A D M I N
topimage

2017-08

最新記事一覧  

PRIDE男祭り2005頂-ITADAKI-(Part3) - 2006.01.01 Sun

2005年12月31日(土) さいたまスーパーアリーナ 
開始時間:15:00 観衆:4万9801人 超満員札止め
特別試合~第6試合まではコチラ
第7試合~第10試合まではコチラ
生き様を倒すのは、生き様。

「生き様を倒すのは、生き様。」

■第11試合
○吉田 秀彦  VS  小川 直也●
(吉田道場)         (フリー)
1R6分4秒 腕ひしぎ逆十字固め
「赤なのか、青なのか」
試合当日までわからなかったこの「コーナー問題」試合前の選手入場で各試合の青、赤の順に選手が紹介されたと書きましたが、この時点で小川が青で入場してきたため、メーンを待たずどう決着がついたのかわかってしまった。やはりプライド、予想通り「赤コーナー」は吉田秀彦でした。

この試合だけPVが流れる前にビジョンに実況席が映しだされたことにより、この試合はライブ中継されるのだなと想像がつきました。
それまでは単純にPVが流れて「男祭り2005」のタイトルが出たところで選手入場でしたから。(追記:録画見ましたが時間差あったっぽいですね。CM入ってたり、カットされてたシーンもあったので)

実況席で実況・解説者等の話が終わったところで、メーンイベントのPVが流れる。これがまたすごくかっこいい。やはりメインのイベント、場内もヒートアップ。
このカードが決まったときのカード決定発表時の記者会見の模様から、二人の大学時代や1度だけ対戦したときのシーン。不器用な小川と優等生の吉田という構図で対比させている。その後二人がプロになりそれぞれの試合や小川はハッスルでドリフもどきの全員集合やHGを交えてのフォーポーズ、更には橋本さんの墓前へ参った時のシーンが流れました。

いよいよ選手の入場。
まずは青コーナーから小川直也が登場する。事前に報道されてた通り、『破壊王』故・橋本真也さんの入場曲「爆勝宣言」にのり登場。額にはこれも橋本さんのトレードマークの白いハチマキを締めている。
橋本真也さん
(ありし日の橋本真也さん)

小川入場
見難いですが小川の入場シーン

もうこんな会場で二度と耳にすることはないと思った曲、かつて新日のリングで組まれた橋本vs小川の試合や、一緒にハッスルのリングに上がってたときのこと、また橋本さんの闘魂三銃士時代などが走馬灯のように頭の中を駆け巡りました。
胸の中はなんともいえない気持ちでいっぱいです。

その後赤コーナーから吉田秀彦が入場。
マウスピースを口に挟み、平常心を装うかのようにゆっくりとリングへあがる。驚いたことに吉田はこの試合胴衣を着用せず戦うつもりのようだ。元は同じ柔道家、胴衣が不利になることをわかっていたのだろう。

試合は大一番にふさわしい一進一退の攻防。後輩吉田が容赦なく顔面を殴った。その後吉田が関節技へ移行する。小川の足を固めにいき、ここで一気に決着がつくかと思った。これをしのいだ小川だが、その後吉田は小川に対し容赦ない顔面踏みつけ。まさに「感情はない」という言葉通り。(この足への攻撃で小川が骨折してたのだ、試合中は気づきもしなかったです)

その後膠着状態が続いたが、最後は吉田が小川の左腕をとり逆十字を決めた。小川はプライドからか自らタップをせず、レフェリーストップのような形で試合終了。吉田も左目を晴らせている。1Rで決着が着いたもののこの試合の激しさがうかがわれた。





勝利者吉田が勝ち名乗りを受ける中、小川がマイクをとった。
まずは約5万人の大観衆へ
「応援してくれてありがとう。言い訳じゃないけど足固められたときに、足折れたよ」観客から驚きの声が。

そして吉田に
「吉田、お前これからがんばれよ」
これに対し吉田は小川に歩み寄り握手、そして「犬猿の仲」の二人が抱き合った。この姿に胸があつくなりました。

「お前ともっとやりたかった。1分1秒大事にしたかったけど、俺の足、持たなかったよ、ごめん」
そして「吉田、俺からの最後のお願いだ。一緒に”ハッスル”やってくんねぇか」

これには会場も大盛り上がり。吉田も苦笑してるかんじだった。
マイクを取った吉田は
「僕はこれからも格闘家としてやっていきたいんで、ハッスルは引退したらその時はお願いします」と拒否。
現地では「吉田使えねぇーー」と思ったが、今考えたら当然の返答でしょうな。

しかし、小川も以前新日のリングに上がったとき「プロ格闘家」だった。それが年月を経て「プロレスラー小川」になって、プロレス、ハッスルを背負ってPRIDEのリングに上がっている。吉田も将来はわからない。
思えばプロ格闘家時代の小川はかたかった。その時は現在の小川の姿など想像もできなかったっけ。今ではすっかりプロレスラーとなって、何もかも呑み込む包容さが感じられる。格闘家時代よりカオツキが良くなったと思う。

そして、マイクパフォーマンスだが、吉田には圧勝している。ハッスルでは高田総統にかなわない小川なのに、PRIDEだとマイクがうまく見える。

話を戻そう。吉田の返事を受け小川は
「わかった」と一言。そして足を引きずりながらリング中央へ向かい、観客に「ふがいない俺だけど、今度は起きるから。皆起立してくれ」と言い、観客と共に「3,2,1 ハッスル ハッスル」を決めた。その後橋本真也さんのためにもハッスルをしてリングを去る。

その後は勝者吉田がマイクをとってコメントする。引き上げていく小川は通路で観客と共にまたハッスル。

全体的にハッスルファンも多く来場してたと思う。私は上のほうから見てたのだが、入場ゲートの左側に固まってハッスルファンがいたように見受けられた。私のほうからは吉田より、小川の声援の方が多かったように思う。

自分はこの試合目当てで行ったので、小川は負けたが行ってよかったと思う。小川直也の”生き様”をしかと見届けることが出来たからだ。小川と吉田、二人ともとても好きな選手だが、この試合は小川を応援してました。

この二人がまた対戦するならば、次も是非会場へ足を運びたいと思う。

関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

コメントありがとうございます。
一生忘れられない試合になりました。
また遊びにいらしてください。

本当に楽しかったですね、また遊びに来ます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://loveantlers.blog31.fc2.com/tb.php/195-4f37c0c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PRIDE男祭り 小川VS吉田

フジテレビの男祭りを観戦していて、紅白歌合戦はすっかりスルーしてしまった年末でした。前置きはさておき、両者の意地の張り合いって感じがして、のっけから緊迫感がありましたね。(まあ、他の試合の合間に、なんだか意味不明な両者の歩いてる姿を流したり、街頭インタ...

天皇杯レッズがエスパルスに勝ち優勝

今年の天皇杯は浦和レッズが清水エスパルスを2-1で破り優勝し浦和ファンの皆さんオメデトウ

Dynamite!!ようやっと見ました «  | BLOG TOP |  » PRIDE男祭り2005頂-ITADAKI-(Part2)

お気に入り

カテゴリ

鹿島アントラーズ (314)
日本代表・サッカー (42)
雑記 (72)
ライフスタイル (638)
土曜ワイド劇場 (98)
昭和のテレビドラマ (20)
昭和の日本映画 (18)
映画(洋画) (20)
美術・展覧会レポート (61)
音楽・ライブレポート (17)
格闘技・プロレス (529)
ご案内 (2)

映画館で見た映画

ライブレポート

タグクラウド


最新記事

管理人用リンク

他はリンク欄にまとめました

公式サイト

DREAM/ 新日本プロレス/ 鹿島アントラーズ/

国内WEBサイト

スポナビ/ GBR/ デイリー/ J’s GOAL/

海外WEBサイト

SHERDOG/ MMA NEWS/ MMA WEEKLY/ MMA-Core.com/

ランキングからブログを探す

人気blogランキング
鹿島アントラーズ

サイトマップ

カテゴリー別サイトマップへ

当ブログの人気ページ

ブログパーツ

最近のコメント

スポンサードリンク

月別アーカイブ

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  01  12  09  08  12  02  01  12  11  10  01  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

リンク


Powered by SEO Stats

RSSフィード

QRコード

QRコード

LINKS

このブログをリンクに追加する

  • 総合格闘技ニュースブログ NHBnews PRO
  • 日刊H.T
  • 『誇り』を継ぐもの
  • Jリーグ(J1&J2)サッカーリンク集
  • スポトラ<スポーツトラックバックセンター>
  • PLAYERS.TV
  • My Sweet Hearts(旧ブログ)
  • 管理者ページ
  • ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる