Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2020-04-11 (Sat)

「大密室殺人事件Ⅲ」 (1992年)  大密室シリーズ第3弾

植木等と錦織一清の「ヤギさん&村岡コンビ」が活躍する
大密室シリーズ第3作目。


●「大密室殺人事件Ⅲ・”宙に浮く”鮮やかな殺人トリック
結婚記念日に夫が私を…」  1992年4月11日
原作: 大谷羊太郎  『鳥羽・葛西水族館殺人事件』 
脚本: 石倉保志
音楽: 羽田健太郎  
監督: 松島稔
制作: 東映
出演: 植木等、錦織一清、長谷川初範、友里千賀子、
伊藤智恵理、三ツ木清隆、北村総一朗ほか





城西署の八木沢庄一郎警部補(植木等)と村岡紀夫(錦織一清)は
元商事会社の社員・今泉浩(外山誠二)が殺された事件を捜査することになった。


今泉は愛人のホステス・リエの自宅で死んでおり、
死因は後頭部を鈍器で殴られたことによるもので部屋は密室状態。
八木沢は天井に小さな穴が開いていることを発見する。



大密室殺人事件Ⅲ・”宙に浮く”鮮やかな殺人トリック





今泉は前日の夜九時頃喫茶店への呼び出し電話を受け出かけたが
相手は現れず帰宅した直後に殺されたものとみられた。





今泉はかつて名取物産で働いていた。
二年前に社長の名取(新井量大)が群馬の別荘近くでひき逃げされ死亡し
同期の名取輝夫(長谷川初範)が社長に就任するとなり退社する。
輝夫は名取の一人娘・葉子(友里千賀子)の夫だった。



八木沢は今泉が殺される前に葉子が名取物産の元社員・小磯勝弥(三ツ木清隆)と
会っていたと知り小磯に事情を聞く。
今泉は名取が事故死した数日後に、輝夫のオートバイのタイヤに水草が絡まっていたのを発見し
輝夫が名取をひき殺したと疑い周辺を調べまわっていたらしい。
殺される何日か前には鳥羽の水族館に行っている。


大密室殺人事件Ⅲ・”宙に浮く”鮮やかな殺人トリック




また、八木沢は葉子が結婚前に小磯と恋仲だったこと、
今泉が殺される前日に群馬の渋川に行っている知り群馬へ向かった。



現地の刑事(斉藤暁)の話しではひき逃げ現場は人通りのない山道で
名取は事故ではなく故意に殺されたのではないかと疑っていた。
当時、葉子や輝夫たち社員も群馬に来ていて伊香保のホテルに泊まっていた。
輝夫が”ソエコ”という女の事で公衆電話をかけている姿を目撃され
強請られているのが明らかとなる。



その後の捜査で”ソエコ”は鈴木添子(伊藤智恵理)という家庭教師で
輝夫は彼女のマンションに出入りするほど親しいとわかる。


大密室殺人事件Ⅲ・”宙に浮く”鮮やかな殺人トリック



しかも彼女の母・時子(小沢寿美恵)は今泉が殺される前に
訪れた渋川で喫茶店を経営している。




その矢先、今度は輝夫が自宅で死んでいるのを帰宅した葉子が発見。
またしても密室で輝夫が死んでいた部屋と隣の部屋には風船が並べられ
死体の脇には鉄アレイが残されていた。


二つの部屋にあった絨毯とパンダのぬいぐるみが入れ替わっているという。
遺体には鳥羽水族館の観察メモが残されており、八木沢と村岡は葉子と小磯と一緒に
水族館へ行くと輝夫のメモにしたがって行動を辿る。


大密室殺人事件Ⅲ・”宙に浮く”鮮やかな殺人トリック


村岡は今泉も同じようなトリックで殺されたが輝夫の時に仕掛けが残されていたのは
輝夫が葉子を殺そうと仕掛けを用意したがミスで自分が死んでしまったと推理。
トリックは輝夫が鳥羽水族館で思いついたものだと考えた。



その後、八木沢と村岡は鳥羽水族館を再訪すると、
入場者一千万人突破記念写真で名取、時子と添子が親子のように映っているのを発見。


大密室殺人事件Ⅲ・”宙に浮く”鮮やかな殺人トリック


これまで名取との関係を認めなかった時子が八木沢たちにこれまでの事を告白した。
名取は死んだ時子の夫の戦友で、死後親子の面倒を見てきた。
やがて添子が輝夫を愛しはじめ、二年前時子たちから輝夫を諦めるよう説得され勘当されていた。
輝夫は添子が家を出たと知らされ名取に代わって時子に電話していただけだった。



(現在は元記事の一部のみ公開しています)






鳥羽・葛西水族館殺人事件



応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント