FC2ブログ
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

久々の風邪が長引き、ネットにも繋がらない状態が続く

category - ライフスタイル
2019/ 11/ 29
                 
ここのところ鹿島の記事を書けなかったのですが、
実は川崎戦でブログを書いている途中に
Wi-Fiを受信するドライバが急に消失してしまい
書いた記事が保存できず全てパーになってしまいました。


負けた上にイチからやり直しとなりすっかり心が折れてしまった。


私はいつもブログは移動が可能なタブレットで書いている。
カバーにキーボードがついていて装着するとノートパソコンに変身。

もうひとつデスクトップのパソコンがあるけどこの日は妙に体調がよろしくない。
デスクトップは足元にヒーターを置いてもこの時期冷えを感じるので
川崎戦は無理せずに投稿自体を見送ることに…。


幸いと言うかなんというか、他カテゴリーはすぐに投稿できる記事が沢山あるため
それだけを細々と投稿して繋ぐことにしました。


広島戦までは間があるし、新しいノートパソコンを買おうと思っていた矢先、
風邪の症状がどんどん重くなり喘息のような奇妙な咳が発作のように出てくるようになった。


以前も、同じ症状が出たことがあり総合病院でいろんな検査を受けたのですが
喘息でもアレルギーでもなく肺にも異常が見られず原因がわからない状態。
その時は、すっごく強い薬を処方してもらいすぐに完治。


ということで、近所の医者でこれまでの経緯を話し濃度1/10の同薬を処方。
その後も治らず広島戦の日に病院へ行くとどこも休診。


すっかり忘れてましたがこの日は祭日だったんですね。


家へ帰ってくるまでそれに気が付かないまま雨の中重い体を引きずるように
開いている病院を探しまくる…。


と、いっても都心なので歩き回ったのは駅周辺の短い距離なんですがね。
それでも心は泣きそうになりながら、4件目でようやく開いている病院を発見。


しかし、ここは夏に別の症状で行ったときに代替えの先生の対応が非常に悪く
ネットの口コミも悪かったことから二度と行かないと決心したところ。
背に腹は変えられないので入ってみたら、運がよく院長(といっても個人病院ですが)がいて
すごく親身になって対応してくれた。


そして、病状についてもわかりやすく話してくれたので評価が一変。
薬の組み合わせもかわり昼間はあれほど続いた咳が止まり始めてきた。
しかも、家に帰ったら通信できなかったタブレットが使えるようになってきた。



あれから一週間、先週と同じ病院へ行きまだ夕方以降に咳が続く不安を訴えましたが
またしても治るまでの経緯をわかりやすく説明してもらい
とりあえずは今の薬を飲みながら様子を見ることにした。


また今日からタブレットが通信できなくなったので神戸戦は
エアコン&床暖房をつけながらデスクトップで書けたら書こうかな。



ブログの記事は鹿島以外は1年以上働かなくても
ブログが生活できる状態なので今まで通りに予定している日に投稿します。


ということで、こちらも広島戦あたりから書き出してほったらかしで
(もともとは広島戦を書いていたのだがテンション上がらず上書き状態)
一週間後に完成というまったりスタイルなので前後の繋がりが不自然かもしれないけど
いいやってことで投稿しちゃいます。


タブレットもメモ代わりにはなるのでしばらく様子見てダメそうだったら買い替えるかな。





関連記事
スポンサーサイト



                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント