Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2019-12-24 (Tue)

「ブダペスト展」@国立新美術館と恵比寿ガーデンプレイスのクリスマスイルミネーション

国立新美術館で行われている「ブダペスト ヨーロッパとハンガリーの美術400年」へ行ってきました。


「ブダペスト展」@国立新美術館


日本とハンガリーの外交関係開設150周年の展覧会で
ブダペスト国立西洋美術館とハンガリー・ナショナル・ギャラリーのコレクション展から130点の作品が展示。

両館の作品がまとまって来日するのは25年ぶりだとか。



あまり目にする機会がないハンガリー画家の作品も見れるということで
年末年始のお休みが長い国立新美術館に駆け込むような形で行ってきました。


クラーナハの「不釣り合いなカップル」やティツィアーノの「聖母子と聖パウロ」や
印象派の作品も展示。



今回、チラシや看板で使用されていた紫が印象的な女性の絵は
ハンガリーの画家・シニェイ・メルシェ・パールが
結婚したばかりの愛妻をモデルにしたもの。


「ブダペスト展」@国立新美術館

シニェイ・メルシェ・パール ≪紫のドレスの婦人≫  1874年


制作時は評価が得られなかったものの、後に広く理解されるようになり
ハンガリーで重要な画家のひとりになったとか。


他にも伝書鳩を胸に抱いた若い女性の可憐な表情が親しみやすさを感じさせた
バラバーシュ・ミクローシュの「伝書鳩」や
水面に反射する光が美しく、全体的に神秘的なものを感じさせる
メドニャーンスキ・ラースローの「岩山のある水辺の風景」が素敵でした。


展覧会の方は、空いていて見やすかったです。




さて、展覧会を見終わったあとは、六本木から二駅先の恵比寿駅で下車。


恵比寿ガーデンプレイスの広場で行われているこの季節恒例
バカラの巨大なシャンデリアが飾られているクリスマスのイルミネーションを見て来ました。



恵比寿ガーデンプレイス



到着したときはまだ夕方で少し早く着いちゃったかなという感じ。



恵比寿ガーデンプレイス クリスマスツリー


クリスマスの周辺で恵比寿を訪れたのは何年かぶり。
巨大なクリスマスツリーをバックに記念撮影を行う人たちで賑わっています。


光で彩られた通りを進んでいくと、中央にバカラのシャンデリアが見えてきました。


恵比寿ガーデンプレイス 「バカラ エターナルライツ 歓びのかたち」

恵比寿ガーデンプレイス広場の「バカラ エターナルライツ 歓びのかたち」



恵比寿ガーデンプレイス 「バカラ エターナルライツ 歓びのかたち」


こちらが様々な色で染まっていきロマンティックな気分になります。



恵比寿ガーデンプレイス クリスマスのイルミネーション


暗くなるにしたがって人の数もどんどん増えていき広場は人で溢れかえってきました。

久しぶりに恵比寿ガーデンシネマにも立ち寄ってみましたが
来年面白そうな上映があることを知りました。

やはりネットよりも歩いていて得る情報の方が私にとっては魅力的。


ここまで来たらこれまた久しぶりのウェスティンホテルへ足を運ぶことに。


恵比寿ウェスティンホテル

ロビーに入るとさっそく大きなクリスマスツリーがお出迎え。


恵比寿ウェスティンホテル

ツリーの足元が夢のある世界が展開していてワクワクしてきます。



恵比寿ウェスティンホテル

可愛らしい熊さんの間にはクリスマスのプレゼントが。


恵比寿ウェスティンホテル

トンネルから抜けた列車がすれ違う風景もいい。
メルヘンチックな光景を目にしてしばらく無心で楽しんでしまいました。



恵比寿ウェスティンホテル



恵比寿ウェスティンホテル



ということで、夕食の時間となりこの後も恵比寿の夜を楽しむことにした。



恵比寿ガーデンプレイス クリスマスのイルミネーション

こちらはガーデンプレイスのイルミネーションで到着時の
まだ外が明るかった時のもの。



恵比寿ガーデンプレイス クリスマスのイルミネーション

同じ場所が、夜にはこんな風な表情に変化をしていた。



恵比寿ガーデンプレイス クリスマスのイルミネーション

暗闇に浮き上がる青いライトがとても神秘的。


とても素敵な一日が過ごせて幸せいっぱいな気分を抱えて恵比寿を後にしました。





応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント