FC2ブログ
2019/09/02
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「北海道子づくり旅行殺人事件」 (1995年)  子づくり旅行シリーズ第1弾

category - 土曜ワイド劇場
2019/ 09/ 02
                 
子づくり旅行シリーズの第1作目。


●「北海道子づくり旅行殺人事件・ラベンダー畑を死体が歩いた?!」  
1995年9月2日
脚本: 渡辺善則
監督: 山口和彦
制作: 松竹
出演: 片平なぎさ、松村雄基、松原智恵子、
中島宏海、北村総一朗、円谷浩、野村昭子ほか



桐野杏子(片平なぎさ)は三歳年下の高校教師・卓也(松村雄基)と
結婚して7年が経った。
姑・和代(野村昭子)の「早く孫の顔が見たい」という言葉もあり
北海道へ子づくり旅行に出かけることになった。


北海道子づくり旅行殺人事件・ラベンダー畑を死体が歩いた?!




二人はフェリーの中で、不倫カップル風の男が別の男と口論になっているところを目撃した。



翌日、苫小牧で卓也のバイク仲間の天城健介(円谷浩)、一二美(長田江身子)夫婦と会う。
卓也は一緒にツーリングするつもりだったが、健介は父が病気なので中止にしたいという。
車で待っている健介の父の顔を見て杏子たちは驚いた。
昨夜フェリーで口論をしていた不倫カップル風の男だったからだ。



健介の父は病院長の泰造(北村総一朗)で、同行していた女は八代里香(中島宏海)。
泰造と揉めていた相手の男は病院を辞めさせられた副院長の東村達男(中丸新将)だった。



北海道子づくり旅行殺人事件・ラベンダー畑を死体が歩いた?!



一二美は健介と結婚してから子宮筋腫を患い子供が出来ない体になってしまった。
それを知った泰造が離婚させようとしたため健介は父の元を飛び出していたが
泰造は病院へ戻ってくるよう説得しに来ていたのだ。



婿養子の泰造は大手の病院との業務提携を考えていたが
事実上の身売りとなることで妻の靖枝(松原智恵子)も健介も賛成することは出来ない。
その話し合いの場に東村が殴りこんでくると、泰造が病院を売って金を得ようとしていることを暴露した。
東村を裏で操っているのは里香だと見当をつけた泰造はそばにいた里香を殴りつける。



北海道子づくり旅行殺人事件・ラベンダー畑を死体が歩いた?!




翌日、里香の撲殺死体が発見された。


近くのラベンダー畑から里香の靴が発見される。
靴には芦別粘土が付着していたことから里香は殴られた後に一時的に意識を取り戻し
発見現場まで歩いてきた後にこと切れたものと見られた。
凶器は杏子たちの車に積んであったスコップで車内からも芦別粘土が発見され
平岡警部(大門正明)は二人に疑いをかけた。




杏子と卓也は疑いを晴らすために自らの手で真犯人を探すことを決意した。
卓也たちは里香が殴られたと思われる現場で、ホテルのマッチと母恋駅の切符を見つける。
母恋村の切符は毎年母の日に、健介夫妻が靖枝に贈っているものだった。



北海道子づくり旅行殺人事件・ラベンダー畑を死体が歩いた?!




調べを進めるうち、杏子たちは一二三が殺される直前の里香と会っていたことを知る。
一二三は、里香が健介に近づいていることで彼女が誘惑しているのではないかと疑っていた。
ところが、里香は天城家の重大な秘密を握っており健介に次期院長になるつもりがないことを確かめただけだという。



安心した一二三がその場を去る時に、杏子たちの車が停車しているのを目撃していた。
おそらく中には真犯人が乗っていて、その直後に里香をスコップで殴り殺したものと考えられた。



北海道子づくり旅行殺人事件・ラベンダー畑を死体が歩いた?!



一方、平岡警部は東村から里香が靖枝の父である先代院長の日記を手に入れていて
そこに天城家の重大な秘密が隠されていると話していたと情報を得ていた。
里香はそれをネタに次期院長にさせてやるから手を組もうと東村を誘っていた。
東村が院長になり五千万円の成功報酬をくれた後に秘密を教えてやる



卓也が現場で拾ったマッチは平岡らの調べで泰造の甥の若宮薫(宇梶剛士)のものと判明。
若宮は次期院長の座を狙い自分の患者であった里香を泰造に接近させた。
その後、秘密を掴んだ里香は若宮にも東村と同じ誘いをかけていた。
しかし、若宮も東村と同じく天城家の秘密が何かまでは教えられていない。



北海道子づくり旅行殺人事件・ラベンダー畑を死体が歩いた?!



殺された里香の遺品からは先代院長の日記は出てこなかったが
平岡は里香が言っていた誰も知らないはずの天城家の秘密を
健介は知っているのだと直感していることを杏子たちに打ち明けた。




その矢先、空知大滝で泰造の死体が発見される。


杏子と卓也の調べで若宮は里香以外の女性と地球岬へ行っていたことが明らかとなった。
二人がそこへ行ってみるとそばには母恋駅があった。
杏子は北海道に出発する日、見送りに来た和代が偶然隣にいた靖枝が
フェリーに乗っている里香を見て「あの女」と憎々しげにつぶやいていたことを聞き出した。



北海道子づくり旅行殺人事件・ラベンダー畑を死体が歩いた?!




杏子は真犯人は靖枝だと確信し、彼女に会いに行きそれを突きつけると
靖枝は素直に犯行を認めた。



靖枝には炭鉱技師をしていた恋人がいたが、父は泰造を婿養子に迎えることを決めてしまう。
その時、靖枝のお腹には恋人の子供である健介がいた。
靖枝は泰造の子供として出産したが、父はそのことに気がつき日記に書き記していた。


その日記を泰造に近づいていた里香が手に入れたことから今回の事件が始まった。



里香は健介が泰造の子供でないことを黙っているかわりに若宮を次の院長にするよう靖枝に要求してくる。
靖枝は若宮が秘密を知っているかを確かめるために会いに行ったのだった。



北海道子づくり旅行殺人事件・ラベンダー畑を死体が歩いた?!




あの夜、靖枝は杏子が車のキーを抜き忘れたのを利用して
車に乗り込むと里香がいる場所まで向かった。


一二三と会っていた里香が一人になると車にあったスコップで頭部を殴りつけて殺す。
若宮に容疑をかけるために彼が宿泊していたホテルのマッチを置いた。
その時、うっかり母恋駅の切符を落としてしまったことから杏子は靖枝に疑いを抱き始める。



泰造は東村が言う通り病院を売って大金を手に入れようと計画していた。
そのため健介に病院を譲る気がないことを伝えるために彼を呼び出していた。
しかし、待ち合わせ場所に来たのは靖枝だった。




泰造は健介が自分の子供でないことを知りながらもこれまで育ててきたので
退職金代わりだと言い病院を思い通りにする意思を曲げない。


北海道子づくり旅行殺人事件・ラベンダー畑を死体が歩いた?!




父の残した天城総合病院をなんとしても健介に継がせたい靖枝は
橋の上から泰造を突き落として殺した。


卓也が健介と一二三を連れてやってきた。
靖枝の切実な思いを汲んだ健介は病院を継ぐことを宣言し
安心した靖枝はひとりで警察へ向かった。



北海道子づくり旅行殺人事件・ラベンダー畑を死体が歩いた?!



思わぬ形で殺人事件に巻き込まれた杏子と卓也の子づくり旅行は台無しとなり
和代の待つ自宅へ帰ることになった。


だが、杏子は妊娠したことを卓也に告白する。
体に違和感を感じた杏子が出発するときに和代からもらっていた妊娠検査薬で
調べたところ陽性反応が出たというのだ。


結局、杏子は旅行前に卓也の子供をお腹に宿し気づかないまま
子づくり旅行に来ていた。
卓也は杏子の体を気遣いながら自宅へと車を走らせた。




※※※ 子づくり旅行シリーズ ※※※

1. 「北海道子づくり旅行殺人事件・ラベンダー畑を死体が歩いた?!」

2. 「オーストラリア子づくり旅行殺人事件・南十字星が見た完全犯罪!!豪華リゾートの結婚式が狙われた」







関連記事
スポンサーサイト



                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント