Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2019-10-12 (Sat)

「特急”白鳥”十四時間」 (1985年)  西村京太郎のトラベルミステリー第7作

土曜ワイド劇場のトラベルミステリー第7作。

今回は亀井の命を狙う犯人との対決を描く。



●「特急”白鳥”十四時間・大阪-新潟-青森
日本一長い電車特急で連続殺人!津軽海峡の女」  1985年10月12日
原作: 西村京太郎  特急「白鳥」十四時間 (1984年) (カドカワノベルズ)
脚本: 猪又憲吾
音楽: 甲斐正人
監督: 永野靖忠
制作: 東映
出演: 愛川欽也、三橋達也、中野良子、森本レオ、
平幹二朗、北詰友樹ほか



大阪に出張していた亀井刑事(愛川欽也)が夜の道頓堀で男に襲われた。
男は石崎というチンピラで動機は亀井を殺せば
一千万円の懸賞金を出すというチラシが配られていたからだった。
西本(森本レオ)と大阪府警の片山由美(丸山秀美)に同行して
変装した亀井もチラシが置かれているというバーへ向かった。



特急”白鳥”十四時間・大阪-新潟-青森 日本一長い電車特急で連続殺人!津軽海峡の女




バーのマダム(加茂さくら)はミッキーマウスの野球帽をかぶった男に
三万円出すからチラシを置かせて欲しいと頼まれたのだという。
チラシは大阪、東京、名古屋、仙台などに置かれていることがわかった。
犯人は亀井に深い恨みを抱くもので、野球帽の男はその仲間だろう。



そして、十津川のもとへもチラシが送られ犯人からの挑戦状と見た。
亀井はそれを受けて立つという。




青森にいる病気の叔母を見舞いにいくという理由で休暇を取ると、
大阪発青森行の特急「白鳥」に乗ることを公表し犯人を誘い出そうと計画する。




いよいよ見えない犯人をおびき出す十四時間の旅が始まった。
亀井の身辺は西本と清水(井川大輔)が警護し犯人逮捕に全力を注ぐ。
西本の身を案じた片山婦警も休暇を取り列車に乗り込んできた。



特急”白鳥”十四時間・大阪-新潟-青森 日本一長い電車特急で連続殺人!津軽海峡の女






やがて、北条(山村紅葉)が前科者で出所している
原勝一(立川光貴)と後藤正也(宮口二朗)が亀井を恨んでいることを
十津川警部(三橋達也)に報告。



犯人は亀井の命に一千万、前金として百万円をポンと渡せるだけの財力がある。
そこから察するに金のない後藤は一千万と亀井への逆恨みから殺しを請け負っても
スポンサーになりえない。
だが、原は莫大な遺産を受け継いでおり金があった。
十津川らは野球帽の男を使っている黒幕は原だと考えた。







一方、白鳥では片山婦警が2号車で不審な男を発見し
亀井が行ってみると後藤だった。


特急”白鳥”十四時間・大阪-新潟-青森 日本一長い電車特急で連続殺人!津軽海峡の女





隣の席へ座った亀井は後藤に自分の命を狙っているのではないかと問いただすが、
のらりくらりとかわすと席を立とうとした亀井に突然ナイフを向けその場で逮捕される。
案の定所持していたバッグからはスポンサーからの手付金百万円が入っていた。






十津川は白鳥に乗っている亀井たちに容疑者として原と後藤の存在を伝えた。
亀井と西本は片山婦警の安全を考え下車して帰るように説得する。
ようやくそれに応じた片山婦警がトイレへ向かったところ女装をした男と鉢合わせした。




十津川が亀井に宛てた原の顔写真を見ていた片山婦警はすぐに男が原であることに気がつき
直前に西本と片山婦警が話しているのを聞いていた原は婦警だと見破り口封じのために殺害する。







やがて片山婦警の死体が見つかり、亀井と西本は彼女を早く帰さなかったことを悔いた。
片山婦警が亀井を殺そうとした犯人に殺されたのだとわかり、
西本らは必死に社内を見回り原を見つけだそうとする。



そして、トイレへ向かった亀井は待機していた原にピストルを突きつけられ
あと少しで殺されそうになるが西本らが駆けつけその場で原はおさえられた。
これで一件落着と思ったが、原は懸賞金のスポンサーでないことが明らかとなる。



そうなると一体誰が大金を使ってまで亀井の首を狙っているのか。
亀井は目に見えない犯人の存在に怯えた。



東京で片山婦警が殺されたという報告を受けた十津川も白鳥に乗り込むことになった。
野球帽の男が荒川(森川正太)という前科者だとわかり、
十津川は荒川の故郷新潟で彼の妹から話を聞くことにした。



特急”白鳥”十四時間・大阪-新潟-青森 日本一長い電車特急で連続殺人!津軽海峡の女





そこで荒川が最近うまい儲け話があると話していたことがわかり
荒川の友人に磯見ケイスケ(北詰友樹)という男がいることが判明した。
荒川は自分にはグローバルグループがついていると大口を叩いていたという。



北条らはグローバルグループの五十嵐明(平幹二朗)が
二年前横浜で屋台のおでん屋をやっていた未亡人・久原夏子(中野良子)という女を拾い上げ
クッキングスクールの資金を提供し今は華々しく成功しているという噂を聞いた。




特急”白鳥”十四時間・大阪-新潟-青森 日本一長い電車特急で連続殺人!津軽海峡の女


(現在は元記事の一部のみ公開しています)




特急「白鳥」十四時間 (1984年) (カドカワノベルズ)





応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント