Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2020-01-25 (Sat)

「京都・天の橋立殺人事件・急行”みやづ”に仕組まれた列車トリックの謎」 (1992年)  山村美紗 『天の橋立殺人事件』

探偵好きな女性の周辺で次々と起こる殺人事件の謎を
恋人の大学助教授と解き明かす。


●「京都・天の橋立殺人事件・急行”みやづ”に仕組まれた列車トリックの謎
日本三景に現れた真犯人」 1992年1月25日
原作: 山村美紗  天の橋立殺人事件 (講談社文庫)
脚本: 岡田正代
監督: 井上芳夫
制作: 東映
出演: 柏原芳恵、榎本孝明、若林豪、
三原じゅん子、山村紅葉、山内としおほか



町村佐知子(柏原芳恵)は京都でペーパーアートの店を経営している。
恋人の浜口一郎(榎木孝明)と大阪のディスコに遊びに行った時
盲腸炎を起こして救急車で病院に搬送された。



佐知子はそこで、東京の京和証券に勤める野田エミ(松本友美)や
看護婦の工藤恵子(三田篤子)、田辺すみ子(大橋雅子)と仲良くなった。


京都・天の橋立殺人事件・急行”みやづ”に仕組まれた列車トリックの謎





エミのところへ上司の田辺(水上保広)が見舞いに来た。
田辺はすみ子の叔父であり、佐知子は帰り際に二人が口論しているところを目撃。



すみ子の実家は宮津で代々から受け継がれた広い敷地があり
資産が十億円だという。
それを売りたい田辺と守りたいすみ子の母が対立していたのだ。
田辺は既に土地を売り払い不動産会社から一億円の手付金を手に入れている。


やがて、退院した佐知子は浜口を誘って天橋立へ行くことになったが
故郷に帰るすみ子も途中まで一緒になる。
エミと恵子の見送りを受けて三人は急行みやづに乗り込んだ。


京都・天の橋立殺人事件・急行”みやづ”に仕組まれた列車トリックの謎




そのみやづの車内で田辺の刺殺体が発見される。


佐知子は旧知の京都府警狩矢警部(若林豪)の捜査に協力する。
田辺は会社の金を株に使い一億円の穴を開けていたと判明。
それを埋めるために土地を売り急いでいたのだろう。



田辺の通夜にエミと同じ営業部の杉崎二郎(山内としお)も訪れた。
そこで、独身だと思われていた田辺が麻里子(山村紅葉)と結婚したばかりであること
その前に元社員の内川奈美(三原じゅん子)とも交際していたことが判明。


田辺と結婚するつもりだった奈美は自分から田辺を奪った麻里子に対して
激しい憎悪をむき出しにする。
恵子も以前田辺と関係があり二度も中絶しており動機があるが
それぞれ、時間的に田辺を殺すのが不可能な状況だった。


京都・天の橋立殺人事件・急行”みやづ”に仕組まれた列車トリックの謎





しばらくして、佐知子はすみ子と恵子から法輪寺の針供養に誘われた。
そこで、すみ子が毒針で首を刺されて殺される。
佐知子と一郎はすみ子の葬儀へ向かう時に宮津駅で
大阪発のみやづが京都発城崎行のあさしお3号の通過待ちをすると知り
あさしおに乗れば犯行が可能だと気がつく。






天の橋立殺人事件 (講談社文庫)




(現在元記事の一部のみ公開しています)

応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント