Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2020-03-23 (Mon)

京都殺人案内シリーズ第10作 「からたちの花は死んだよ」 (1985年)

藤田まことの京都殺人案内シリーズ第10弾。



●「京都殺人案内・からたちの花は死んだよ」  
1985年3月23日
原作: 和久峻三  
脚本: 保利吉紀
音楽: クロード・チアリ
監督: 田中徳三
制作: 松竹
出演: 藤田まこと、万田久子、鮎川いずみ、谷隼人、
野口一美、遠藤太津朗、阿井美千子、村田正雄ほか





音川音次郎(藤田まこと)とウマの合っていた上司の
捜査一課長・秋山啓介(遠藤太津朗)が亀岡署に栄転となり
後任にエリートタイプの富坂四郎(谷隼人)が着任した。



京都殺人案内・からたちの花は死んだよ





その直後、喫茶店六騎のマスター・野中吾一(新橋伸介)が射殺されるという事件が発生。
店から大麻が見つかり残された幼い娘・とも子(野口一美)の面倒をしばらく
娘の洋子に(萬田久子)見させて捜査にあたることになった。


続いて野中と親しくしていたスーパーTONKA JOHNの
社長・小島敏夫(堺左千夫)が東寺五重塔の前で、
貴金属店ゴンシャンの店主・高野静枝(桃山みつる)が
仁和寺五重塔の前で立て続けに殺された。


現場に停めてあった車の中から大麻が見つかり
野中、小島、静枝の三人が大麻の売買に絡んでいた可能性が出てきた。


富坂は暴力団・吞竜会の立川正太(浅田祐二)に容疑の目を向け
部下刑事と共に立川のアパートに踏み込む。
すると部屋から凶器の拳銃と大麻が見つかり署で締め上げることにした。



京都殺人案内・からたちの花は死んだよ




しかし、立川は大麻も銃も自分のものではないと主張し
同棲中の愛人・横沢みどり(沢亜紀)も裏ビデオでたんまり儲けているので
大麻に手を出す必要がないと容疑を否認する。



若くてエネルギッシュな富坂は物的証拠が見つかったことからも
立川クロの線を決め強引な捜査で自白に追い込み事件はスピード解決。



京都殺人案内・からたちの花は死んだよ




だが、みどりは釈放されるが立川の言っていることは本当で組の者にハメられたと叫び
音川に縋り付いてきた。


やがて、立川は野中ら三人を殺したとして起訴される運びとなる。



音川はみどりの必死の訴えと証拠が揃い過ぎていることに疑問を持ちはじめる。


京都殺人案内・からたちの花は死んだよ




一から調べなおし、被害者三名と立川の接点がないこと
それぞれが経営する店の名が福岡県柳川市の言葉であることから
事件の根は柳川にあるのではないかと考えた。


富坂は自分の方針に背く音川の行動を規制しようとしたため
音川は洋子、菊子、とも子を連れて柳川に観光旅行と称して捜査を続けることにした。



とも子を洋子と菊子に預けて現地の聞き込みを続けた音川は役所から
柳川に六騎という店を紹介され店主の黒津良風(村田正雄)に話しを聞く。


(現在は元記事の一部のみ公開しています)






************ 京都殺人案内シリーズ 記事一覧 ************


1. 「花の棺」

2. 「呪われた婚約」

3. 「嫁ぎ先の謎」

4. 「亡き妻に捧げる犯人」

5. 「母恋桜が散った」

6. 「男女の水死体はどこから来たか」

7. 「麻薬にけがされた修学旅行女子高生」

8. 「刑事の娘を襲った悪徳サラ金」

9. 「歌謡界のウラを暴け!」

10.「からたちの花は死んだよ」

11.「美人社長誘拐さる!」

12.「撮影所の女をさぐれ!」

13.「現代忠臣蔵事件」

14.「音次郎、女を張り込む」

15.「音川、完全犯罪に挑む!」

16.「復讐の逆転法廷」

17.「鴨川にモデルの舞妓が浮かんだ!」

18.「20時18分の死神!?」




応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント