FC2ブログ
2020/04/08
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「家政婦は見た!華麗な一族の怪しい秘密」 (1989年)  シリーズ第7作

category - 土曜ワイド劇場
2020/ 04/ 08
                 
土曜ワイド劇場の「家政婦は見た」シリーズの第7作目。


●特別企画
「家政婦は見た!華麗な一族の怪しい秘密
財テクゲームの危険な落し穴」  1989年4月8日
脚本: 柴英三郎
音楽: 坂田晃一
監督: 岡本弘
制作: 大映テレビ
出演: 市原悦子、丹波哲郎、永島暎子、南田洋子、
田島令子、野村昭子、石井めぐみ、寺泉憲ほか



大沢家政婦紹介所の家政婦・石崎秋子(市原悦子)は
会長の大沢キヌヨ(野村昭子)から種村証券の
種村サダ(南田洋子)の屋敷へ派遣を依頼された。


キヌヨはこのところの株ブームに便乗して資産を増やそうと画策していて
派遣先での情報収集に長けている秋子に白羽の矢を立てたのだ。



家政婦は見た!華麗な一族の怪しい秘密 財テクゲームの危険な落し穴




種村家ではサダの息子・有一(清水章吾)と娘の真弓(石井めぐみ)が
部屋にコンピューターを持ち込み最新システムを駆使して売買を行っていた。
有一の妻・芳身(永島暎子)は生身の人間がぶつかり合う相場に魅力を感じ
コンピューターで売買を決める種村家のやり方には冷めていた。


サダたちはミシン事業をやっていたジャッカー精機がワープロ事業の失敗で
株価が暴落しているのに目をつけていた。



家政婦は見た!華麗な一族の怪しい秘密 財テクゲームの危険な落し穴




有一と肉体関係がある銀座のクラブママ・宮部涼子(田島令子)を通じて
涼子との再婚を考えている松沢商会社長・松沢(長谷川明夫)と
真弓と関係がある政治家秘書の桜木幸夫(寺泉憲)を抱き込み
松沢にジャッカー精機との業務提携を発表させ株価を上げようと企む。


松沢はサダたちと手を組みジャッカー精機の株券を安いうちに
架空名義で買い増しし乗っ取る算段だった。



その種村家に山川金三(丹波哲郎)が幼い息子の金太を連れて訪ねてきた。
相場の神様という異名の持ち主の山川はヤマキンと呼ばれ
サダたちの計画をかぎつけてやって来たと見えるが魂胆を明かさないまま帰って行く。


家政婦は見た!華麗な一族の怪しい秘密 財テクゲームの危険な落し穴




サダは深川のアパートへ引っ越すというヤマキンを手伝うという口実で
秋子に動向を探らせることにした。
ヤマキンは種村一族とは違いスリルだけを求め
株で大儲けしても家も資産もなくその日暮らし。
秋子はそんなヤマキンに親近感を覚え始める。



そして、秋子はヤマキンと金太の三人で花やしきへ行くと
恋人気分でデートを満喫。
ヤマキンから自分と似ていると言われすっかり舞い上がってしまう。



家政婦は見た!華麗な一族の怪しい秘密 財テクゲームの危険な落し穴




帰りのタクシーでヤマキンの資産を増やしたいなら
ジャッカー精機を買うべきというアドバイスを受けた秋子は
手の内を見せないのが常套の相場師が
それを見せたのは自分を愛しているからだと悦にいった。



一方、キヌヨも株で一儲けしようと欲をだし駅前の東都証券に秋子を連れていく。
そこで、若い証券マン青木(黒田アーサー)に一目惚れしたキヌヨは
勧められるままにラスク工業の株を購入してしまう。
秋子もヤマキンの愛に応えるため青木や課長(望月太郎)が止めるのを振り切り
ジャッカー精機の株を買った。



家政婦は見た!華麗な一族の怪しい秘密 財テクゲームの危険な落し穴



ラスク工業は上げ、ジャッカー精機は下がるものの間もなく逆転し
ジャッカーを買った秋子は多額の含み益が出てホクホクだった。
種村家からの指示で松沢が業務提携を持ち出したため
買いが殺到し始め連日ストップ高となっていたのだ。


浮かれた秋子はお礼かたがた祝杯を上げるために
酒屋で少々奮発して酒を購入すると店主(江藤漢)にゴリ押しして
無料のグラスをふたつ付けさせヤマキンのアパートへ向かう。



ところが、部屋には服が乱れた芳身がいた。
激しいショックを受けた秋子はヤマキンのアドバイスに従い
ジャッカー株を買い利益が出たために祝杯を上げにきたと告白すると
そのままアパートを飛び出して行った。



家政婦は見た!華麗な一族の怪しい秘密 財テクゲームの危険な落し穴




秋子が虎の子の資金を使ってジャッカーを買ったと知ったヤマキンは
「ジャッカーは今日中に売れよ!」と窓から叫ぶが気が動転した秋子には届かなかった。


その頃、キヌヨはハツエ(石井富子)、トミ(野中マリ子)、シノブ(西川さくら)を連れて
青木たちにラスク工業株を売りジャッカーを買うと申し出ていた。
課長はジャッカーの上がり方は異常で素人の高値掴みになるので危ないと
必死に説得するがキヌヨたちが頑として譲らないため要望にこたえた。



家政婦は見た!華麗な一族の怪しい秘密 財テクゲームの危険な落し穴




一方、ジャッカーの動きに不穏なものを感じていたサダは
ヤマキンの縄張りである関西へ情報集めに行っていた。


涼子のクラブに集まっていた有一たちのもとに渋い顔をした
松沢がやってくる。
ジャッカー側が松沢の申し出に返答をしてこないのだという。
しかし、ジャッカー株の多くは有一たちが所有している。


そこへサダが関西ではジャッカー株の空売りが多数発生していることを告げ、
血相を変えてやって来た桜木がジャッカーが明日会社更生法の適用を申請すると報告。
サダはヤマキンが狙っていたのはこれだったのだと気がついた。



家政婦は見た!華麗な一族の怪しい秘密 財テクゲームの危険な落し穴




ジャッカーは倒産し株価はあっという間に暴落し株券は紙くずと化した。


種村家に涼子、松沢、桜木が来て計画が失敗したことで有一たちを責めていた。
そこへ秋子が勝手にお茶を持って入ってきた。
秋子はジャッカー株を買ったと打ち明けると芳身に真相を語らせた。


ヤマキンのアパートに芳身が行った日に二人の間で取引が行われていた。
芳身は種村家の動きをヤマキンに流し、芳身はヤマキンの儲けの二割をもらう。


ヤマキンは関西方面からジャッカー精機側が倒産を決心していたと聞き
株価が上がり切ったところで大量にカラ売り注文し
会社更生手続きをさせて意図的に暴落させた。



家政婦は見た!華麗な一族の怪しい秘密 財テクゲームの危険な落し穴



芳身は今回の仕手戦でヤマキンの儲けから十五億円を手に入れるという。
コンピューターが介入した株式市場に興味が失せていた芳身は
いつ種村の家を出るかばかりを考えていた。


そんな時、古い相場師タイプのヤマキンが種村家を訪れたことで
芳身は人生に何度もあることがない大勝負に出た。


秋子は仕手戦の全貌を知ると半日分の日給を取り家を出ようとした。
芳身は二人きりになると、暴落を知っていたヤマキンが
秋子に売れとアドバイスしていたことを告げた。
この時、自分よりも秋子を愛していると知り少しヤキモチを焼いたことも明かした。



家政婦は見た!華麗な一族の怪しい秘密 財テクゲームの危険な落し穴



秋子は深川のアパートから引っ越すヤマキンの元を訪れた。
ヤマキンは秋子と自分は似ていると言ったが、秋子は好きな人にはそばにいてほしく
似ているところはあっても人種が違うと別れを言って自宅へ帰る。



そこはキヌヨ以下まるで死んだようだった。
この時、彼女たちがジャッカーを買って資産を失っていたことを知る。
ハツエたちは寄ってかかって秋子を責め立てたため
同様に資金を減らした秋子もかっとなり取っ組み合いの喧嘩が繰り広げられる。


家政婦は見た!華麗な一族の怪しい秘密 財テクゲームの危険な落し穴




翌朝、家政婦四人は全員が怪我を負いそれぞれ重い足取りで派遣先へと出勤していく。
キヌヨは労災を使って休むことを進めるが、今は少しでも働いて金を得なくてはならない。





//////////////////////////////////////////////////////




これまでこのシリーズを7話書いてきたが、全体的に一番面白かったのは1話目の「熱い空気」。
しかしながら、テーマとして一番面白かったのは今回の「財テクゲーム」です。



大沢家政婦紹介所の家政婦も初期の頃の組み合わせがとても良い。



秋子がジャッカーで儲けているのを見たキヌヨと家政婦たちが
後から便乗買いして案の定高値を掴まされる。

その秋子だって売ったわけではないのであくまで含み益なわけで
結局暴落してしまい利益どころか元手をほとんど飛ばしてしまうというオチがつく。

投資額を預金の全額ではなく半額に減らしておいたのがせめてもの救いか。


また相場師ヤマキンを演じた丹波哲郎の飄々とした演技もいい。
そのヤマキンとコブつきデートではしゃぎ
ひとりになった時にデートの場面を回想する秋子も笑える。





※※※ 家政婦は見たシリーズ ※※※

1. 「松本清張の熱い空気・家政婦は見た!」

2. 「家政婦は見た!エリート家庭の浮気の秘密」

3. 「家政婦は見た!エリート家庭のアラ探し」

4. 「家政婦は見た!華やかなエリート家族の乱れた秘密」

5. 「家政婦は見た!美しい女病院長華やかな私生活の秘密」

6・ 「家政婦は見た!東京-ニューヨーク超高層ビル買い占め、名門出の若妻の危険な秘密」

7. 「家政婦は見た!華麗な一族の怪しい秘密」






関連記事
スポンサーサイト



                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント