FC2ブログ
2019/11/08
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「ゴッホ展」@上野の森美術館は平日でもかなりの混雑

category - 美術・展覧会レポート
2019/ 11/ 08
                 
上野の森美術館へ「ゴッホ展」を見に行って来ました。



ゴッホ展@上野の森美術館



ゴッホ展というとやはり知名度が高い分混雑が予想されるため
回避するために平日狙いでした。


ゴッホ展@上野の森美術館


私が行ったのは10月最後の水曜日の午後2時頃。
しかしながら、すでに入場規制などをお知らせする看板が出ており
入場までの待ち時間はないものの会場内は大変混雑していると書かれていた。



ゴッホ展@上野の森美術館



ということで入場前に外にあるロッカーに荷物を預けていざ中へ。
上野の森美術館はロッカーが館内にはなく屋外にあるんですね。
他の美術館と同じ感覚で中に入ってしまうとロッカーがないので注意。


会場内に入ると混んではいるものの思ったよりは見やすいという印象でしたが
時間を追うごとに人が入り始め、気がついてみると看板のコメント通りに
かなりの混雑となりました。


これまで開催されたゴッホ展との違いは、初期に出会った「ハーグ派」の作品が多く
オランダだけでなくイスラエルやスイス、モナコなど多数の国や地域から出品されている。


そのため「ハーグ派」と「印象派」の二つの章で構成され
これまでスポットが当たりにくかったハーグ派のコレクションも
印象派と同じくらいのボリュームで見ることが出来ます。




フィンセント・ファン・ゴッホ 「農婦の頭部」

フィンセント・ファン・ゴッホ ≪農婦の頭部≫  1885年


ゴッホは一時期、頭部ばかりを熱心に描いていたそうです。



フィンセント・ファン・ゴッホ 「タンギー爺さんの肖像」

フィンセント・ファン・ゴッホ ≪タンギー爺さんの肖像≫  1886-87年


画商であり画材屋も経営していたタンギー爺さんの肖像画。
ゴッホは爺さんの絵をいくつか描いていますが
こちらはさっぱりとした身なりで若々しく表現されているのが印象的。




フィンセント・ファン・ゴッホ 「糸杉」

フィンセント・ファン・ゴッホ ≪糸杉≫  1889年


チラシや看板でも使用されていた糸杉の絵。
荒々しく力強い筆致は杉の生命力の逞しさを十分に表現し
迫力が感じられました。





さて、混雑の中でゴッホ展を見終わり休憩できる場所を探すことに。

歩いていると西郷隆盛像のある場所に出てきたので今さらですが記念撮影を。

東京上野 西郷隆盛像


結局、公園内のカフェは避けて駅前のフードコートに入った。
土日は混雑しているため落ち着かず、次第に足が遠のいていましたが
平日の夕方とあり席が確保出来ました。


意外と周りが気にならず集中して作業が出来て、そのあともゆっくりとくつろいでしまった。



上野方面の美術館へ行くのは今年はこれで最後かな。
とりあえずある程度混雑は回避しながら見れたので良かったです。


関連記事
スポンサーサイト



                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント