ブログパーツ
当ブログ画像等は無断転載禁止です。
リンクはフリーです。

スポンサーリンク

前の記事 ホーム 次の記事

美女シリーズ17 天国と地獄の美女・江戸川乱歩の「パノラマ島奇談」 (1982年) 【前編】

2006年01月02日00:02  カテゴリ:土曜ワイド劇場
土曜ワイド劇場の美女シリーズ第17弾!



天国と地獄の美女


あけましておめでとうございます、明智小五郎です。
今夜は私の手がけた事件の中でも一番スケールの大きい、
そして一番恐ろしい物語をお送りしましょう。

パノラマ島・・・

この幻の島を巡って凄まじい事件が次から次へと起こります。


不気味なカラス、えぐり取られる目の玉、浴室の殺人、地獄谷、
そして天国の園で奏でられる愛の調べ。

息もつかせぬ面白さです。

正月の夜を、ごゆっくりお楽しみください。




という明知探偵事務所で、正月の飾りつけをバックに
センセが事務所を歩きながら視聴者に向けた新年のあいさつからスタート!


三時間枠に拡大され、これまで以上にエロスを感じさせ
よりグロテスクな描写も多い作品となっている。







原作は「パノラマ島奇談」





●「天国と地獄の美女・江戸川乱歩のパノラマ島奇談」  1982年1月2日
原作: 江戸川乱歩  『パノラマ島奇談
脚本: ジェームス三木
音楽: 鏑木創
監督: 井上梅次
制作: 松竹
出演: 天知茂、叶和貴子、伊東四朗、宮下順子、
水野久美、小池朝雄、五十嵐めぐみ、荒井注ほか




天国と地獄の美女




◆第1部 カラスの化身


人見広介(伊東四朗)は自然に人間の手を加え
より一層芸術的に創り変えたいという野望があった。



人見にとっての理想郷である幻の島”パノラマ島”の多大な建設資金を集めるために
銀行や出資者を訪ねては企画書などを持ち込むが
現実離れした計画に資金を提供するものはいなかった。



天国と地獄の美女


今日も人見の営業は不発に終わり家へ帰るところ突然カラスが近寄ってきて
何度追い払っても払いきれず結局家までついてきてしまった。




人見が帰ると妻の英子(宮下順子)が熱狂的に崇拝する薔薇密教の教祖
大野雄三(小池朝雄)と情事を楽しんだあとだった。
人見はカラスを殺そうとするが、大野はカラスを殺すと祟られるといい
窓ガラスを開けて外へ追いやり帰って行った。


英子はパノラマ島に夢中になって働かない人見に愛想をつかしていたが
大野もまた薔薇密教の大殿堂を建立するのが夢だった。
人見は二人の仲に気が付いたがパノラマ島で頭がいっぱいだった。




天国と地獄の美女


翌日になってもカラスは人見の家のそばにいて
波越警部(荒井注)がカラス退治に呼ばれ
ビルの屋上の柵ごしになんとか捕獲することに成功した。


天国と地獄の美女


波越はそのカラスを明智小五郎(天知茂)の事務所へ連れて行った。




その後、カラスは勘太郎という名前で、長者番付にも名前が出る
西伊豆の山林王菰田源三郎(伊東二役)が飼い主だということがわかった。
それがわかると強欲な英子は謝礼を期待して波越から勘太郎を取り返すと
大野と夫婦ということにして菰田の家へ勘太郎を届けに向かった。



天国と地獄の美女


菰田家には菰田の母(原泉)と妻の千代子(叶和貴子)がいる。
大野と英子は帰宅した菰田の顔が人見にソックリなことに驚き
謝礼をもらって帰ってきた。




天国と地獄の美女

大野と英子は人見にこのことを話し、二人が入れ替わったら
人見は東海一の山林王になりパノラマ島の夢も叶うと人見をそそのかした。

人見は菰田には妻がいるのでいくら顔がそっくりでもバレると断ると
何らかのショックで記憶を喪失したことにして徐々に菰田になって
パノラマ島に薔薇密教の殿堂を作ってくれればそれでいいと言った。


一度は拒否した人見だがパノラマ島建設の夢は諦められず
入れ替わるために遺書を書いて人見広介をこの世から抹殺しようとした。
その姿を見て、英子は喜んだ。



ある夜、結婚式に出た菰田と千代子が車で帰ろうとしていた。
トンネルを抜けたところで工事をしていて車が止められると
工事人に扮した人見が菰田、千代子と運転手の本橋(出光元)に
クロロホルムをかがせ気を失わせた。


そこへ大野と英子もやってきて菰田を車から連れ出すと殺そうとするが
クロロホルムが弱かったせいか菰田が気を取り戻し大野を羽交い絞めにしていた。
大野は持っていたナイフで背後にいた菰田を刺すが
刺した場所は菰田の左目で殺すことはできずにそのまま引き返した。


菰田はその後左目を失明してしまい義眼生活を送ることになってしまう。





明智の事務所に菰田の妹・釘谷房枝(水野久美)が依頼に訪れた。

天国と地獄の美女

房枝の夫は銀座桃源堂社長の釘谷信夫(松本朝夫)で二人の息子がいる。
菰田の事件は身代金目当ての誘拐を装ったもので
千代子の恨みと財産目当てのものだという。



菰田の持病のため千代子の間にはこどもがいなかった。
母の意向もあり房枝の次男の次郎を菰田の養子にするという話があがっていた。
房枝は千代子の調査を依頼し、家から追放したいのだと言った。



一方、菰田殺しを失敗した大野と英子は人見とのすり替えを諦めておらず
人見の左目を潰そうと企んだ。
逃げようとする人見だがクロロホルムをかがされて失神する。


片目をつぶされそうになりゃ誰でも逃げますわな。
嫌がる人見にコロンボ大野は


「いいじゃないか、目玉のひとつやふたつ」って・・・!?







天国と地獄の美女

気を失った人見をベッドに括り付けると、大野は人見の左目をついて失明させた。


残酷すぎ。

この目を抉り出すシーンは未だに怖くて正視することが出来んです。





静岡の菰田邸には二人の息子を連れた房枝が養子の件で話し合いに来ていた。
菰田は千代子の意向もあるのでもう少し時間をくれというが
千代子を信頼していない房枝は千代子と二人きりにならないほうがいいと
アドバイスをすると、応接間に探偵の明智が待っているので会ってくれという。


天国と地獄の美女・江戸川乱歩のパノラマ島奇談


明智の応対は千代子がしていた。
千代子の姉はセツコは明智のことを愛していて死の間際まで明智を思っていたという。
その頃、明智はセツコの妹の千代子とも会っていて二人は久しぶりに再会を果たす。



明智は菰田とのなれそめを聞くが、略奪愛で財産目当てもあったといい
幸せな結婚生活には見えなかった。



房枝が強引に養子縁組の話を進めようとし探偵まで連れてきたことで
激怒した菰田に明智は会うことができないまま房枝たちと東京へ戻り
菰田は自分を襲った犯人逮捕に100万円の懸賞金をつけた。




天国と地獄の美女・江戸川乱歩のパノラマ島奇談

強引に目を潰された人見は、痛みで毎晩唸り声をあげていた。




医者にも見せずそのまま放置されていたんだろうなぁ~。
麻酔もその後の痛み止めの薬服用もなしだろうし
残酷すぎて言葉も出ないわ。




だがそれも無駄な出来事で終わる。
人見が心臓発作で急死したのだった!!



天国と地獄の美女・江戸川乱歩のパノラマ島奇談

息子が片目を失明した上に年老いた自分より早く死んでしまい

菰田源三郎の母、原泉も


「ゲンザブロウ~!!!」と泣き叫ぶ。


こんなエログロなドラマに原泉ですよ。
いいキャスティングですね。
原泉は「暗黒星」ほどの見せ場はないんですが
少ない出演時間でもいい仕事をしていますわ。





天国と地獄の美女・江戸川乱歩のパノラマ島奇談

大野と英子は菰田の葬儀へ行った。
今時珍しく、菰田の死体はそのまま土葬されていた。
房枝は明智に病死であることを疑っていて
早く犯人を挙げてほしいと言った。





菰田が死んでいよいよ大野の計画が失敗に終わり
片目をつぶされた人見は怒りまくっていた。
英子は大野の力でなんとか奇跡が起こせないかというと
菰田の遺体は土葬されたので生き返ったことにしようという。


天国と地獄の美女・江戸川乱歩のパノラマ島奇談


早速3人は、深夜に菰田の墓へ行くと遺体を掘り出して
着物を脱がし人見に着せ義眼も装着した。


天国と地獄の美女・江戸川乱歩のパノラマ島奇談

大野たちは菰田の死体を処理するために戻り
人見は翌朝、墓場から出てきたようなふりをして、
その姿を学生たちに発見される。




天国と地獄の美女・江戸川乱歩のパノラマ島奇談

さっそく屋敷にも知らせがいき、菰田が生き返ったと大騒ぎになった!!
菰田家から千代子をはじめ使用人たちが一斉に墓場に駆けつける。






天国と地獄の美女・江戸川乱歩のパノラマ島奇談

◆ 第2部 エロスの園



年が明け、菰田家に釘谷一家も来て菰田が生き返ったことを喜んだ。




天国と地獄の美女・江戸川乱歩のパノラマ島奇談



人見はまだ記憶が戻らないふりをしてボーっとした様子を演じていた。
だが、食べ物の好みも変わってどことなく違和感を感じた房枝は
本当に兄さんかしらと疑問を持った。
そこへ勘太郎がやってきて人見になついてる様子を見て
母は勘太郎はやっぱり飼い主がわかるんだと喜んだ。



天国と地獄の美女・江戸川乱歩のパノラマ島奇談

菰田が生き返ったというニュースは明智たちにも伝わっていた。
文代(五十嵐めぐみ)が白髪鬼事件もそうだったことを思い出していると
顔のつぶれた飛び降り自殺があったと波越宛に電話が入った。



現場へ行くと顔の半分がつぶれていて、遺書があり名刺から
人見広介だとわかり英子も洋服から人見であることを認めた。


菰田に扮した人見の記憶を取り戻そうと千代子は
執事の角田(草薙幸二郎)らと菰田が所有している鬼島などを見せていた。
本橋が菰田の苦手な煙草を吸っていると角田が注意をした。



天国と地獄の美女・江戸川乱歩のパノラマ島奇談


だが、もともと愛煙家だった人見は煙草をすってみたいといい
本橋から1本もらって吸ってみる。
人見は角田に財産の目録を作ってくれと命じた。



天国と地獄の美女・江戸川乱歩のパノラマ島奇談



その後、屋敷で人見の全快祝いが行われ、国際的に活躍している
芸術プロデューサーだといい大野を新事業の責任者にするのだと紹介した。
すでに勘太郎のことで屋敷に来ていた大野をそんな形で紹介され
出席者は戸惑いを見せる。




財産の目録を手に入れていた人見は鬼島に300億円をかけて
パノラマ島というユートピアを建設するのだと発表する。
資金は不動産の50%と全ての有価証券を処分して作るというと
房枝たちは猛反対するが、母だけはただ一人せっかく生き返ったのだから
源三郎の好きにさせてやればいいという。



人見が次郎も養子に迎えないと宣言すると
菰田が死んだと思われた前の日に養子に関する誓約書を作成したことを告げるが
人見は一度記憶を失ったことを利用してそんなことは知らないと強引にはねつけた。



人見は久しぶりに大野、英子と料亭で食事をしていた。
そこへ菰田の愛人だった桃太郎という芸者がやってきて
大野は英子を連れて席を外した。


元亭主が女と二人になったことで機嫌を損ねる英子に
千代子と寝る前の試運転に桃太郎を使うというと英子は納得した。


だが、人見と桃太郎が寝ると、桃太郎はそれが菰田でないことを見破った。
用心のために部屋の外で待機していた大野は
部屋から飛び出してきた大野に殺され、翌朝自殺を装った首吊死体で発見された。



桃太郎に身バレした人見に千代子もおねだりをしてきた。
人見はパノラマ島が出来るまで待ってくれとうまくお預けをくらわす。


菰田家の財産をいいように使われることを恐れた房枝は
誓約書をもってやってきた。
さすがに母も源三郎は人が変わったようだと心配をするようになっていた。
房枝は裏で千代子が糸を引いているのではないかと言うと
千代子は泣いて部屋を出て行ってしまった。


帰りの車の中で房枝は次郎に用紙の件を渋々了解したことを話した。
だが、夜道を走る車のブレーキは効かずそのまま谷底へ突っ込み
二人は事故死してしまう。


天国と地獄の美女・江戸川乱歩のパノラマ島奇談

千代子は明智に菰田のことを相談していた。
夫は生き返ってから人が変わったようにパノラマ島に金をつぎ込み
房枝と次郎の事故死のショックで母も廃人同様になってしまった。
執事の角田も辞めてしまい、自分も殺されるのではないかと恐れていた。
殺気を感じる毎日で、大野の身辺調査をしてほしいといった。


明智と波越は自殺した人見が経営していた人見園芸へ行った。
そこで明智は人見が書いていたパノラマ島の絵を見つける。
家主の話では人見は片目を怪我して毎晩呻いていたらしい。
明智が家主に菰田の写真を見せると人見と同じ顔だということがわかった。


天国と地獄の美女・江戸川乱歩のパノラマ島奇談



迷子になった勘太郎が人見を菰田と間違えてついていった理由がはっきりした。
明智たちはさっそくヘリコプターで菰田が所有している鬼島周辺を調べたが
上空から見た限り工事をやっている気配はなかった。



明智が事務所に戻ると出勤してこない文代を小林(柏原貴)が心配していた。
このところ各地で若い女性たちが次々と蒸発していると新聞でも報道されている。
明智は文代をある宗教団体の実態を探るために潜入させていると説明した。



英子は大野に千代子を殺して、人見と結婚しそのうえで人見を殺して
大野と一緒になると話した。
もし千代子が何もかも知って人見と手を組まれたら自分たちが危ないという。











ひとつにまとめようと思ったのですが予想通りかなり長くなったので
”浴室の殺人”以降は次のエントリーにしました。


浴室の殺人、悪魔の谷、エロスの園と物語は続きます。
そして衝撃的なフィナーレへ・・・。




美女シリーズ 記事一覧


1. 「氷柱の美女・吸血鬼」

2. 「浴室の美女・魔術師」

◆ 浴室の美女・江戸川乱歩の「魔術師」ぺりぺりタイムとファッション

3. 「死刑台の美女・悪魔の紋章」

4. 「白い人魚の美女・緑衣の鬼」

5. 「黒水仙の美女・暗黒星」

6. 「妖精の美女・黄金仮面」

7. 「宝石の美女・白髪鬼」

8. 「悪魔のような美女・黒蜥蜴」

9. 「赤いさそりの美女・妖虫」

10.「大時計の美女・幽霊塔」

11.「桜の国の美女・黄金仮面Ⅱ」

12.「エマニエルの美女・化人幻戯」

13.「魅せられた美女・十字路」

14.「五重塔の美女・幽鬼の塔」

15.「鏡地獄の美女・影男」

16.「白い乳房の美女・地獄の道化師」

17.(1)「天国と地獄の美女・パノラマ島奇談 ≪前編≫」

17.(2)「天国と地獄の美女・パノラマ島奇談 ≪後編≫」

18.「化粧台の美女・蜘蛛男」

19.「湖底の美女・湖畔亭事件」

20.「天使と悪魔の美女・白昼夢」

21.「白い素肌の美女・盲獣」

22.「禁断の木の実の美女・人間椅子」

23.「炎の中の美女・三角館の恐怖」

24.「妖しい傷あとの美女・陰獣」

25.「黒真珠の美女・心理試験」





関連記事

スポンサーリンク

前の記事 ホーム 次の記事