Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2019-08-24 (Sat)

「ダイヤモンドの罠」 (1996年)  矢島誠 『消えた輝き』

社長の座をめぐるお家騒動から手首のない死体を発見した女デザイナーが
次々と不可解な事件に巻き込まれていく。




●異常性格犯罪シリーズ
「ダイヤモンドの罠・宝石デザイナーの妻が暴く不倫疑惑殺人!!
左手首が切断されて…」  1996年8月24日
原作: 矢島誠  『消えた輝き』  やっぱりミステリーが好き (講談社文庫) 収録
脚本: 長坂秀佳
音楽: 岩間南平
監督: 井上昭
制作: 松竹
出演: 池上季実子、宅麻伸、美保純、
中谷彰宏、南田洋子、中原果南ほか



軽部美也子(池上季実子)は夫・亮介(宅麻伸)が経営する宝石会社のデザイナー。
二人はデザインコンテストへの出品制作に追われていた。


亮介が浜松出張中、美也子は腹違いの兄で副社長の浩平(中谷彰宏)と
その母のつる江(白石奈緒美)に呼び出された。


二人はその席で、亮介と営業課員・竜崎明子(中原果南)の不倫現場を撮影したビデオを見せた。
亮介を失墜させるための罠だと直感した美也子は親友の編集者・水沢里見(美保純)に相談する。



ダイヤモンドの罠・宝石デザイナーの妻が暴く不倫疑惑殺人!!







里見はビデオのトリックを見破り、美也子はほっと胸をなでおろすと
浜松にいるはずの亮介の携帯に電話をかける。
だが「030局の区域にいます」というアナウンスに不安を感じた。



その夜、美也子が明子のマンションへ行ってみると、亮介と同じ白の車を目撃し
部屋を訪ねると左手首を切断された明子の死体を発見し室内の指紋を拭き取った。
帰宅すると亮介がいて、話があると呼び出されて明子のところへ行ったが殺してはいないという。



しかし、明子は亮介からプレゼントされていた指輪をしていた。
犯人がそれを抜こうとして抜けずに切断したのなら贈った亮介に疑惑がもたれる。


ダイヤモンドの罠・宝石デザイナーの妻が暴く不倫疑惑殺人!!






大切なコンテストの前に殺人事件に巻き込まれた美也子は母・春子(南田洋子)がいる施設へ行った。
美也子の父は春子と離婚した後に、つる江を後妻に入ってきた。
春子は「どんなときでも夫を信じることだ」とアドバイスをする。



美也子は世田谷北署の国境(綾田俊樹)の話から、
ドアノブと電源スイッチの二か所から亮介の指紋が見つかったことを知らされた。
大事なコンテストまであとわずか、亮介は船の中に隠れて
里見からあずかった美也子のデザイン画に基づき宝石を制作する。


ダイヤモンドの罠・宝石デザイナーの妻が暴く不倫疑惑殺人!!




やがて多摩川の河川敷から明子の左手首が見つかった。
手首が入っていたビニール袋からは亮介の指紋と
亮介の車の中からは明子に贈った指輪が見つかった。
河川敷からは亮介の車のタイヤの跡が残されている。







(現在元記事の一部のみ公開しています)






やっぱりミステリーが好き (講談社文庫)




応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント