FC2ブログ
2019/08/20
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「水中バレエ殺人事件・真夏の悪夢か!またまた華麗な舞姫が狙われる!」 (1988年)

category - 土曜ワイド劇場
2019/ 08/ 20
                 
水中バレエ団で起こった連続殺人事件。
突然姿を現したアメリカ帰りの謎の女の正体は?



●「水中バレエ殺人事件・真夏の悪夢か!
またまた華麗な舞姫が狙われる!」  1988年8月20日
脚本: 鴨井達比古
監督: 井上梅次
制作: 松竹芸能
出演: 佳那晃子、萩原流行、江波杏子、
岡本広美、朝比奈順子、鹿内孝ほか



三か月間の「黒真珠ものがたり」の公演を終えた夜
水中バレエ団のプリマ・涼子(岡本広美)が舞台の水槽から死体で発見された。



水中バレエ殺人事件・真夏の悪夢か! またまた華麗な舞姫が狙われる!


涼子は夫・神谷史郎(萩原流行)の姉・友田小枝子(江波杏子)が団長をつとめる
友田バレエ団に所属していたが、仕事に厳しい小枝子とは激しく対立をしていた。
かつて将来を有望視されていた涼子は、演出家史郎と結婚しふたりは小枝子の家で暮らしていた。



第一発見者はその小枝子と前科者の照明技師のミヤタケ(草薙良一)だった。
警察は小枝子、史郎とミヤタケの周辺を調べ始める。



葬儀を終えた小枝子の家へ演劇界の大物・南源太郎(鹿内孝)が焼香に訪れた。
涼子はかつて南の愛人であり、史郎はそれを承知で五年前に涼子と結婚した。
この裏切りに激怒した南は二人を演劇界から抹殺し
その後夫婦そろって友田バレエ団に身を置くことになったのだった。



水中バレエ殺人事件・真夏の悪夢か! またまた華麗な舞姫が狙われる!


思いがけない南の来訪に史郎は不快感を示すが
南は病気をしてから欲望のない人間に変わったと言い
小枝子も二人の仲を修復しようとする。



バレエ団は運営費として多額の借金を背負っており、
債権が工藤鋼業というやくざまがいの業者に流れ
社長の工藤敏典(片桐竜次)が劇団に取り立てに押しかけてきた。


そんな中、次のプリマにと白羽の矢を立てた北村カヨ子(朝比奈順子)が
「次はお前の番だ」という脅迫状を受取り退団を申し出た。
小枝子と史郎は劇団を買い取ろうとしている工藤たちの嫌がらせだとみた。


友田バレエ団は来年アメリカに進出する計画があり
小枝子は二十年間手塩にかけて育ててきた劇団を売るつもりはない。


二人が次のプリマを誰にするか悩んでいるとき突然謎の美女が稽古場に姿を現した。


水中バレエ殺人事件・真夏の悪夢か! またまた華麗な舞姫が狙われる!



女は北条百合子(佳那晃子)と名乗り、アメリカでバレエをやっており
得意のダイビングと合わせて日本でそのキャリアを活かしたいと話す。


その場で水槽に入った百合子の演技を見た小枝子は
彼女の見事な泳ぎっぷりに一目ぼれし猛特訓すると乗り気だった。
だが、史郎は新人がアッサリとプリマになったら
元からいた劇団員たちの嫉妬がすごいと反対した。



案の定、その噂を耳にした団員たちはおもしろくなく酒の場で不満をぶちまけた。
加えて涼子を殺したのは小枝子だという怪文書がバレエ団にばらまかれている。
劇団が資金難なこともあり団員たちはそれぞれ不安な気持ちを抱えていた。


その帰り道、泉まり子(杉本治子)はカヨ子と再会した。


カヨ子のマンションへ行くとこれまでの安いアパート生活を卒業し
暮らしぶりが良くなっているのがわかる。


水中バレエ殺人事件・真夏の悪夢か! またまた華麗な舞姫が狙われる!



驚いているまり子にアメリカに進出するのは友田バレエ団ではなく
新しいバレエ団だといい自分と手を組まないかと誘う。




まり子は夢が叶うと二つ返事でOKし浮かれた気持ちのまま帰って行った。
カヨ子は実は大物の愛人で、裏で工藤と手を組んでいた。
友田バレエ団を破滅させるため工藤らの計画は着々と進んでいたのだ。




次の公演「竜宮城ファンタジー」の乙姫役が百合子に決まる。


水中バレエ殺人事件・真夏の悪夢か! またまた華麗な舞姫が狙われる!


不服に思ったまり子は史郎に不満をぶつけるが決定は覆らず
百合子は史郎による厳しいレッスンに励む日々が始まった。


一方、涼子殺しは男女のペアだという密告の手紙が警察に届いた。
筆跡から山本ひとみ(岩本千春)だと判明する。



その頃、ひとみはカードの返済に困りまり子に金を借りようとしていた。
カヨ子と手を組んで以来、金回りが良くなっていたまり子は金を渡し
友田バレエ団はもうすぐつぶれるので自分が別のバレエ団で
アメリカに進出した際には協力してほしいといい味方に引き入れようとする。


水中バレエ殺人事件・真夏の悪夢か! またまた華麗な舞姫が狙われる!




ひとみはまり子に涼子が男女の二人組に殺されるところを見たと告白するが
直後、ひとみはやってきた刑事に署まで連行されてしまう。
しかし、ひとみは犯人の顔までは見ておらず犯人割り出しの決め手に欠けた。


まり子とひとみの会話は身を隠していた百合子が聞いていた。


百合子は店を出るまり子のあとをつけていくと
喫茶店で彼女を待っていたのは工藤とカヨ子だった。



水中バレエ殺人事件・真夏の悪夢か! またまた華麗な舞姫が狙われる!


百合子は三人が裏で組んでいて劇団を狙っていることを知ると
さらに事件を洗うように百合子は劇団員から史郎夫婦の馴れ初めなどを聞き出した。






入団前の涼子の事件をなぜか調べまわる百合子だったが次の公演に向けての稽古にも励んでいた。
すると工藤がやってきて期日の迫った借金の返済を催促しに来た。
小枝子は必ず返すと啖呵を切ると強引に追い返す。



実は南が資金提供を申し出たことにより小枝子はそれを受けるつもりだったのだ。
南と会った史郎も敵対心がなくなり素直に従うことにした。
こうして無事に期日が来た借金を返すことが出来て劇団は資金難から解放される。




百合子は史郎の命令でひとり居残って練習を続けることになった。



その夜、稽古を終えた百合子がシャワーを浴びているとき
誰かに覗かれているような気配を感じた。



水中バレエ殺人事件・真夏の悪夢か! またまた華麗な舞姫が狙われる!


着替えた百合子はひとり酒を飲んでいたミヤタケのところへ行くと
そのことを尋ねるが覗いたのは彼ではないという。
この時、ミヤタケが涼子に憧れている気持ちを持っていたことを知る。


すると、突然地下から女の悲鳴が聞こえた!


二人が急いで行ってみるとミヤタケが何者かに背後から襲われて気絶し
百合子はマスクをかぶった二人の人物に殺されそうになる。
とっさに百合子は近くの水槽に飛び込む。


しばらくして水面に顔を出した百合子をさっきの二人組が棒を持ってつっつきに来る。



水中バレエ殺人事件・真夏の悪夢か! またまた華麗な舞姫が狙われる!


再び水槽に逃げ込んだ百合子が底のほうへ身を隠していると
二人組は諦めて劇場を出ていった。


安心した百合子が水槽から出ると襲われたミヤタケが意識を取り戻していた。
二人が劇場内を見回ったとき、ひとみの水死体を発見する。


ひとみが殺されショックを受けたまり子に百合子は金が欲しいので
工藤を紹介したいと頼み込んできた。
百合子はまり子が工藤の協力者であるのを知っているというと
ひとみの助手になってもいいと誘ってくる。


百合子から会いたいと言われ何か魂胆があるのだと工藤もピンときた。
百合子はバーにいる工藤に会いに行くとスキをみて睡眠薬を酒に入れた。


水中バレエ殺人事件・真夏の悪夢か! またまた華麗な舞姫が狙われる!




そのままラブホテルへ行くと薬が効き工藤が眠り始めた。
百合子が工藤の手帳を見ると涼子の名前に✖印、
カヨ子、まり子、浅井大介の名前に〇印がついていた。


翌日、百合子は浅井から工藤の背後にはある大物がついていて
彼らが劇団乗っ取りを計画していることを知った。
浅井もギャンブルから借金をし金をもらって工藤に協力していたのだ。


いよいよ公演も間近にせまり稽古も大詰めに来た。

そんなとき南からの提案で劇団は油壷にある南の別荘へ骨休めに行くことになった。
百合子の登場からその関係がギクシャクしていたまり子が史郎を海へと誘う。
二人のあとをつけた百合子はまり子がカヨ子と一緒に史郎を殺そうとしているところを目撃する。


水中バレエ殺人事件・真夏の悪夢か! またまた華麗な舞姫が狙われる!


その後、工藤が受け取った南の小切手が不渡りになったと乗り込んできた
小枝子に南から電話が入り投資の失敗で全ての銀行が取引停止になったと知らされる。
愕然とした小枝子は史郎の姿が見えないことに気づき
東京へ帰ったのではないかという百合子の言葉で自宅へ戻るが帰った形跡はない。


油壷に残った百合子は工藤がカヨ子と会っている現場を見た。
さらに工藤と別れたカヨ子が南と抱き合っていて
工藤たちを背後で操っている黒幕が南であることを知りシャッターを切った。
ところがそれを工藤に見られてしまい百合子は必死で逃げた。


百合子は史郎を海に連れ出すところを見たと言いまり子にカヨ子宛ての手紙を渡した。


約束の時間に百合子が劇場で待っていると、あの時のマスクをかぶった二人組が来た。
犯人の正体は南と工藤だった。


南は五年前に自分を裏切って結婚した涼子と史郎を許すことはせず復讐の機会をうかがっていた。



水中バレエ殺人事件・真夏の悪夢か! またまた華麗な舞姫が狙われる!


それに加えて友田バレエ団がニューヨークに進出してメジャーになることも阻止したかった。
南の欲が絡んだ復讐劇だったのだ。


涼子殺しの現場を見たひとみが警察に密告したことも許せず
金を渡すとおびき出し涼子と同じように絞め殺して水槽に死体を投げた。


真相を知った百合子を南たちが殺そうとするが劇場には小枝子や
百合子に救出された史郎、警察が待機しており二人はその場で逮捕される。



百合子の正体は涼子の実の妹で、それを知っていた史郎が極秘に
ニューヨークにいた百合子に涼子の死を知らせたことにより帰国することになったのだ。


水中バレエ殺人事件・真夏の悪夢か! またまた華麗な舞姫が狙われる!


まり子は工藤たちに利用されていただけであり史郎たちは
彼女の罪は公にせずそのまま劇団に残ることになった。


しかもアメリカの財団が出資してくれることになり
これでようやく新しい公演に集中することが出来る。


小枝子や史郎、そして劇団員たちの夢であるアメリカ進出も
いよいよ現実のものとなりそうだった。


友田バレエ団はこうして無事に「竜宮城ファンタジー」の公演初日を迎えた。








関連記事
スポンサーサイト



                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント