FC2ブログ
2019/09/09
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「円周率πの殺人・胃と腸…切断トリックの怪!?疑惑のクランケ」 (1989年)  由良三郎 『円周率π(パイ)の殺人』

category - 土曜ワイド劇場
2019/ 09/ 09
                 
エリート医師が赴任早々に奇怪な連続殺人事件に巻き込まれた。
被害者の娘と共に事件の謎に挑む。


●「円周率πの殺人・胃と腸…切断トリックの怪!?
疑惑のクランケ」  1989年9月9日
原作: 由良三郎  円周率π(パイ)の殺人 (カッパ・ノベルス)
脚本: 長野洋
監督: 井上芳夫
制作: 大映テレビ
出演: 三浦友和、岡田奈々、沖直美、川崎敬三、
中尾彬、平松慎吾、小倉一郎ほか


円周率πの殺人・胃と腸…切断トリックの怪!? 疑惑のクランケ



帝明大学病院の内科医・吉松直樹(三浦友和)は病院を辞めて
幼なじみの英子(岡田奈々)の父・高松良一(川崎敬三)が経営する
高松病院に勤めることになった。



大学病院でエリートコースを歩んでいた吉松が教授への道を捨てたのは
子供の頃の病気を治してくれた恩人だったからだ。
同じ大学で考古学の助手をしている英子はそんな吉松を心配する。



その後、昼食会で高松が突然腹痛を訴え急死した。
手術をすると胃と腸を内部で切断されているという奇怪な状況に立ち会った医師たちは驚愕する。
体内からは黒い鉄球が発見されそれにより切断された可能性が出てきた。


続いて医師の望月(中尾彬)までが同じ症状で死亡する…。




円周率π(パイ)の殺人 (カッパ・ノベルス)




関連記事
スポンサーサイト



                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント