FC2ブログ
2019/12/19
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「森村誠一の凶学の巣③・母の情事を目撃した女子優等生」 (1987年)  シリーズ第3弾

category - 土曜ワイド劇場
2019/ 12/ 19
                 
森村誠一の凶学の巣シリーズの最終作。


●「凶学の巣・③ 母の情事を目撃した女子優等生」
1987年12月19日
原作: 森村誠一
脚本: 播磨幸児
音楽: 羽田健太郎
監督: 永野靖忠
制作: 東京映画新社
出演: 小野寺昭、浅茅陽子、中本美鈴、
白川和子、山本耕一、南原宏治ほか



凶学の巣・③



世田谷区立永沢東中学校の樹木彪(小野寺昭)が受け持つ
みどり(中本美鈴)は優等生だが家庭環境は荒れていた。
父親の野上(山本耕一)と母(白川和子)の仲は何年も前からすっかり冷え切っている。


そんなある夜、みどりはホテル街で母の情事を目撃してしまい
深夜、樹木に相談の電話を掛けてきたが要件を聞く前に電話が切れてしまう。
心配になった樹木がみどりの自宅に連絡すると案の定まだ帰宅していない。



心配した樹木が家まで行ってみると、リンチを受けたみどりが帰宅するところだった。



凶学の巣・③


彼女を襲ったのは同じクラスのサクラ トモコたち四人だったが
みどりは誰にやられたか明かさないまま野川に「あの女を家から追い出して!」と
不倫している母を指さして叫んだ。



翌日、みどりは何事もなかったかのように学校にやって来た。
その後、母は家を出て行きみどりは野川と暮らしていたが
生活に荒れた様子もなく成績も相変わらずよく樹木はホッと胸をなでおろした。



二ヶ月後、樹木にカミソリの刃が送りつけられるようになった。
そして授業参観後の父母懇親会で野上からみどりがトモコたちに脅迫され
家から金を盗むようになったことを知らされる。



凶学の巣・③ 母の情事を目撃した女子優等生




樹木がさっそくトモコたちにそれを確かめに行くと
四人はみどりをリンチしたことは認めたが金を強請った覚えはないと否定する。
リンチしたのはバザーの売上金三十万円を盗んだのはトモコだと
みどりが教師に告げ口したことでセクハラまがいの行為を受けた報復だという。



家庭環境が複雑なみどりは表面こそ優等生を演じているが
裏の顔は全く違っていた。


クラスの男子・竹本の子供を身ごもってしまったため父の金を二十万を盗むと
誰にも内緒で中絶手術を受けていた。
そして、トモコの名を使い竹本から二十万円の金を強請ろうと電話をかける。
翌日、竹本から相談を受けたみどりは秘密を守るために金を渡すよう頼んだ。



その頃、学校へ樹木が男子生徒や不良を身びいきしているなどという
投書が相次いでいると校長(南原宏治)に呼ばれて事情を聞かれた。
そこでリンチ事件のことが発覚し公表していなかった樹木は責め立てられることになる。



凶学の巣・③ 母の情事を目撃した女子優等生




家に帰った竹本が通帳を持ち出そうとしたところ母に見つかってしまい
何もかも打ち明けてしまう。



母は何も知らないトモコに会うと二十万円を渡し何も口外しないよう言い含めた。
不審に思ったトモコは竹本を締め上げみどりが仕組んだ罠に気づく。
そして、トモコの机から金の入った袋を探していたみどりを捕まえようとした。




教室から逃げ出したみどりは野川が一週間の北海道出張に行ったことを
家政婦から聞かされて母のマンションへ行くが男連れで酔って帰宅する姿を見て
どこにも逃げ場がなくなってしまった。



凶学の巣・③ 母の情事を目撃した女子優等生



頼れるものがいなくなったみどりは樹木の自宅へ行った。
何か事情があると察した樹木はみどりを泊めてやることにする。
翌日、みどりは腹痛を訴え学校を休むと言い出したため
妻のかおる(浅茅陽子)にみどりの面倒を見てもらうことにして学校へ行った。



みどりは樹木がいなくなると娘のなおの人形を外へ放り投げ
それをとろうとベランダから体を乗り出すなおをじっと見ている。
かおるはなおを抱き上げるとみどりを叱りつけた。
みどりは両親の愛情を受けて育つなおが憎たらしくて
事故に見せかけて転落させようとしていたのだ。



凶学の巣・③ 母の情事を目撃した女子優等生




トモコはみどりが樹木の家へいると知りいじめられっ子の山崎(西川和孝)を使い
樹木が呼び出したように装い土手まで連れてこさせた。
帰宅した樹木はかおるからこのことを聞き不審に思った。


その時なおがみどりのカバンを勝手に開けてしまいかおると樹木が
片付けようとしたときカミソリの刃を送ってきた時と同じ封筒が見つかった。
おそらく学校に投書をしていたのもみどりだろう。
さらに大金の入ったみどり名義の通帳も入っている。



口座の履歴を見た樹木はバザーの売上金はトモコではなくみどりが盗んだのだと確信した。
父から盗んでいた金も自分の口座に預けていてトモコたちに強請られてのではない。
トモコが強請っていないと言っていたのは本当だったのだ。



凶学の巣・③ 母の情事を目撃した女子優等生




樹木は家を飛び出しみどりを探しに行こうとしたところ山崎にバッタリ会う。
その頃、みどりは廃車置き場に連れていかれ火のついたタイヤに囲まれていた。
みどりの悪事を知ったトモコたちは棒を持って激しく責めると
彼女は泣きながら土下座をして謝った。



そこへ樹木が「やめろ!」と叫びながら飛び込んでくる。
怒り狂ったトモコたちの矛先は樹木へと向かい、みどりはスキをみて逃げ出した。
タイヤの壁を乗り越えて外にでようとしたところ火のついたタイヤが次々に落下してきて
樹木は足を骨折し身動きが取れなくなってしまった。




凶学の巣・③ 母の情事を目撃した女子優等生



助けを求める樹木を置いてみどりもトモコたちも逃げ出していった。
そこへ山崎が飛び込んできて大声で「俺たちの先生を殺してもいいのか!」と叫び
必死で樹木を救出しようとする。




トモコたちもみどりも戻ってきて樹木は生徒たちに助け出された。
この瞬間バラバラだったみどりたちは初めて心がひとつになった。




************ 凶学の巣シリーズ ************

1. 「森村誠一の凶学の巣・女子学級委員の謎の死」

2. 「凶学の巣、その後・帰ってきた非行生徒に教師の反撃!」

3. 「凶学の巣・③ 母の情事を目撃した女子優等生」





関連記事
スポンサーサイト



                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント
        

Re: No title
コメントありがとうございます。



> お世話になっております。
> こちらのコラムとは全く無関係ですが、質問させてください。
> 私が幼稚園か小学校に上がるくらいですから、30年ほど前で土曜物だと思います。
> 内容はかなりあいまいですがざっと下記のような感じで、出演者も役柄も覚えていません。
>
> 新婚夫婦の夫が不倫相手を孕ませ、妻との離婚と女(不倫相手を略します)との結婚を迫られるが、断ると逆上した女に殺される。
>
> 女は刑務所内で出産、子供は新妻に預けられるが、新妻は当然ながら女を憎み、女が出所したら娘を虐待する場面を見せつける事での復讐を誓う。
>
> その後、女は出所し娘へのアプローチを図るが、義母は寄せ付けず、女が娘に送ったものを破壊して送りつける程度で、娘に対しての虐待はなかった。
>
> いつしか義母に長年育ててきた娘に対する愛情が芽生えていた。
> そして実母が不治の病にかかり、二人は見舞いに行くが、娘に
> 「この人があなたを産んだお母さんよ。」と告白する。
> 女は涙を流して娘を託してドラマは終わりました。
>
> 涙腺が弱くなった祖母がラストの場面で泣いていたのを子供心によく覚えています。
> このドラマに関して管理人様が覚えていらっしゃるかこちらでアップされていましたら、教えて下さい。
> よろしくお願いいたします。




すみません、ちょっとストーリー的に心当たりがなくて、おそらくこちらにも書いてないと思われます。


しかし、すごくエグイ内容のドラマですね。
凄まじいあらすじを読んで私の方もなんというタイトルでいつ頃放送されたのか気になってしまいました。


出演者などわかると探しやすいのではないでしょうか。
もしかしたら土曜ワイド劇場ではなく月曜ワイド劇場という可能性もあるかもしれませんね。


同じテレビ朝日で放送期間は短かったですが、結構スゴイ内容のドラマを夜の八時から放送していた記憶があります。
No title
お世話になっております。
こちらのコラムとは全く無関係ですが、質問させてください。
私が幼稚園か小学校に上がるくらいですから、30年ほど前で土曜物だと思います。
内容はかなりあいまいですがざっと下記のような感じで、出演者も役柄も覚えていません。

新婚夫婦の夫が不倫相手を孕ませ、妻との離婚と女(不倫相手を略します)との結婚を迫られるが、断ると逆上した女に殺される。

女は刑務所内で出産、子供は新妻に預けられるが、新妻は当然ながら女を憎み、女が出所したら娘を虐待する場面を見せつける事での復讐を誓う。

その後、女は出所し娘へのアプローチを図るが、義母は寄せ付けず、女が娘に送ったものを破壊して送りつける程度で、娘に対しての虐待はなかった。

いつしか義母に長年育ててきた娘に対する愛情が芽生えていた。
そして実母が不治の病にかかり、二人は見舞いに行くが、娘に
「この人があなたを産んだお母さんよ。」と告白する。
女は涙を流して娘を託してドラマは終わりました。

涙腺が弱くなった祖母がラストの場面で泣いていたのを子供心によく覚えています。
このドラマに関して管理人様が覚えていらっしゃるかこちらでアップされていましたら、教えて下さい。
よろしくお願いいたします。