Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2019-11-30 (Sat)

2019リーグ第33節 ヴィッセル神戸戦

■Jリーグ 第33節 鹿島アントラーズ 1-3 ヴィッセル神戸
2019年11月30日(土) カシマサッカースタジアム 14:03キックオフ/34,312人

【スタメン】
GK クォン スンテ
DF 内田 篤人、チョン スンヒョン、犬飼 智也、町田 浩樹
MF 永木 亮太、レオ シルバ、セルジーニョ、名古 新太郎
FW 土居 聖真、伊藤 翔


【控え】
GK 曽ケ端 準
DF 伊東 幸敏
MF レアンドロ、遠藤 康、白崎 凌兵、相馬 勇紀
FW 上田 綺世


【得  点】 40分 土居 聖真

【交  代】 63分 内田 → レアンドロ、63分 伊藤 → 上田、74分 名古 → 白崎



別記事でちょろっと触れましたが、川崎戦で記事をアップする寸前に
ネットに突然繋がらなくなり書いた記事が全ておじゃんになり
川崎、広島と試合は見たもののブログには書かないという状態が続いてました。
(広島戦も発作のような咳が止まらず体調第一で見送り)



何週間か前なのでもう何を書いたかほとんど忘れてしまったが
大一番の川崎戦で敗戦を喫した時に思ったのは
こういう試合を勝てないというのは優勝するチームの器ではないということ。



まだあの時点では優勝への望みがあり優勝が厳しくなっただけで
優勝する可能性はあったわけで、最後まで諦めないというのが正しいのかもしれないが
逆転でも優勝するときってなんか追い風のようなもの
よく言われている「運が向いている」っていう雰囲気を感じるもの。



「運」っていうと漠然としているし、神頼み的な印象があるかもしれないが
「運も実力のうち」っていう言葉通り運を引き込む力も実力だと考えています。


続く、広島戦でもスコアレスドローという結果に終わり
ゴールを割れない鹿島の姿を見て「やっぱり、今年はキツイな」という気がしました。



本当は神戸戦、名古屋戦は行く予定で考えていたんですが
咳が止まらず(発作のような咳なので周囲にも迷惑)で取りやめ。
名古屋はカラヴァッジョ展も行きたかったので行けなくなって残念。



相変わらずのDAZN観戦を決め込んだが、なんと試合の時間になってもDAZNに繋がらない!
試合の何分か前にはDAZNから「もうすぐ鹿島の試合が始まるよ。見逃さないでね」っていう
リマインダーまで届いたのに何度トライしてもエラーが出てしまう。



前半が終わった頃再度挑戦したら復旧してましたね。
しかし、スコアが1-2で負けているではないか!
とりあえず少しだけ巻き戻して2失点目と土居のゴールだけは見直しました。



神戸のチーム事情には明るくはないが、どうやらメンバーを落としているらしい中
まさか前半で2失点してしまうとは。
今の鹿島には攻撃の形がないのでこれから2点取れるかどうかが微妙。


後半からは普通に見ましたが、なんだか神戸におされている。
データでも圧倒的に神戸のポゼッションが上回っていましたね。
相手は鹿島のどこを潰しとけばオッケー的なかんじで楽しんでサッカーをしている。


今日は勝ちに行く姿勢を見せて割と早めに二枚変えたが
いきなりあんなに使わなかったレアンドロ投入でビックリ。
本当に練習で得点を狙っていかなければならない状況になったとき
彼らの投入でそれが実現出来るようやっているのか疑問。



とにかくホーム最終戦、勝てなければせめて引き分けをと思っていたら
ついに3失点目で終了。

まさか2点差つけられて敗戦するとは…。


一時は首位に立ちながらも終盤に失速するとは2017年を思い出させられる。
あの時、ホーム最終戦へ優勝への期待を胸に応援しにいって
勝ちに行く姿勢を見られずモヤモヤした気持ちを抱えながら帰宅した。
あの時は悔しさと怒りが込み上げてきたが、今日は早い段階で諦めモードになった。



前のような悔しさがなく「あぁ、やっぱりな」と思ってしまったのが悲しい。
チームから試合にかける熱のようなものが感じられない。
ゴール裏から久々に聞こえる「奇跡を起こせ」を聞きながらも
奇跡が起こりそうな期待感が生まれてこないんですよねぇ。



もう、来年はさすがに監督を変えて欲しいが優勝に導けるような
組織として建て直せる監督を呼べるかどうかフロントへの信頼感も薄い。
大岩さんも今年は有望な若手の海外移籍に加えて
シーズン通してけが人にも泣かされ気の毒な点もあるが
やはり優勝を狙うチームの監督ではないと思う。


せめて、名古屋戦では気持ちだけは伝わる試合をしてほしい。



応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント