政婦は見た!華麗な一族の怪しい秘密」





関連記事
スポンサーサイト



                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント