FC2ブログ
2020/02/14
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「L特急雷鳥九号殺人事件」 (1987年)  西村京太郎のトラベルミステリー第10作

category - 土曜ワイド劇場
2020/ 02/ 14
                 
土曜ワイド劇場のトラベルミステリーの第10作。



●「L特急雷鳥九号殺人事件・大阪~福井~芦原温泉
北陸路で連続殺人!グリーン車から消えた女」  1987年2月14日
原作: 西村京太郎  雷鳥九号(サスペンス・トレイン)殺人事件 (光文社文庫)
脚本: 篠崎好
音楽: 甲斐正人
監督: 野村孝
制作: 東映
出演: 愛川欽也、三橋達也、真野あずさ、
森本レオ、水原ゆう紀、早川保、戸浦六宏ほか



L特急雷鳥九号殺人事件・大阪~福井~芦原温泉 北陸路で連続殺人!グリーン車から消えた女



10時20分、大阪発金沢行のL特急「雷鳥9号」のトイレで殺人事件が発生。
大阪での研修を終えた警視庁の西本(森本レオ)、清水(井川晃一)らが
同じ列車に乗っていたことから福井県警の刑事(早川保)の捜査に協力することとなる。



被害者は金の悪徳商法で悪名高い羽田貴金属工業社長・羽田真一郎(石山律雄)で
拳銃で至近距離から心臓を撃ち抜かれており貫通した弾丸が転がっていた。



L特急雷鳥九号殺人事件・大阪~福井~芦原温泉 北陸路で連続殺人!グリーン車から消えた女




はじめはビジネス上の怨恨によるものと見られたが捜査が進むうちに
別れ話が拗れていた羽田の愛人・久保寺環(水原ゆう紀)の存在が明るみとなった。
清水が雷鳥9号で環と鉢合わせたためホテルに潜伏していた環を署まで連行。


羽田が殺される前日に電話で雷鳥9号で落ち合う約束をしているのを知った環は
相手が新しい女ではないかと疑い彼を殺そうとしたことまでは認めたが
トイレに行った時にはすでに羽田は殺されていたと容疑を否認。



L特急雷鳥九号殺人事件・大阪~福井~芦原温泉 北陸路で連続殺人!グリーン車から消えた女




そんな中、西本にはもう一人気になる女の存在があった。
同じく雷鳥9号で羽田の隣に座り談笑していた若い女である。
その女を西本は環が泊まっていたホテルの前で偶然目撃し
東京在住の三浦由美子(真野あずさ)だと割り出した。



羽田を殺した拳銃はその後線路から発見され西本はそれを
東京の亀井(愛川欽也)に伝えるときに由美子の身辺調査も合わせて依頼。
亀井と清水が由美子の部屋を捜索するがまるで調べに来るのを予期していたかのように
部屋の中は整理をされており恋人・川原とのツーショット写真が残されていた。



L特急雷鳥九号殺人事件・大阪~福井~芦原温泉 北陸路で連続殺人!グリーン車から消えた女




川原は大学の先輩で代議士の瀬能久太郎を両親に紹介した。
瀬能を通じて羽田の会社に三億円を投資するが失敗し財産を失ってしまう。
そのショックからか両親が相次いで死亡し責任を感じた川原は
一年前九頭竜湖で投身自殺を遂げていた。



その頃、雷鳥9号の洗面所で靴まで神経質に洗う由美子を見たという目撃者が現れた。
恋人の仇を討つために羽田を射殺した可能性が高まり瀬能も行方不明である。



亀井は福井県警の捜査に合流し九頭竜湖にいた由美子を発見するが
取り調べでも由美子は一切の質問に答えず頑なに黙秘を続ける。
やがて、由美子がグアムで拳銃を入手したらしいことが判明し送検された。



L特急雷鳥九号殺人事件・大阪~福井~芦原温泉 北陸路で連続殺人!グリーン車から消えた女



十津川警部(三橋達也)たちはなぜ由美子が否認ではなく黙秘を続けているのか疑問だった。
もしかしたら誰かを庇っているのかもしれないしだとするとそれは川原の弟・明(和泉史郎)しかいない。
あるいは二人が共謀して羽田を殺したという事も考えられる。



彼女の弁護人は明が用意した。
公判には東京で捜査を進めていた十津川が証言台に立つことになり
亀井と二人で福井まで出向く。




L特急雷鳥九号殺人事件・大阪~福井~芦原温泉 北陸路で連続殺人!グリーン車から消えた女



ところが、弁護士の片岡(戸浦六宏)は検察側が用意した証人に対しても
異議を申し立てることなく事実関係を明らかにするだけという結果に終わった。
十津川は勝てる見込みがない裁判を引き受けないという評判の片岡が
なぜ由美子に有利になるよう裁判をすすめないのか腑に落ちなかった。




そんな中、一か月前から行方を絶っていた瀬能が金沢で射殺体となって発見される。
しかも、死亡空いて時刻はほぼ羽田と同じ頃だった。



すると、片岡がこれまでの態度を一変させ大きく動き出す。
公判で羽田を撃った銃と瀬能を撃ったものが同じであることを明らかにすると
金沢で瀬能を殺した由美子が雷鳥九号で羽田を殺すことが物理的に不可能だとし
由美子はどちらの犯人でもないと反論した。



L特急雷鳥九号殺人事件・大阪~福井~芦原温泉 北陸路で連続殺人!グリーン車から消えた女



十津川たちは由美子が真犯人だという確信がありトリックを解こうと試みるが
出来ないまま捜査は行き詰ってしまう。


十津川は亀井に雷鳥九号のトイレの窓から捨てられたと思われる
凶器の拳銃が発見された現場行き犯人が仕掛けたトリックを見破った。
簡単なことだった、拳銃ははじめから二つ用意されていたのだ。




L特急雷鳥九号殺人事件・大阪~福井~芦原温泉 北陸路で連続殺人!グリーン車から消えた女




午前九時三十分、金沢で明が拳銃Aで瀬能を射殺する。
由美子は十時二十分、大阪から雷鳥九号に乗り込むと
呼び出しておいた羽田を拳銃Bで至近距離から撃ち殺す。


羽田の体を貫通した弾はトイレの床に転がっている。
由美子は予め拳銃Aで撃っておいた弾とそれをすり替えた。
それにより羽田も瀬能と同じ銃で撃たれたと思わせることに成功する。


その後、明は拳銃Aを線路脇に投げ捨ててさも犯人が雷鳥九号から投げ捨てたように細工をした。
拳銃が発見された場所は由美子の乗った雷鳥九号の線路の上を
反対車線が上から直角に横切って行く。



L特急雷鳥九号殺人事件・大阪~福井~芦原温泉 北陸路で連続殺人!グリーン車から消えた女




明は瀬能を殺した後金沢から列車に乗り、二つが交わる付近で銃を下の線路に落としたため
捜査陣はてっきり大坂発の雷鳥九号から銃が投げ捨てられたと思い込んでいた。


ただ全ては推測で物的証拠は何もない。
亀井はおそらく由美子は拳銃Bを雷鳥九号から川に投げ捨てたとみて
川ざらいされることとなった。




第四回目の公判前、亀井は由美子に面会しに行き
このままいけば由美子は無実となるだろうが自分は由美子が真犯人で
あることを知っていると告げた。


L特急雷鳥九号殺人事件・大阪~福井~芦原温泉 北陸路で連続殺人!グリーン車から消えた女



部屋を整理し覚悟を決めて今回の犯行を決行し一時は
恋人が死んだ九頭竜湖に身を投げようとした潔さを見せた由美子が
そんな状況のままで幸せになれるのかと精一杯の説得を試みた。


そして、初めて証言台に立った由美子は羽田は自分一人で殺したと告白する。



傍聴席にいた明がたまらず、それを否定し全ての罪をかぶろうとしたところ
川の中から拳銃Bが発見され新たな証拠物件として提出された。









雷鳥九号(サスペンス・トレイン)殺人事件 (光文社文庫)


真野あずさの恋人の弟で彼女を慕う川原明を演じた和泉史郎がハンサムで気になった。
調べてみると現在は俳優を引退されているようですね。


古いドラマをこうしてブログに書くようになってからこれまでなんとなく見たことはあっても
名前と顔が一致しなかった脇役の人たちのそれが一致するようになり
楽しみのひとつとなりました。


今回は諸角憲一が気になりましたね。
ちょっと記事公開までに時間がとれなくてうまく調べられなかったので
また出演作品にぶち当たったら調べてみよう。







************ トラベルミステリーシリーズ ************


1. 「終着駅(ターミナル)殺人事件」

2. 「再婚旅行殺人事件・出雲で死んだ女」

3. 「あずさ3号殺人事件・京都ー信州、婚前クイズ旅行のワナ」

4. 「寝台特急あかつき殺人事件」

5. 「東北新幹線殺人事件」

6. 「寝台特急「北陸」殺人事件」

7. 「特急”白鳥”十四時間」

8. 「特急北アルプス殺人事件」

9. 「寝台急行”銀河”殺人事件」

10.「L特急雷鳥九号殺人事件」

11.「阿蘇殺人ルート」

12.「みちのく湯けむり殺意の旅」

13.「日本海殺人ルート」




関連記事
スポンサーサイト



                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント