FC2ブログ
2019/09/19
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「江戸川乱歩の十字路・エリート官僚の誤算 古井戸から蘇る謎の死体」 (1998年)

category - 土曜ワイド劇場
2019/ 09/ 19
                 
土曜ワイド劇場としては既に天知茂の美女シリーズで映像化していた「十字路」



●「江戸川乱歩傑作選・”十字路”超エリートと美人OLの失楽園!
古井戸の底から生き返った謎の死体が愛欲の完全犯罪を暴く」  1998年9月19日
原作: 江戸川乱歩  『十字路
脚本: 中園健司
監督: 高坂勉
出演: 風間杜夫、京本政樹、芳本美代子、中山忍、谷啓、平泉成、
絵沢萌子、深浦加奈子、池田成志、内田春菊ほか



エリート官僚の伊勢省吾(風間杜夫)は妻の友子(深浦加奈子)と離婚をして
愛人の晴美(芳本美代子)と再婚するつもりでした。


江戸川乱歩の十字路・エリート官僚の誤算 古井戸から蘇る謎の死体




省吾が今のポジションまでこれたのは亡くなった友子の父のおかげであったが
友子は新興宗教にのめり込み夫婦関係は破綻していた。
上司(平泉成)もそのことをと知っておりたとえ協議離婚したとしても
省吾の功績は変わらないとして次期事務次官に推薦すると理解を示してくれている。


そんなある日、晴美のマンションに友子が包丁を持って現れ居合わせた省吾に襲いかかる。
晴美は省吾を助けようとして観葉植物の鉢で友子の後頭部を殴って殺してしまう。


友子は布教活動で静岡へ行くことになっていたはずだった。
省吾はこれを利用して友子の死体を自分が始末し、その間に晴美に友子のフリをさせ熱海へ行かせ
翌朝に鏡ケ浦で友子が投身自殺したように装わせることにした。


江戸川乱歩の十字路・エリート官僚の誤算 古井戸から蘇る謎の死体




省吾は友子の死体を車で故郷の村の古井戸へ捨てに行こうとするが
その途中で新宿の交差点で四輪駆動車と接触事故を起こす。
警察で事情を聴かれた省吾は相手に金を渡して示談を成立させて車に戻ると、
車内に写真家の相馬(京本政樹)という見知らぬ男の死体があった。



省吾は友子と相馬の死体を古井戸に投げ捨てるが、この時友子の靴の片方が無くなっていることに気がつく。
だが、周辺を探しても靴は見つからない。



しばらくして目白南署のハナダ刑事(谷啓)から友子の遺留品が見つかったと連絡を受けた。
警察では友子がホテルに宿泊していたことも調べており、省吾は自分には愛人がおり
離婚を切り出して揉めていたことをハナダに話し傷心した友子が投身自殺したように誘導する。


省吾は警察から帰る時に相馬ソックリの男と鉢合わせて驚く。


江戸川乱歩の十字路・エリート官僚の誤算 古井戸から蘇る謎の死体



それは、相馬の妹・ヨシエ(中山忍)から行方不明になった相馬の捜索を依頼された
ハナダの元同僚で私立探偵の南(京本=二役)だった。




南は失踪当日の相馬の足取りを調べヨシエの恋人・真下幸彦(池田成志)が
ヨシエとの結婚に反対する相馬と口論になり突き飛ばしフラついた相馬は
停車してあった省吾の車に乗り込んだと探り当てた。


南は省吾が友子と相馬の死体を古井戸に棄てるところを見たという
田中クラゾウを探し出した。
その夜、省吾は南から友子の靴の片方を五千万円で買い取れと脅迫される。


江戸川乱歩の十字路・エリート官僚の誤算 古井戸から蘇る謎の死体




それは古井戸に遺棄する時に友子の足から脱げたものでクラゾウが拾っていたというのだ。
省吾は金を渡す口実で南を車で連れ出すと口封じのために殺してしまう。


自宅に帰った省吾をハナダが逮捕状を持って待っていた。


ハナダは友子の自殺説に疑問を抱き省吾が殺したのではないかと見立てていた。
そんな時、相馬失踪の調査をしていた南が相馬と友子の事件が交差することに気づく。
南の嗅覚の良さを熟知しているハナダは部下に命じて南に張り付かせ彼が得た情報を入手していた。


ハナダは省吾が花瓶に隠しておいたネーム入りの相馬の懐中時計を見つけており
晴美のマンションに落ちていた友子の靴の片方も見つけ出していた。
南が脅しに使った靴は偽物だったのだ。


江戸川乱歩の十字路・エリート官僚の誤算 古井戸から蘇る謎の死体




省吾はその場で晴美に電話を掛け警察に逮捕されたこと、南を殺して車のトランクに死体を入れ
鏡ケ浦へ棄てにいくつもりだったことを打ち明けると南から奪った銃で自殺した。


ひとりになった晴美はマンションの屋上から身を投げる。













関連記事
スポンサーサイト



                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント