Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2019-08-15 (Thu)

美女シリーズ(北大路版) 赤い乗馬服の美女・江戸川乱歩の「何者」 (1987年)

北大路欣也扮する明智小五郎シリーズの3作目。



赤い乗馬服の美女





●「赤い乗馬服の美女・江戸川乱歩の何者
紫水晶のイヤリングが妖しい肌に…」  1987年8月15日
原作: 江戸川乱歩  何者 (創元推理文庫)
脚本: 篠崎好
音楽: 鏑木創
監督: 貞永方久
制作: 松竹
出演: 北大路欣也、叶和貴子、蜷川有紀、坂上二郎、
佐藤万理、根上淳、志垣太郎、小西邦夫ほか





明智小五郎(北大路欣也)は、乗馬をしているときに偶然日本画家の結城剛三(根上淳)の長女・
志摩子(叶和貴子)と出逢い、彼女に脅迫状が届いていることを知った。


その後、明智は結城家で行われたパーティーに出席したが、
書斎へ行った志摩子が何者かに銃で足を撃たれて負傷してしまう。



赤い乗馬服の美女





結城家は志摩子の母親が死んだあと、現在の妻・美代(入江若葉)が一人娘の・恵子を連れて
後妻におさまっていた。
志摩子は亡くなった剛三の兄の息子・結城宏行(志垣太郎)と婚約しているが、
剛三の秘書の山田伸子(蜷川有紀)が宏行を狙っている。




波越警部(坂上二郎)が到着し、第一発見者の伸子から事件発生時の様子を聞いた。
伸子は酔いを覚まし戻ろうとしたときに廊下で銃声を聞いた。
書斎は暗く電気をつけると志摩子が倒れていた。
志摩子も部屋が暗かったために犯人の顔を見ていない。



赤い乗馬服の美女


現場はガラス窓が破られており、庭には犯人のものと思われる足跡が残されていたが
書斎から井戸を往復しただけのもので謎が残る。
剛三の話ではこのところシャンデリアが落ちたりソファにナイフが仕込んで会ったりという
怪事件が続いていた。



書斎を調べたが凶器の銃は見つからず、金製品ばかりが盗まれていたことがわかる。
波越は近所の地主の息子・琴野(金田明夫)が黄金マニアであることから、
犯人であると確信している様子だ。



(現在元記事の一部のみ公開しています)






赤い乗馬服の美女 江戸川乱歩の「何者」 [DVD]






何者 (創元推理文庫)





美女シリーズ(北大路欣也版) 記事一覧

1. 妖しいメロディーの美女・江戸川乱歩の「仮面の恐怖王」

2. 黒い仮面の美女・江戸川乱歩の「凶器」

3. 赤い乗馬服の美女・江戸川乱歩の「何者」

4. 日時計館の美女・江戸川乱歩の「屋根裏の散歩者」

5. 神戸六甲まぼろしの美女・江戸川乱歩の「押絵と旅する男」

6. 妖しい稲妻の美女・江戸川乱歩の「魔術師」





応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント